【フリーランス】WEB制作で案件受注率を爆上げする企業向け営業メールの書き方【営業未経験でも安心】

WEB制作会社への営業メールの書き方に困っている人

WEB制作会社への営業メールってどう書けばいいのかな?

WEB制作会社への営業メールの効果的な書き方を知りたいです。

駆け出しのWEB系フリーランスや副業でも、案件受注できるのでしょうか?

とはいえ、営業経験もまったくなく、営業メールの書き方さえ知りません。

WEB制作会社からのメールの返信率を高め、案件受注につなげたいです。

こんなお悩みを解決します。

本記事を読めば、WEB制作会社から案件受注につながる企業向け営業メールの書き方がわかります。

返信が返ってくるかは、営業メールの内容次第。

その多くはスルーされるのですが、返信率を高くする企業向け営業メールさえ書くことができれば、案件受注に手が届きやすくなります。

テンプレも用意したので、ぜひご覧くださいませ。

なお、僕の返信率は3割ほどです。

プロ野球の打率でさえ3割なのだから、3割という数字はスゴい。2割でもオッケーです。

✔︎本記事の内容

  • 案件受注率を爆上げする企業向け営業メールとは
  • 案件受注率を爆上げする企業向け営業メールの書き方
  • テンプレを用意しました

そんな効果的な企業向け営業メールを使って、案件受注している僕が解説します。

それでは、さっそくみていきましょう。

案件受注率を爆上げする企業向け営業メールとは

一言でいえば、「あなたに依頼するメリットはあるのか」ということ。

当たり前ですが、WEB制作会社にフロントエンドの仕事が多く集まります。

つまり、営業メールはWEB制作会社を中心に行うと仕事が取りやすいです。

あなたは、WEB制作の仕事を欲しいと思っている。では、どうすれば仕事をもらえるのか。

  • WEB制作会社から返信される
  • WEB制作会社にたくさんの仕事がある
  • 信頼される

それでは、返信率を高める「企業向け営業メール」の書き方について解説します。

そもそも、返信される必要がある

案件受注につなげるためには、まずWEB制作会社から返信がこなければ意味ない。

返信がこなければ、面談や打ち合わせに進めないからです。

  • スルー
  • この人ちょっと、面白そうだな
  • ちょうどこーゆう人が欲しかったんだよね

少しでも企業側が「あなた」の存在に食いつけば、返信率はグッと上がりやすくなります。

そのためには、企業のニーズがあなたのスキルと一致している必要がある。

その企業ニーズを分析し、企業に寄り添った営業メールを書かなくては返信がこない可能性が高い。

企業ニーズを理解する

企業が抱えている悩みを理解することが重要です。

つまり、「企業に寄り添う」ということです。

なぜなら、その悩みこそ企業が解決したいニーズだからです。

たとえば、、、

  • 人手がぜんぜん足りていない
  • とはいえ、人件費にはお金をかけたくない
  • 繁忙期だけ手伝って欲しい
  • 細かな修正だけ、依頼したい

こんな悩みを企業は抱えています。

それを、「あなたのスキルで埋めてあげる」ってわけです。

つまり、「御社の悩みをわたしが解決できます」って伝えてあげればオッケー。

WEB制作会社に仕事は多くあるのか

そもそも依頼したい仕事がなければ、返信はありません。

企業のホームページを見れば、「SOHO」「フリーランス歓迎」とか出ていると思いますので、それを参考にしてみてください。

とはいえ、そんなこと気にしていてもあまり意味はありません。

とにかく「打席に立つ」ことを意識してください。

つまり、営業メールの数です。

従業員が多い企業だと返信率は低め

僕の経験上なのですが、企業規模が大きいと返信率は低めです。

なので狙い目は、従業員が50名以下の小さなWEB制作会社です。

なぜなら、小さい会社ほど仕事に対して人手が足りないからです。

そしてWEB制作会社が依頼したいと思っている、主な業務は下記のとおりです。

  • コーディング案件
  • デザイン案件
  • WordPress案件
  • 修正、メンテナンス

小さな会社ほど、手が回っていないことが多い。

それだけ仕事があるということなので、誰かに手伝ってもらいたいと思っているハズです。

とはいえ、あなたの信頼はゼロですよ

ハッキリいうと、メールを送った時点での信頼はゼロです。

いきなり、どこの馬の骨かもわからない人からメールがきたら、普通はスルーしますよね。

しかし、ちょっと試しにメールを開いてみたら「おっ、この人イイかも」となるかもしれません。

その営業メールをみて、「我が社にちょっと可能性を感じるな」と期待されれば返信される可能性は高いです。

つまり、営業メールの書き方とポートフォリオが重要になります。

とはいえ、この段階でも信頼はありません。

「では実際にお会いしましょう」となって初めて、信頼が生まれます。

返信率を爆上げする企業向け営業メールの書き方【つまり、企業愛です】

それでは、本題に入っていきます。

  • 実績があるか
  • 依頼するメリットはあるか
  • 一緒に働きたいか

ポイントは「企業に寄り添う」ことで、不安を取り除いてあげることです。

つまり、「企業愛」です。

実績がある【とはいえ、コレといった実績はありません】

結論、未経験の場合は実績=ポートフォリオです。

おそらくみなさん、ここで悩みますよね。

「実績がない」「実務未経験」と...
すでにクライアントがいれば、それは大きな実績になります。

僕も実績という実績はありませんでした。

なぜなら、本当の未経験だったから。

しかし、ここで実績がないからといって諦めたら負けです。

企業側もその辺はある程度はわかっているので、実績はポートフォリオとして勝負していかなければなりません。

スキル証明がハッキリしていれば、企業側の不安を取り除くことができます。

つまり、コレも企業愛です。

究極、ポートフォリオしかみていない

実務未経験となったら、見ているところはポートフォリオしかないです。

どんなに「やる気がある」「できます」というのは誰でも言えます。

「あなたのスキルの証拠を見せて欲しい」と企業側は思っています。

  • HTML/CSS/jQueryなどがデキる:実際にコードも添える
  • WordPressがデキる:オリジナルテーマを自作する、個人ブログを見せる
  • ポートフォリオを見せる:スクショやコードだけでなく、動画や解説も添える

わたしは「これくらいデキるのだから、仕事をください」くらいのスタンスで挑まないとダメです。

ポートフォリオに手加減は絶対にダメです。

あなたに依頼するメリットはあるのか

企業側にあなたを雇うメリットがあればいい。

一定のスキルがあるのを前提として、下記の要素を求めています。

  • 報酬単価
  • 柔軟性
  • 誠実さがあるか

ちょっと言葉は悪くなりますが、「使い勝手がいい人か」ですね。

フリーランスは正社員とは違い、いつでも首を切ることができます。

報酬単価

基本的には「御社の規定に従います」でオッケー。

ただ、他のフリーランスと差別化を図るなら「低単価でも承ります」といった価格で差をつけるのもアリです。

とはいえ、企業側も低単価交渉は慣れている場合もあります。

そもそも、低単価すぎるとフリーランスが消耗して、結果的に企業にもダメージをうける可能性があります。

案件受注したら、信頼を積み上げ、単価アップの交渉をすればオッケーですよ。

柔軟性

企業との連絡がスムーズにデキるかということ。

  • チャットツールを使えるか
  • 平日・土日対応は可能か
  • 途中で仕事放棄をしないか

チャットツールに関しては、Slackやチャットワークとかですね。

社会人なら当たり前でして、チャットツールを使っていないと、もはや「常識なし」です。

チャットツールを普段から使っていることや、対応可能時間を予め企業に伝えることで、企業は安心感を覚えます。

また、フリーランスではよくあることらしいのですが、突然に消息が途絶えることが多いそうです。

「えっあり得ないじゃん」と思いますが、「継続的にお付き合いしたいです」と匂わせておくと良いです。

柔軟性をしっかり伝えることも、企業愛です。

なお、「納期は必ず厳守します」「しっかりと報告をします」とか当たり前のことを書くと、逆にマイナスな印象なのでやめましょう。

誠実さがあるか

「この人なら仕事を任せても大丈夫そうだな」と安心させることですね。

企業側に不安を与えないことです。

ここ重要です。

じゃあ、その不安は何かというと、、、

  • 個人情報をすべて打ち明ける
  • しっかりとしたポートフォリオを作る
  • 社会人としての一般常識をわきまえる
  • 何ができて、できないかを明確にする
  • 企業分析をする

上記ができていれば、企業側の不安も少なくなり、「あなた」をみてくれようと思うハズです。

とはいえ、最重要はポートフォリオでして、これがイマイチだとぶっちゃけ厳しいかもです。

しかし、気をてらったポートフォリオは求められておりません。

たとえば、jQueryガチガチのイケイケなサイトとかですね。あとは、Bootstrap臭さいサイト。これは実務でほぼ使われていません。

大事なのは、、、

  • ユーザーファーストか(見た目、余白の使い方、フォントの統一性、軽いか)
  • コード(修正しやすいよう、整った設計か)
  • スキルが明記されているか
  • 制作物の説明がされているか

必要な情報を正しく相手に伝えるポートフォリオを目指しましょう。

一緒に働きたいと感じるか

社会常識や熱意、企業分析はできているかがメールを通して伝わればオッケー。

Win-Winの関係になれるかどうかです。

  • メールの文章は誤字脱字はないか。敬語がしっかりできているか。
  • ポートフォリオにやる気が感じられるか
  • 企業を通じた、地域活性化を考えているか

企業に未来を見せることができたら、脈ありな返信が絶対にきます。

地域活性化

ちょっとしたテクニックなのですが、

メールの最後に「WEB制作を通じた地域の活性化に貢献したい」などと匂わすと、企業側の心が動きやすいですね。

実際に、地域愛を掲げている企業は多いです。

  • 自分自身が、その地域出身で愛着がとてもあること
  • 企業が地域活性化に取り組んでいること
  • 自分と企業の理念がマッチしていること

この辺を意識して、営業メールを書くと返信率は高くなります。

テンプレを用意しました【営業未経験でもオッケー】

というわけで、テンプレを作りました。

営業未経験でもまったく問題なしです。

マルパクリはNGですが、テンプレあると便利です。

【営業未経験】WEB制作会社への企業向け営業メールのテンプレを用意した【打率は3割】

というわけで、今回はここまで。

WEB制作会社から継続的な案件をいただければ、その後、営業は一切不要になります。

コレがクラウドソーシング系だと毎回営業なので、かなり消耗するハズです。

WEB制作会社に営業することが1番手っ取り早いので、勇気を出して営業活動しましょう。

アディオス。