【厳選】WordPressに必要なプラグインは7個だけ【初心者ブロガー向け】

プラグ

WordPressのプラグインに悩む人

WordPressで本当に必要なプラグインって何かな?

WordPressで本当に必要なプラグインって何かな?あまり多く入れすぎるとサイトが重くなるって聞くから、本当に必要なプラグインを知りたい。不要なプラグインも教えていただけると、参考になります。

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • WordPressにプラグインは必要最低限でOKな理由
  • WordPressに必要なプラグインは7個だけ
  • WordPressに不要なプラグインを4つ紹介
この記事を書いている僕は、ブログ歴2年ほど。毎日WordPressに触れつつ、20万ほど稼いだ僕が解説します。

WordPressプラグインは、7個ほどで十分。
断言します。

なお、本記事では、有料テーマの導入を検討、または導入しているという前提です。なぜなら、有料テーマは標準でSEO対策がされている場合が多いからです。なので、できるだけ機能がかぶるプラグインは避けるが無難。

WordPressにプラグインは必要最低限でOKな理由

WordPressにプラグインは必要最低限でOKな理由

世間では、WordPressのおすすめプラグイン20選なんて記事をみかけますが、ぶっちゃけ多すぎ。

「WordPress おすすめ プラグイン」の検索結果

エグッ…そんなにいりませんよ。
理由は、下記のとおり。

  • 理由①:サイトが重くなる
  • 理由②:保守管理が大変になる
  • 理由③:結果、ハッキングされやすくなる

理由①:サイトが重くなる

WordPressにプラグインを入れすぎると
サイトスピードが低下します。

というと、読者にとっても不親切でして、サイト離脱が高まる原因かと。

Googleも「Core Web Vitals」という観点から高速化を重視してまして、サイトスピードは重要なSEO対策ですよ。論より証拠、本サイトスピードもわりと高速でして、必要最低限なプラグインで事足りてることも要因ですね。

サイト高速の極意は、WordPressブログをグーんと高速化させる極意3つをどうぞ。

理由②:保守管理が大変になる

プラグインが多いと、管理が大変ですよね?

プラグインの更新作業やバグの原因もプラグインだったりします。

保守管理に穴があると
下記のハッキングリスクも高まりますね。

理由③:結果、ハッキングされやすくなる

保守管理がズサンだと、ハッキングされます。

たとえば、2021年12月頃、プラグインで有名な「All in One SEO 」に重大な脆弱性が発見されたことで話題になりましたよね?

300万以上のサイトが影響を受けるとして
わりと有名プラグインでも油断はできませんよ。

というと、プラグインに頼っても、その分「穴」をつかれやすいということ。必要最低限の運用でOKです。

WordPressに必要なプラグインは7個だけ

WordPressに必要なプラグインは7個だけ

僕が使っているプラグインは、下記のとおり。

  • Broken Link Checker←必須
  • Classic Editor←必須
  • Google XML Sitemaps←必須
  • EWWW Image Optimizer←必須
  • UpdraftPlus←任意
  • WP-Optimize-Clean, Compress, Cache←任意
  • Real-Time Find and Replace←任意

①:Broken Link Checker←必須

リンク切れを通知で教えてくれます。
サイト保守管理に役立ちますので、必須です。

Broken Link Checkerをインストールする

②:Classic Editor←任意

WordPressには
2つの編集方法(エディタ)が存在します。

  • Classic Editor:書きやすく、圧倒的な人気
  • Block Editor(Gurtenburg):書きにくく、不人気

個人的には、圧倒的にクラシックエディタ派。

とはいえ、実際にあなたが使ってみて、使いやすい方を選べばいいかと。デフォルトはブロックエディタですので、プラグインでインストールする必要があります。

クラシックエディターの期限が迫っている?

実は、クラシックエディターのサポートは2021年12月31日までと公式から発表されています。

とはいえ、ご安心を。
我らがクラシックエディター様の勝利です。

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。引用元:Classic Editor – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語

Classic Editorをインストールする

③:Google XML Sitemaps←必須

記事をグーグルに認識させるプラグインです。

Google宛のサイトマップを作成してくれます。
いわゆる、ロボット系サイトマップ。

セットで、サイトマップの正しい送り方をどうぞ。コチラは、手動でGoogle Search Consoleにサイトマップを送り、新着記事をインデックス登録させる方法です。

Google XML Sitemapsをインストールする

④:EWWW Image Optimizer←必須

画像圧縮の神プラグイン。
最先端の画像フォーマット「WebP」に変換できます。

詳しくは、【無料】画像をWebP化するなら『EWWW Image Optimizer』が最適をどうぞ。

EWWW Image Optimizerをインストールする

⑤:UpdraftPlus←必須

自動でバックアップしてくれるプラグイン。
保守管理で必須です。

僕は、月1でバックアップをとるように設定しています。

UpdraftPlusをインストールする

⑥:WP-Optimize-Clean, Compress, Cache←任意

キャッシュ系です。
サイト高速化に必須です。

  • データベースの最適化
  • 画像圧縮
  • キャッシュの削除
  • HTML /CSS/ JavaScriptのminify化
  • GoogleFonts / FontAwesomeの最適化

メッチャ、便利です。

中でも「データベースの最適化」が神でして、リビジョンデータを削除できます。リビジョンデータを削除できると、サイトが軽くなるので、SEOにも有利です。

WP-Optimize - Clean,Compress,Cacheをインストールする

⑦:Real-Time Find and Replace←任意

特定の文字を自動で変換してくれるプラグイン。

Strongタグがウザすぎる件

WordPressでウザいのが、「B(太字)」を押すと、Strongタグになってしまうナゾの設定。

Strongタグの多用はSEO的に問題でして、気付かぬうちにマズいことになってるブロガーも多いはず。

この問題を一括で解決できるプラグインです。
つまり、ストロングからボールドに変換できます。

Bタグの書き換えが鬼メンドイので、個人的に採用してます。

Real-Time Find and Replaceをインストールする

WordPressに不要なプラグインを4つ紹介

WordPressに不要なプラグインを4つ紹介

ここは、個人差があるかもですが
個人的に不要なプラグインを4つ紹介します。

  • All in One SEO Pack
  • Contact Form7
  • Akismet
  • PS Auto Sitemap

①:All in One SEO Pack

有料テーマを使用している人であれば
必要ないかもしれません。

導入すると、機能が重複する恐れがあります。

SANGOとは相性が悪いです

SANGOユーザーの方で「All in One SEO Pack」を使っていたら辞めた方がいいですよ。

>> 相性の悪いプラグインとおすすめプラグイン(作成中)

このとおり、公式でいっているので辞めておきましょう。「All in One SEO Packを入れておきましょう」という記事を鵜呑みにすると、落とし穴にハマります。

「テーマ All in One SEO Pack」とググって相性を確認しましょう。

②:Contact Form7

「お問合せ」を設置できる人気なプラグイン。
ぶっちゃけ、不要ですよ。

僕は「Googleフォーム」を使っておりまして
こちらで、事足ります。

詳しくは、WordPressブログのお問い合わせフォームの作り方でまとめています。

③:Akismet

コメントを設定しなければ、不要です。

逆に投稿でコメントを設定してる人は、海外から大量にスパムメールが送られてくることもあるので、対策ように導入した方が良いですよ。

④:PS Auto Sitemap

サイトマップ系のプラグイン。

いわゆる、HTMLサイトマップ。
ブログ訪問者へのパンフレットです。

ユーザーファーストで入れる人もいますが
ぶっちゃけ、コレ不要な気がします。

自分でオリジナルのサイトマップを作り
サイトスピードをあげましょう。

プラグインは、必要最低限にしよう

さいごに
本記事で紹介したプラグインを紹介します。

  • Broken Link Checker←必須
  • Classic Editor←必須
  • Google XML Sitemaps←必須
  • EWWW Image Optimizer←必須
  • UpdraftPlus←任意
  • WP-Optimize-Clean, Compress, Cache←任意
  • Real-Time Find and Replace←任意

すべて無料です。

あと、プラグインをたくさん入れなくても
テーマ機能でカバーされていることも多いです。

  • 人気記事の挿入
  • SEO内部対策
  • SNS連携

最近の有料テーマなら、上記はカバーしています。

たとえば、ブログの人気記事を表示させたいのに、テーマの標準機能を使えば表示できるのに、プラグインを導入して表示させるのはナンセンスということ。

機能が重複しパフォーマンスが低下するので
必要最低限にしましょう。

というわけで、今回はここまで。
保守管理のしやすいサイト運営を目指しましょう。

有料テーマを導入しよう

大きな電球をもつ5人の男女 【断言】WordPressにオススメなテーマなど存在しない