【初心者】WordPressブログ開設後にやるべき5つの初期設定

ブログを始めたばかりの人

WordPressブログを開設したのですが
初期設定って何をすればいいの?

WordPressブログを開設したのですが
初期設定って何をすればいいの?
右も左もわからないので、詳しく教えて下さい!

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • WordPressブログ開設後にやるべき5つの初期設定

今回は、WordPressをインストールした後に行う
初期設定についてわかりやすく解説します。

初期設定を行うメリットとしては、、、

  • SEO対策
  • セキュリティ対策
  • 生産性の向上

こんなメリットがあります。

初心者がつまづきやすいポイントを抑え
誰でもかんたんにできるようにまとめました。

本記事をじっくりと読み込み
ブロガーとしての一歩を踏み出しましょう。

まだWordPressを開設していない方は
下記をご覧ください。

サクッと10分でWordPressブログを
始められるように解説しています。

【無料】サルでもできる!?WordPressブログの始め方を解説【たった10分で人生が変わる】

WordPressブログ開設後にやるべき5つの初期設定

記事を書く前に、必ず初期設定を行います。

  • 一般設定
  • 表示設定
  • ディスカッション
  • カテゴリ
  • パーマリンク

最低限、上記の5つは設定を行いましょう。
順番に解説します。

WordPressブログを立ち上げたら記事を書きたくなりますが、グッとこらえましょう。初期設定を行うことで、執筆がより捗りますので。

①:一般設定

初期設定01

「ドメイン名/wp-admin/」で
WordPress管理画面に入り「設定」をクリック。

下記の5項目を設定します。
それ以外の項目は、無視でOK。

  • サイトのタイトル:ブログ名(当ブログ名は「miyaviblog」)
  • キャッチフレーズ:ブログで発信する内容(書かなくてもOK)
  • WordPressアドレス(URL):「http」→「https」に変更 ※ 必ず確認しましょう
  • サイトアドレス:「http」→「https」に変更 ※ 必ず確認しましょう
  • 管理者メールアドレス:自分のメアドを登録
ちなみに「http」→「https」に変更することをSSL化といいまして、セキュリティ対策で必須です。

とはいえ、WordPressクイックスタートでは
SSL化は自動で行われます。

変更されていない方は、必ずSSL化を行いましょう。

設定が完了したら
「変更を保存」をクリックして終わり。

 SSL化←重要

上記の「一般設定」でSSL化を行いました。
とはいえ、念のため確認しておきましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルから
ログインして確認できます。

初期設定01-1

ログイン後
「ドメイン」→「SSL設定」をクリック。

初期設定01-2

SSL用アドレスに
「https://」となっていれば、SSL化ができています。

基本的に、WordPressクイックスタートでは
自動的に SSL化が設定されているので、個別に設定する必要はないかもです。

②:表示設定

初期設定02

「設定」→「表示設定」をクリック。

  • ホームページの表示:最新の投稿にチェック(サイト設計による)
  • 1ページに表示する最大投稿数:10記事程度(多すぎるとページスピードが遅くなる)
  • RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数:デフォルトでOK
  • フィードの各投稿に含める内容:デフォルトでOK
  • 検索エンジンでの表示:チェックしない→インデックスさせないと、検索に表示されません

表示設定は、各個人の状況に合わせて
変更してください。

③:ディスカッション

初期設定03

「設定」→「ディスカッション」をクリック。
設定する項目は、下記の5つ。

  • デフォルトの投稿設定
  • 他のコメント設定
  • 自分宛のメール通知
  • コメント表示条件
  • アバター

要は、コメントの設定に関してです。
順番に解説します。

基本的にコメント機能はなくてもいいです。読者からの質問は、SNSやお問い合わせ経由で問題ない。スパムコメント対策として、コメントを無効にするのもアリです。僕は、そうしています。

デフォルトの投稿設定

初期設定03-1

画像のように2つにチェックが入ってればOK。
コメントされると、通知が届きます。

コメントを受け取りたくない場合は
全てチェックを外しましょう。

他のコメント設定

初期設定03-2

上記の3つに、チェックを入れればOK。
スパムコメントを少し防げます。

自分宛のメール通知

初期設定03-3

両方ともチェックでOK。

コメントの表示条件

上記にチェック。

アバター

初期設定03-5

アバターとは、コメント主のアイコンです。
上記3つにチェックすればOK。

ディスカッションの設定が完了したら
設定を保存して、終わり。

④:カテゴリー

初期設定04

記事を書く前に
カテゴリーをザックリと決めましょう。

カテゴリーをあらかじめ決めるメリットは

  • 記事のテーマが絞れる→サイトの方向性がブレにくくなる
  • サイトが整理される→読者に見やすいサイト設計になる
  • 結果、読者とGoogleに好印象→SEOに効果的

カテゴリー階層がバラバラだと
読者にもGoogleにも不親切ですよね。

カテゴリーをあらかじめザックリと決め
それから、記事を書いていきましょう。

具体的なカテゴリー設計

初期設定04-1

カテゴリーには
親カテゴリーと子カテゴリー、孫カテゴリーがあります。

  • 親カテゴリー:最上階のカテゴリー
  • 子カテゴリー:親の直下の階層カテゴリー
  • 孫カテゴリー:子の直下の階層カテゴリー

このようにカテゴリーは
3つの「階層」を意識して作ります。

たとえば、転職に関する記事を書く場合。

  • 親カテゴリー:転職
  • 子カテゴリー:エンジニア転職
  • 孫カテゴリー:エンジニア転職で役立つノウハウ

こんな感じ。

親カテゴリーは、3〜5カテゴリーくらい。
子カテゴリーは、親に対し3カテゴリーくらいに分岐。

孫カテゴリーは、子カテゴリーに対し複数に分岐。

⑤:パーマリンク←重要

初期設定05

パーマリンクとは、記事のURLです。
ドメインの後ろの文字ですね。

「設定」→「パーマリンク」で
必ず、パーマリンクの設定を変更しましょう。

初期設定だと「日付と投稿名」なっていますが
「投稿名」に変更しましょう。

変更を保存して終わり。

投稿名に変更する理由

Googleは下記のように
シンプルなサイトURLを推奨しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。可能な場合は、長い ID ではなく意味のある単語を URL に使用します。引用元:Google検索セントラル

  • シンプルなURLで構成
  • URLを見たとき、何の記事かわかる
  • 意味のある単語を使用
https://example.com/?p=123(基本)→意味不明
https://example.com/wordpress-permalink(投稿名)→シンプルでわかりやすい

「投稿名」だと、シンプルでわかりやすいので
こちらを選択しましょう。

パーマリンク設定の注意点

絶対に守べき、注意点があります。
それは、下記のとおり。

  • 必ず、ローマ字or英語(日本語だと、シェアするときに文字化けする)
  • 長い場合は、ハイフン(小文字)で区切る
  • 設定後、パーマリンクの変更はNG

特に、パーマリンク設定後の変更は
行わないようにしましょう。

URLが変更されると
Googleからの評価がリセットされるからです。

「パーマリンクの変更は、SEOに良くないんだな」
とだけ、覚えておきましょうね。

その他にするべき初期設定

デフォルトだと、WordPressには不要なモノが
いくつかあるので全て削除してOKです。

  • 不要な記事の削除
  • 不要なプラグインの削除
  • 不要なウィジットの削除

暇なときにやっておきましょう。

不要な記事の削除

「投稿」を開くと
「Hello world!」という記事がありますが、不要なので削除しましょう。

不要なプラグインの削除

プラグインは、いったん全て削除しましょう。
初期設定で入ってるプラグインは、基本的に使いません。

おすすめなプラグインを
下記で解説しています。

プラグ 【厳選】WordPressに必要なプラグインは7個だけ【初心者ブロガー向け】

不要なウィジットの削除

メニュー「外観」→「ウィジット」から
メタ情報も削除しましょう。

ブログ運営しながら
徐々にウィジットもカスタマイズしましょう。

【まとめ】初期設定を終えたら、記事を書こう

今回は、WordPressブログの開設後にやるべき
初期設定について解説しました。

大事なのでもう一度言いますが
初期設定を済ませてから、記事を書きましょう。

本記事で紹介した初期設定をすませば
執筆の生産性が爆伸びすること間違いなしです。

本記事がお役に立てたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。