【告知】ノマドエンジニア養成ブートキャンプ

【正体不明】ビットコインの創設者「サトシ・ナカモト」を徹底解説【正体に迫るのは、本質ではない】

 

サトシ・ナカモトについて知りたい人

ビットコインの創設者「サトシ・ナカモト」って誰?もしかして、マサラタウンの人ですか?

 

ビットコインの「サトシ・ナカモト」って誰?
もしかして、マサラタウンの人ですか?

 

日本人、それとも外国人どっち?
彼がビットコインを作ったのですか?

 

ビットコインについて勉強してたら、頭から彼の名前が離れなく集中できません。

彼の正体について、教えてください。

 

あと、ビットコインの単位に使われているらしいのですが、そこらへんについても解説してください。

 

こんな疑問についてお答えします。
本記事を読むと、「サトシ・ナカモト」についての理解が深まります。

 

しかし、正体については未だ藪の中といった感じ。

 

とはいえ、正体に迫るのは本質ではない。
実際に取引をすることの方が、よっぽど有益です。

 

✔︎本記事の内容

  • ビットコインの創設者サトシ・ナカモトを徹底解説
  • 正体に迫るのは、本質ではない

 

まあ、ビットコインやるなら「サトシ・ナカモト」についてザックリと知っていた方が話のネタにもなりますし、本記事で基礎を学んでおきましょう。

 

そんなに重要な知識でもないので、ゆる〜くいきましょう。

 

ビットコインの創設者「サトシ・ナカモト」を徹底解説

「サトシ・ナカモト」について解説します。
ちなみに、マサラタウンの人ではありません。

 

ビットコインの出発点

 

ビットコインの出発点は、2008年11月に発表された、暗号理論に関する論文「ビットコイン:P2P電子キャッシュシステム」です。

 

下記よりダウンロードできます。
>> ビットコインに関する論文(原文)

 

その後のビットコインの価格の軌跡は、、、

 

  • 2008年:0円
  • 2012年:1,000円
  • 2016年:70,000円
  • 2020年:1,900,000円

 

エグい…。
2017年には、200万円まで到達しバブル崩壊。

 

この「ビットコインの産みの親」とされるのが、「サトシ・ナカモト」と呼ばれる人物です。

 

とはいえ、単独で開発したものでもなく、開発チームで作られたものでもありません。

 

「サトシ・ナカモト」を名乗る人物が公開した論文(主に、ビットコインはP2Pやブロックチェーンによって支えられている)に興味を持った人たちがコードを書いて現在に至ります。

 

ザックリいうと、「電子的な通貨を使えば、中央銀行などの金融機関を介さなくても、金銭のやり取りができんじゃね?」といった具合です。

 

まさに、仮想通貨の原点です。

 

詳しくは、【初心者向け】ブロックチェーンの仕組みを図解付きでわかりやすく解説【ビットコインの未来とは】で、ブロックチェーンやP2Pについて学んでみてください。

 

日本人なの?

 

日本人の名前のように見えますが、不明です。
そもそも、本名であるか、個人であるか、組織の総称であるのかもわかっていません。

 

一部で「中本哲史」という表記で示されています。

 

推定資産

 

「サトシ・ナカモト」の推定資産は、100万BTC(2020年現在だと、1兆9000億円くらい)と言われています。

 

つまり、かなりのBTC資産を保有しているため、相対的に正体を名乗り出るわけにもいきません。

 

なぜなら、売却時にビットコインの価値が大幅に下がることや、課税対象額がエグいこと、吊し上げの対象になるからですね。

 

ビットコインの単位

 

円やドルと同じように、ビットコインにも通貨の単位があります。

 

ビットコイン=BTC(ビーティーシー)です。
また、XBTという単位も一部で使用されています。

 

「X」は、特定の国に依存しないという意味合い。

 

  • 日本円だと、JPY(JAPAN+Yen)
  • 米ドルだと、USD(UnitedState+Dollar)

 

ビットコインは、特定の国に属さない非中央集権的なデジタル通貨ですので、「X」がつきます。

 

話は少しズレましたが、、、
ビットコインの通貨単位は下記のとおり。

 

  • mBTC(ミリ・ビットコイン)
  • μBTC(マイクロ・ビットコイン)
  • Satoshi(サトシ)

 

ここからは、ミクロの世界に入っていきますが、頑張ってついてきてください。ビットコインの気持ちになるってことが大事です。

 

mBTC(ミリ・ビットコイン)

 

1BTCの1/1,000の単位。

 

  • 1BTC=1,000mBTC
  • 1mBTC=0,001BTC

 

1BTC=1円感覚でいると、とっつきにくいと思われですが、ビットコイン取引の世界では、小数点でやり取りされていますので、今のうちから慣れておきましょう。

 

現在のレートですと、1BTCは百万単位ですよね。
1BTCでしか扱えないと、送金や決済時に使いどころが制限されて、かなり不便ですよね。

 

だから、小数点で区割りした方が利便性がいいのは自明です。

 

μBTC(マイクロ・ビットコイン)

 

1BTCの1/1,000,000の単位。
つまり、mBTCの1/1,000です。

 

う〜ん、ミクロですね。

 

  • 1BTC=1,000,000μBTC
  • 1μBTC=0,000001BTC

 

1BTC=1,000,000円で換算すると、、、
1μBTC=1円です。

 

Satoshi

 

おっ、ついに来ましたね。
我らのサトシ。

 

1BTCの1/100,000,000の単位。
つまり、1億分の1BTCです。

 

  • 1BTC=100,000,000Satoshi
  • 1Satoshi=0.00000001BTC

 

Satoshiは、ビットコインの最小単位です。
ビットコインの産みの親「サトシ・ナカモト」が由来となっています。

 

1BTC=1,000,000円で換算すると、、、
1Satoshi=0.01円ですね。

 

てか、日本だと1円未満の価格帯はそもそも流通していないので、Satoshの使い道ってないんじゃね?と思われですが、アルトコインをビットコイン建てでみたときは、「〇〇コインは、××Satoshi」と呼ばれています。

 

あと、ビットコインの可能性を模索している僕は、そのSatoshiの使い道についても考えています。下記で解説します。

 

正体に迫るのは、本質ではない

正体は、藪の中。
だから、「サトシ・ナカモトって誰?」といつまでも考えているのは意味がない。

 

Satoshiの使い道を、考えてみた

 

てか、「ビットコインって募金できるんじゃね?」と思った次第なのですが、どうやらできるみたいですね。

 

決済や送金という言葉が目立ちますが、「募金」もできますね。

 

 

有名どころをピックアップしました。
1BTCをマルっと募金は、流石にきついですが、1Satoshiくらいならわりと余裕でできますよね。

 

ビットコインの課題は、安定的な通貨として将来的に流通するのかという問題ですが、ブロックチェーンがいずれ解決してくれると思います。

 

てか、ビットコイン(仮想通貨)というよりか、世の中的にデジタル通貨の流れなので、その辺も含めてお金のあり方は大きく変わっていきます。

 

今は現金で募金が主流ですが、送金手数料がバカにならない。仮想通貨なら、送金手数料は格安でして、QRコードで受け取るだけなので簡単です。

 

そして、仲介者もいないので、送金ミスや中抜きの心配もない。高速、格安、中抜きの心配がない、わりと完璧な送金手段ですね。

 

銀行口座を持っている=当たり前は虚像

 

世の中を見渡してみると、銀行を持つ=当たり前という概念ではない。

 

貧困層の国は、住所がそもそもなかったりします。
つまり、河川敷で暮らしていたりします。

 

それを解決するのが、仮想通貨やCBDCだったりします。送金が簡単にできてしまうので、「寄付」や「募金」に応用できますね。

 

テクノロジーに感謝感激な未来がすぐそこにあります。

 

というわけで、今回はここまで。
サトシ・ナカモトはマサラタウンの人ではないというお話でした。

 

もし、ビットコインに興味があるなら、Satoshiの将来的な使い道についても考えておきましょう。

 

ビットコインは将来的にバケる可能性が大ですので、今のうちに募金しておけば、何倍ものリターンもあり得ますので。

 

アディオス。