【20代】知らないと損する退職後の住民税の払い方【これからニートになる方へ】

退職後ニートになる人

退職後住民税払い方を教えて下さい。
ちなみに、ニート予定っす。

 

退職後の住民税の払い方を教えて下さい。
ちなみに、ニート予定っす。
ちゃんと払わなければいけないの?
貯金ってどれくらいあれば足りますかね。
正直、住民税なんか払いたくないっす。

 

こんなお悩みを解決します。

 

✔︎本記事の内容

  • 知らないと損する退職後の住民税の払い方
  • 住民税を非課税にする方法

 

会社を退職した後は
何かとお金がかかります。

 

地獄ですよ。
一瞬で100万くらい飛びます(冗談じゃない)

 

仕事をしていたときは
給料から住民税が天引きされていましたので
税金の意識は薄いかもです。

 

とはいえ、退職すると
自分で住民税を納付する必要が出てきます。

 

その税金の負担に
ストレスで頭がハゲ散らかる人もいるでしょう。

 

学校では決して教えてくれない常識ですので
本記事で住民税について勉強していきましょう。

 

まだ、退職後の手続きをしてない方は
下記をご覧ください。

 

【20代】知らないと損する退職後にやる3つの手続き【これからニートになる方へ】

 

知らないと損する退職後の住民税の払い方

 

会社を退職しニートになる20代に向けて
住民税の支払いについて解説します。

 

住民税は、前年の所得をもとに課税されます。
6月〜翌5月分までです。

 

退職する時期によって
支払い方法が少し異なります。

 

  • 1月から5月に退職する方:最後の給料や退職金から一括で残りの住民税を天引き。例えば3月に退職した場合は、3・4・5月分の残りの住民税が引かれます。(前々年分の住民税です)6月以降は、納付書が届くので前年分を支払う形です。
  • 6月から12月に退職する方:退職月までの住民税が天引き。退職月以降の住民税は、翌年6月に届く納付書で前年分の住民税を支払います。とはいえ、会社と交渉すれば退職月から翌年5月分までの住民税を天引きしてもらうことも可能です。

 

いづれにせよ
会社を退職したら、住民税を自分で支払います。

 

STEP.1
納付書が届く
退職後、6月頃に役所から納付書が郵送されます。 
STEP.2
一括払いか4回の分割払いかを選択
一括払い用の納付書と分割払い用の納付書が同封されているので、期限内に支払います。
STEP.3
住民税を支払う
金融機関やコンビニ、電子決済で支払います。期限内に支払わないと、督促状が届きます。期限内に支払わないと、滞納処分として年率最大14.6%かかります。

 

流れはこんな感じです。

 

住民税を払う必要があるのか?

 

YES。
法律によって義務付けられています。

 

ニートだろうが関係ありません。

 

退職後
1月1日現在の住所登録されている自治体から
下記のような通知書が送られてきます。

 

 

だいたい、6月頃に送られてきますね。

 

切り替え作業は、会社と市町村側が行うので
特に気にする必要はなし。

 

ビックリするのが住民税の額。

 

前年の稼ぎによって変わりますが、僕の場合は「30万くらい」でした。きっショ...

 

住民税の仕組み

 

地方税法によって義務付けされています。
住民税は、県民税と市民税で構成されています。

 

  • 県民税:所得割(4%)+均等割(1,500円)
  • 市民税:所得割(6%)+均等割(3,500円)

 

「標準税率」が定められており
だいたいの市町村は上記の税額です。

 

厳密には「1年間の総所得 - 所得控除額の合計 ✖️ (市民税 + 県民税 = 10%) - 調整控除額 - 配当控除 = 住民税」となります。所得割は稼いだ額で決まりますし、均等割は自治体ごとに定められています。

 

住民税は前年の所得をもとに課税されるので
一年遅れで納税する形になります。

 

つまり、会社を退職した方は
前年に所得があるため課税されます。

 

社会人1年目は、たぶん前年に所得がないので住民税が引かれることはありません。2年目からは住民税が引かれるので「あれ?給料上がってないんだけど、むしろ下がっているんだけど」と萎えます。

 

よって、前年に稼ぐ人ほど
退職後の住民税の支払いは多くなります。

 

なので、住民税を含めた貯金を考慮しないと
退職後わりと詰みます。

 

住民税の支払い方法

 

下記の方法があります。

 

  • 銀行振込→だるい
  • 口座振替→自動引落しなので、振込み忘れの心配がない
  • コンビニ→だるい
  • スマホ決済アプリ→ラクチン

 

一括払いか年4回の分割払いか選択できます。

 

現在だと、PayPayなどの電子決済でも対応可。
バーコードを読み取って、支払うだけ。

 

ニートはスマホ決済が快適だと思います。銀行やコンビニで支払うと店員から「下」に見られる可能性もあるので。

 

住民税を期限内に納付しなかった場合

 

督促状が届きます。

 

君はどうやら住民税を払っていないようだから
ちゃんと払ってね、義務だから…という感じです。

 

督促状が届いたといって、そんなに焦る必要はないですよ。期限内に住民税を納めるだけ。電子決済なら、督促状にあるバーコードをスキャンして支払いを終了です。

 

督促状の期限を過ぎたら?

 

督促状が届き、10日以内に納税しない場合
滞納処分をうけることになります。

 

知らないで放置していると
人生に損失が生まれます。

 

年率は最大14.6%でして、アウトレージハラスメント「アウハラ」を受けるハメになります。

 

とはいえ
「金ないんだけど」という方もいると思うので

 

自己アフィリエイトでもやって
分割払いの1回分だけも稼いでみてください。

 

【秒速】今すぐアフィリエイトセルフバックで5万を稼ぐ方法【注意点あり】

 

それでも無視し続けると
差し押さえ予告書が届き、役所から電話がかかってきます。

 

それでも払わないと
本格的に財産を没収されることになります。

 

住民税を非課税にする方法

 

住民税は原則払わなければなりませんが
下記の方は、払わなくても大丈夫です。

 

  • 生活保護を受ける方→条件がむずい
  • 障害者・未成年者・寡婦又はひとり親で、前年中の合計所得金額が135万円以下(給与所得者の場合は、年収204万4千円未満)の方→これも、無理ゲー
  • 前年の合計所得金額が区市町村の条例で定める額以下の方→100万円の壁:ニートやパートはチャンス

 

収入がないニートなら
翌年の住民税はたぶんかかりませんね。

 

退職後、1年目はみんな大変ですが
ニートは住民税に苦しむことが少ないです。

 

海外移住や長期滞在する場合

 

実は、住民票を抜くと
住民税を支払わなくてもOKな小技があります。

 

それは、海外転出届を出すことです。
出国の14日前から提出できます。

 

海外移住したい方は
知らないと損する知識になります。

 

住民税を支払うルール

 

1月1日に住所がある市町村区に
納税するルールとなっています。

 

なので、12月31日までに海外転出届を提出し
来年1月1日には日本に住所がないことにしとけば
住民税(翌年かかる分)を回避できます。

 

前年分の住民税は納める必要は出てきますが。
とはいえ、ニートなら収入がないので関係なし。

 

なお、出国中でも手続きを踏んでいないと
住民税は課税されます。

 

ワーホリの場合

 

ワーホリの場合、観光ビザなので
海外滞在は、旅行とみなされてしまいます。

 

よって、1年以上の出国であっても
出国前の市町村区に住所ありとして課税対象です。

 

ニートなら収入がないので、関係なし。

 

ニート生活を満喫するために貯金すべし【最低100万】

 

退職後にかかる住民税について解説しました。

 

住民税以外にも
国民年金や健康保険、家賃や食費、通信費など

 

諸経費はたくさんかかる
ということを忘れないように。

 

僕の場合は、前年の年収が500万くらいで、翌年の住民税は30万くらいでした。その他にも国民年金や国民健康保険の支払い、家賃などがありますので、初年度は出費はわりと痛いです。

 

ニート生活を満喫するためにも
最低100万は貯金がないと、現実的に無理ゲー。

 

半年〜1年でなくなると思います。

 

転職を考えていないなら
最低100万貯めるか
稼ぐスキルを身につけましょう。

 

===

 

というわけで今回はここまで。

 

住民税はみんな嫌いですが
ちゃんと払いましょう、義務です。

 

退職前にどれくらい住民税がかかるか調べ
ゆとりあるニートライフを送りましょう。