【比較】WordPressブログでオススメな有料テーマは6つだけ【収益化に必須】

テーマ選びに悩む人

WordPressブログおすすめ有料テーマって何?

WordPressブログでおすすめな有料テーマって何?

無料テーマを使っていますが、有料テーマに切り替えるか迷っています。

収益化を目指していますが、初期投資代が…

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事のテーマ

  • WordPressブログでオススメな有料テーマは6つだけ
  • 有料テーマを導入すべき理由
僕は、SANGOという有料テーマを使っています。控えめにいって、マテリアルデザインが心地いい。

WordPressで稼ぐなら、有料テーマは必須。

なぜなら、GoogleアドセンスやASP審査では
良質なサイト設計が不可欠だからです。

そこで今回は、WordPressブログで
オススメな有料テーマを6つ紹介しますね。

実はこういうのをケチると、アドセンスやASP審査で落ちる原因につながります。無料テーマも優秀なものもありますが、有料には勝てません。ケチらずに、ポチりましょう。

WordPressブログでオススメな有料テーマは6つだけ

コレといった正解はありません
下記の中からお好みで選べば、OKです。

順番に解説しますね。

このテーマを使えば、稼げるというのは幻想です。「コンテンツ・イズ・キング」なのでテーマはあまり関係なし。読者の悩みを解決することこそ、ブログの本質ですから。

① ACTION(アフィンガー6)

稼ぐことを最優先するなら
アフィンガーがオススメ。

>> ACTION(AFFINGER6)

② THE・THOR(ザ・トール)

こちらは、SEO・デザイン・機能の三拍子、すべてがそろったオールインワンなテーマです。

ぶっちゃけ、コレで良いんじゃないかなという感じです。

>> THE・THOR(ザ・トール)

③ Diver(ダイバー)

高機能な入力補助機能がたくさんついています。

なので、完全初心者には敷居が若干高いかもです。

>> Diver

④ SANGO(サンゴ)

居心地の良いフラットデザインが優秀です。

ちなみに、僕もSANGOユーザーでして、サルワカさんの記事に魅了されたことが決め手でした。

お値段は、10,800(税込)でして、この中で一番安いですね。

とはいえ、AMP機能がないのが残念なトコですね。

AMP(Accelerated Mobile Pagesの略)とは、スマホなどのモバイル端末で高速表示可能なHTMLページのことです。

とはいえ、悪くない速さです

速いことに越したことはないのですが、有名ブロガーでも遅いサイトはザラにあります。

なので、今はあまり気にしなくてオッケー。

⑤ 賢威(けんい)

ガチガチのSEOで対策したい方はこちらをどうぞ。

お値段は、24,800(税込)です。

そして、こちらの書籍もぜひ読んでおくべきです。

ブログをやっている人は、おそらく多くの人が読んでいるハズです。

WordPressブログに有料テーマを導入すべき理由

初心者ほど有料テーマを選ぶべきです。

なお、有料テーマを導入するメリットは
下記のとおりです。

  • SEO内部対策は、実装済み
  • デザインも整っている
  • カスタマイズ性が高い
  • レスポンシブ対応
  • 収益化に向いている

こんな感じで、最適化されています。
執筆に集中できますね。

初心者だからです

有料テーマを購入すると、下記の恩恵を受けられます。

  • SEO内部対策済み
  • デザインを1から学ばなくてオッケー
  • プログラミングを1から学ばなくてオッケー

なので、あなたに必要なのは「記事を書き続ける」ことだけです。

上記はブログを執筆しつつ、学べばオッケーです。

典型的なダメな例

ダメな例として、ブログ初心者ほど「デザインにこだわりたい」という思いがあります。

  1. ブログを開設した
  2. 無料テーマを選んだ
  3. まずは、ブログデザインをイケイケにしたい
  4. 記事を書く

過去の僕は、上記の手順を踏んでいました。

デザインにこだわっても、おそらく誰にも読まれません。

デザインにこだわる=土俵にすら立っていない状態

ブログの本質は、記事を書くということ。

なので、無駄はなるべく排除し、最短でブログの土俵に立つことがとても重要です。

「無駄」の知識がなければ、有料テーマを選ぶべし

あなたは、下記のスキルを少しでも持っていますか?

  • SEO
  • HTML / CSS /  JS / PHP /  WordPressなど

NOなら、有料テーマに課金してライティングに集中しましょう。

デザインに消耗するくらいなら、デザインが洗礼された有料テーマに課金した方が賢明な判断です。

たかが1、2万円程度のコストは、リスクゼロといっても過言でないレベルですので…

というわけで、今回はここまで。

無料テーマも優秀ですが、最初から有料テーマで攻めた方が消耗が少なくすみます。

ぜひ、本記事で紹介した有料テーマを使ってみてください。