【NFT】たった10分でできるOpenSeaの始め方【3つの手順】

潜水艦が魚雷を発射する画像

OpenSeaの始め方を知りたい人

OpenSea始め方を知りたいです。

OpenSeaの始め方を知りたいです。仮想通貨やNFTことをあまりよく知らないけど、こんな僕にでもできるかな?NFTの購入方法や出品方法についても、わかりやすく教えて欲しいです。

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • 1.基礎を解説:OpenSeaとは?
  • 2.開設の手順:たった10分でできるOpenSeaの始め方
  • 3.売買の手順:NFTの出品&購入方法
この記事を書いている僕は、NFTアートとしての活動をしています。

1.基礎を解説:OpenSeaとは?

海中を泳ぐ魚たち

OpenSeaとは
世界最大規模を誇るNFTマーケットプレイスです。

NFTの基礎理解

NFTを知らない方に、基礎も解説。
それは、下記のとおり。

  • Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略
  • 非代替性トークン
  • ブロックチェーン上で発行や取引されている

かんたんにいうと
世界で唯一の代替不可能なデジタル資産のこと。

NFTの話題性

日本の著名人も、NFTに参入しています。
たとえば、下記のとおり。

  • 村上隆:Murakami.Flowers
  • せきぐちあいみ:幻想絢爛
  • キンコン西野:みにくいマルコ
  • TAKUYA∞:Another World
  • 波多野結衣:限定写真
小学3年生の夏休みの自由研究に、「iPadで作ったピクセルアートが数百万円で売れた」のも話題になりましたね。

海外だと、CryptoPunksBeepleが有名ですよ。

OpenSeaは、Web3.0の世界です

「Web3.0」とは、インターネットの構造をあらわす概念です。インターネットの歴史ととらえてもOK。

  • Web1.0:1990年台初頭〜2000年台後半←一部の人しか、発信できない時代
  • Web2.0:2000年台後半〜2022年現在←SNSで、誰でも気軽に発信できる時代
  • Web3.0:20xx年←Web1.0とWeb2.0の課題を解決した時代

Web3.0の役割とは
Web1.0とWeb2.0の課題を解決することです。

Web1.0とWeb2.0の課題とは?

その課題は、ザックリと下記のとおり。

  • プライバシーの課題←個人情報が、流出する課題
  • 中央集権の問題←GAFAや国などが、牛じる課題
個人情報が流出し悪用されたり、特定の企業の権力が大きすぎて政治家でさえコントロールできる時代でもありますよね?

こういった課題を解決するのが「Web3.0」です。
すでにOpenSeaは、Web3.0の世界で構築済み。

つまり、Web3.0の世界では、個人情報が流出することはないですし、特定の企業や国が牛耳ることがない平和な世界です。

この辺りは、【初心者向け】ブロックチェーンの仕組みを図解付きでわかりやすく解説【ビットコインの未来とは】で、NFTの根幹であるブロックチェーンの仕組みを解説しています。

Web3.0の魅力

Web3.0の世界だと
なんと、IDとパスワードが必要ありません。

なぜなら、Web3.0の世界だから。
つまり、個人情報の流出がありません。

Web3.0の世界では
MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットを使います。

ユーザーだけでなく管理者も
情報漏洩のリスクを心配する必要がありません。

OpenSeaは、無料で登録できます

OpenSeaは、無料で始められます。
なお、初回の出品だけ手数料がかかります。

2回目以降は、手数料がかからないので
NFT初心者にオススメなプラットフォームです。

現在だと、NFT=OpenSeaという感じでして
完全に「一強」となっています。

2.開設の手順:たった10分でできるOpenSeaの始め方

海を眺める帽子を被った女性

始め方は、下記の3ステップ。

  • 手順①:OpenSeaにアクセスする
  • 手順②:MetaMaskでログインする
  • 手順③:基本情報を入力する
なお、事前にMetaMaskのインストールがお済みだと、ラクです。

手順①:OpenSeaにアクセスする

1.OpenSea公式サイトにアクセスし、画面右上から「Settings」をクリック。

OpenSeaの初期設定①

注意
「https://opensea.io」が正式なURLです。詐欺サイトもあるので、注意しましょう。

2.ウォレットに接続します。←MetaMaskでOK。

OpenSeaの初期設定②

たぶん、MetaMaskのインストールがお済みでないと思いますので、下記で解説します。

手順②:MetaMaskでログインする

OpenSeaなどのWeb3.0の世界では
IDやパスワードが存在しません。

つまり、ウォレットに接続するだけでOKです。

1.MetaMaskをインストールします。
>> MetaMaskの公式サイト

詳しくは、【簡単】MetaMaskのインストール方法+初期設定【イーサリアム系のお財布です】で解説しています。

上記を参考に、MetaMaskをインストールし
初期設定を済ませましょう。

2.ウォレットに署名する

OpenSeaの初期設定③

MetaMaskと接続すると、署名を求められます。
自分のアカウントを確認し「署名」をクリック。

OpenSeaとMetaMaskが接続されます。
接続が完了したら、基本情報を入力します。

手順③:基本情報を入力する

基本情報は、下記のとおり。

OpenSeaの初期設定④

  • Username:自分の名前(必須)
  • Bio:プロフィール欄
  • Email Address:メアド(必須)
  • Links:SNSやブログ
  • Wallet Adress:メタマスクのアドレス

上記のとおり。
入力したら、「Save」をクリック。

すると、登録したメアドに下記が送られてきます。

OpenSeaの初期設定⑤

「VERIFY MY EMAIL」をクリック。

OpenSeaの初期設定⑥

メアドが承認され
アカウントが作成されました。

おわり。

3.売買の手順:NFTの出品&購入方法

夕焼けのビーチ

手順は、下記のとおり。

  • 手順①:仮想通貨取引所を開設
  • 手順②:MetaMaskをインストール&初期設定←終了
  • 手順③:OpenSeaでアカウント作成←終了
  • 手順④:MetaMaskに仮想通貨を送金
  • 手順⑤:OpenSeaでNFTを売買する

詳しくは、【簡単】サルでもできる?NFTアートの作り方【完全初心者向け/5ステップで解説】でまとめました。

PC画面の中に映るNFT 【簡単】サルでもできる?NFTアートの作り方【完全初心者向け/5ステップで解説】

クリプトの夜明け

この記事を書いている2022年だと
まだWeb3.0の世界は「夜明け」といった具合。

実現するのは、まだまだ先のお話。
2030年くらいだと予想します。

Do Your Own Research.

投資は、自己責任ですので
あなた自身でも、詳しく調べましょう。

残念ながら、ググれない人は
NFTや仮想通貨の世界でもカモられます。

詐欺師に騙されたくない人は、仮想通貨で詐欺られる人の特徴【コインは盲目】の記事でもみて、対策しましょう。

おわり。