【簡単】誰でもデキるOncyberの始め方【NFT美術館】

【簡単】誰でもデキるOncyberの始め方【NFT美術館】

悩む人

Oncyberの使い方を知りたいです。

Oncyberの使い方を知りたいです。NFTアートを展示できるって本当ですか?僕も試しに挑戦してみたいですが、やり方を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • Oncyberとは?
  • 誰でもデキるOncyberの始め方
  • 初心者向けOncyberの活用方法
この記事を書いている僕は、NFTの最前線で活動しています。

NFTアートをOncyberに展示する方法を解説します。
メタバース美術館に出展してみましょう!

Oncyberとは?

Oncyberとは?

メタバース空間の「美術館」に、NFTアートを展示デキるNFTサービスです。


こんな感じで、デジタルアートがデジタル空間に展示できます。

こんな人にオススメ

  • 写真や作品が好きな人
  • デジタルアートが好きな人
  • NFTアートを始めた人

上記のとおり。「自分の作品をどこかに展示できないかな?」とお考えなら、ぜひNFTの世界に飛び込んでみましょう。

展示に必要なモノ

Oncyberに展示するには、下記が必要です。
NFTアートの売買経験者なら、秒で終わるかと。

  • その①:MetaMask
  • その②:OpenSeaのアカウント
  • その③:NFTアート

その①:MetaMask

メタマスクウォレットが必要です。メタマスクとは、イーサリアムをベースにした「ブラウザ上のウォレット」とお考えください。

Oncyberでは「メタマスク」と連携させて使います。まだ登録がお済みでない方は、下記よりサクッと終わらせましょう。NFTの世界では、必須ですので。

【簡単】MetaMaskのインストール方法+初期設定【イーサリアム系のお財布】 【簡単】MetaMaskのインストール方法+初期設定【イーサリアム系のお財布】

その②:OpenSeaのアカウント

Oncyberでは「OpenSea」と呼ばれるNFTプラットフォームと連携しています。OpenSea上に保有しているNFTアートをOncyberに展示するイメージです。

まだOpenSeaを開設してないなら、下記よりサクッと終わらせましょう。

潜水艦が魚雷を発射する画像 【NFT】たった10分でできるOpenSeaの始め方【3つの手順】

その③:NFTアート

そもそも、展示する「NFTアート」が必要です。
方法は、下記のとおり。

  • NFTアートを購入する方:(解説記事)
  • NFTアートを自作する方:(解説記事

これで準備は、整いました。実際に、Oncyberに展示していきましょう!

誰でもデキるOncyberの始め方

誰でもデキるOncyberの始め方

まずは、公式サイトへ行きましょう。

>> Oncyber 公式サイト

Oncyberにアクセス

画面右上の「CONNECT WALLET」をクリック。

メタマスクを接続

ここでは「MetaMask」を選びましょう。

メタマスクのパスワードを入力。

「署名」をクリックすれば、接続完了です。

展示スペースを選択

ここは無難に「Free」でOKです。スペースによっては展示枚数が異なりますので、お好きな展示場を選びましょう。

部屋の移動方法

部屋の移動は、キーボードで行います。
視点移動は、パッドです。

  • 前:Wキー
  • 後:Sキー
  • 右:Dキー
  • 左:Aキー

特に、むずかしいことはありません。
操作は、3秒で覚えられるかと。

NFTアートの展示

展示スペースにNFTを格納していきましょう。
枠をクリックすると、NFTアートを選択できます。

では試しに、僕のNFTアート「#Unchiman001」を展示してみます。

  • Size:大きさ
  • Frame:枠の色
  • Notes:アートの説明

上記を決めましょう。
なお、自動保存されますので安心ですね。

あとは、上記を繰り返して展示するだけ。
スペースによっては、たくさん展示できます。

プロフィール設定

初期設定ですと、ユーザーネームが適当な名前になってます。「Profile」から設定していきましょう。

  • Username:自分の名前
  • Short description:適当でOK
  • SNS:Twitterやインスタを登録

上記が完了したら「Save」です。

展示スペースも設定

  • タイトル:展示スペースの名前
  • URL:展示スペースのカスタムURL
  • バナー:展示スペースのバナー
  • 説明:適当でOK

自動保存されます、カンタンですね。

リンクを拡散しよう

自分だけのカスタムドメインができました。「Copy Link」から、URLを取得できます。ブログやSNSで、唯一無二のNFT美術館を拡散していきましょう!

初心者向けOncyberの活用方法

初心者向けOncyberの活用方法

最後に、Oncyberの活用方法を紹介します。

活用方法は2つ

  • 自分のNFTアートの個展を開く
  • 購入したNFTアートを展示する

自分のNFTアートの個展を開く

ぜひ「個展会」を開いてみましょう。リアル世界ですと、現実的にむずかしいですが、これならサクッとできますよね?

  • ツイッターで個展開催の事前告知
  • NFTアートの配置や展示作品を整理
  • 運が良ければ、個展会から作品が売れる

これも一つのマーケ戦略です。
無料ですので、こういった楽しみ方もありかと。

購入したNFTアートを展示する

集めたNFTアートで、美術館を運営できると楽しそうですよね?

  • 海外有名アーティスト作品のNFT美術館
  • 国内有名アーティスト作品のNFT美術館
  • マイナーアーティスト作品のNFT美術館
なんか「あつ森」みたいですね。

もちろん、無料です。
こういった楽しみ方もありかと。

NFT美術館をOPENしよう

というわけで、本記事をまとめます。

  • NFTアートをメタバース美術館に展示できる
  • そのためには、メタマスク・OpenSea・NFTアートが必要
  • OncyberでNFTアートを展示しよう

NFTアートの世界が広がりましたね。
僕もいつか、ウンコ個展を開きたいと思います。

よろしければ、下記においでください。

ウンコ臭いかもですが
ファブリーズ対策は徹底しています。