【告知】ノマドエンジニア養成ブートキャンプ

なぜ、あなたは出世を目指すのか。出世しない生き方【出世という名の片道切符】

階段を登ろうとする子供

 

おはこんばにちは。ミヤビです。

 

将来は出世しない生き方が増えると思います。

 

先日、下記のツイートをしました。

 

https://twitter.com/Kiyomasa0181064/status/1198177482412711936?s=19

 

出世しない生き方は素晴らしい。
責任、時間、付き合いなどの消耗が減る。新たな挑戦もしやすい。

所詮、毛の生えた程度なら組織は変えられず、幹部や部下との板挟みが関の山。なけなしの残業代に期待を見いだすなら、空き時間にブログやプログラミングで稼いだほうが人生安定。

非常識で生きる

 

今、あえて「出世しない生き方」が注目されています。

 

時代の流れになりつつあると感じています。

 

そこで、あえて「出世しない生き方」について深堀していきます。

あえて出世しない生き方

眠るネコ

昭和や平成時代の考えは、出世するのが当たり前という考えでした。

 

出世すれば給料が上がるだけでなく、社会人としての地位や肩書きを得ることができるからです。

 

権威性としてのステータスを確立できます。

 

しかし、出世を目指す人生は代償がわりと大きいのも事実です。

 

  • 責任の重さ
  • 上司としての責任から生じる残業
  • 様々な人付き合いによる飲み会や接待
  • 上記から生じるストレスと時間の消失

 

ぶっちゃけ、キツイと思います。

 

そして上記の事項から逃げる人を、「我慢が足りない」「それは甘えている証拠だ」などと多くの人は一蹴するハズです。

 

給料や地位みたいなのは多少上がるかもしれませんが、それが人生の豊かさなのかというと疑問の余地があります。

 

出世=人生安泰という考えはもう古いです。

 

大企業でさえも大々的にリストラを行なっている時代ですし。

 

出世する人が必ずしも優秀な人とは限りません。無能は上司はチラホラいますよね。

どういう生き方を目指したいか

出世を目指す職業人生も素晴らしいと思います。

 

しかしそれよりも、「どういう人生を目指したいか」を考える方がこれからは需要がありそうです。

 

たとえば、、、

 

・好きなことをして生きたい
・嫌いなことを排除して生きたい
・会社に縛られないで生きたい

 

などですね。

 

つまり一般的に、

 

出世する人生は大変で消耗しやすい→あえて出世をせず気楽に生きたい

 

極めてシンプルな考えだと思います。

 

僕の人生観

僕の場合は「嫌いなことを排除して生きたい」という人生観があります。

 

たとえば、、、

 

  • 満員電車には乗らない
  • 行きたくたい飲み会に参加しない
  • 出世しない
  • 無駄な保険には入らない
  • 梅干しは絶対に食べない

 

などと決めています。

 

もしかしたら、排除することによる機会損失はあるかもしれませんが、メリットの方が遥かに大きいので居心地の良い生活を送ることができています。

まずは当たり前を疑う姿勢

よくある意識高い系のフレーズでキモいと思われるかもしれませんが、、、

 

これがなかなかできないのが日本人の国民性だと思います。

 

だって「みんな同じ」が安心ですし、枠から外れた行動なんてしにくいですよね。

 

僕が書いている「ブログ」なんかも、大多数の人は怪しいって思うハズです。

 

調和を乱すとか一人だけ違う行動をすれば、排除されがちな国なのですから。

 

「当たり前を当たり前に行う」と集団意識が生じるようになります。出世を目指すことが当たり前なので、自ずと出世を目指すのが当たり前になるのです。

 

今自分たちの身の回りに根付いている「当たり前」な常識を払拭できる人こそ、道を切り開ける人であります。

 

まわりに合わせても「生」を実感できない

  1. 「組織に染まれ」
  2. 「個性を捨てろ」
  3. 「仲間意識を持て」

 

こんな言葉が嫌いです。

 

こんな社会だから現代は、高ストレスやうつ病、ひいては自殺などに発展するのかもしれません。

 

これらのことを忠実に守ることができ、実行できる人が出世します。

異様な日本社会での働き方

日本社会での労働環境はわりと下記のとおりです。

 

  • 満員電車で通勤、帰宅
  • 残業をすることが美徳
  • 上司との付き合いは絶対
  • 飲み会には出席する
  • 自分が助かればそれで良い

 

こういう働きかたって魅力的に思えますか?

 

もしそう感じるならば、あなたは出世に向いているタイプですので、出世に向かって努力した方がいいと思います。

 

毛の生えた程度の出世では社会を変えられない

出世の目的が、金と権力なら話は別ですが、、、

 

出世って段階を踏みますよね。何十年もかけて出世するってかなり長くないですか?

 

いきなり起業で良い件

社長になればよくないですか?

 

その方が自分の理念を反映しやすいですし、出世みたいな概念がないので。

「出世」という名の片道切符

サラリーマンとして働いた時点で、「出世」という名の片道満員電車の切符を手に入れたと言っても過言ではないです。

 

なぜなら僕たちは、、、

 

  • 学校を卒業したら就職しなければならない
  • 仕事で出世しなければならない
  • 出世こそ、勝ち組の人生

 

という固定観念に縛られているからです。

 

その固定観念を排除するだけで、、、

 

  • 学校を卒業したらとりま旅に出る
  • 出世しないで、空いた時間で副業にチャレンジ
  • 副業で本業の収入を超え、独立

 

みたいなことも可能です。

 

出世を目指さないと心が救われる

出世という名の片道切符を捨てましょう。

 

そんな「電車」には乗らなくても良いです。むしろ乗らない方が幸せな人生を送れるかもしれません。

 

みんなが同じ「電車」に乗っているから絶対に安心という保証は一切ないです。

 

人身事故や遅延はアリガチですし、その「電車」に乗らなければ人生を変えることができるのです。

マネーを稼ぐ選択肢を増やそう

マネーを稼ぐ選択肢としては下記があります。

 

  • ブログ
  • アフィリエイト
  • YouTube
  • 株式投資
  • FX投資
  • 不動産投資
  • プログラミング

 

この中で僕が最もオススメするマネーを稼ぐ選択肢は、

 

プログラミングですね。

 

  • 将来的需要
  • 将来的安定
  • 稼ぐ速攻性
  • 稼ぐ金額
  • 場所を選ばない

 

全てにおいて安定しており、リスクはほぼないんじゃないかなと思います。

 

投資だとお金を失うリスクがありますが、プログラミングを身につければ、稼ぐ力に変わります。

 

決して甘い世界ではないですが、pc一台で場所を選ばず稼ぐことが可能なので、挑戦する価値はあります。

自分の人生の解答を模索しよう

湖畔で佇む人

出世を目指すことも一つの選択肢です。

 

しかし今は良い時代なので、出世にこだわらなくても良い暮らしは目指せます。

環境を変える

組織にいるとその組織のカラーに染まりやすくなります。

 

その組織にいながら、別のカラーに染まるのはわりとしんどいですよね。

 

なら、自分の目指すカラーへと環境自体を変えてしまうことが1番の近道です。

 

出世を目指さなくても、人生が豊かになる環境ですね。

 

旅に出る

旅に出ると新たな発見ができると思います。

 

家族や友人と行くよりも、一人旅ですね。もちろん、ツアーとかではなく、補助輪なしの完全一人旅です。

 

海外だと仕事に対する文化が違うので、ゆる〜く生きれそうな国がたくさんあります。

 

  • 遅刻は許される
  • ヘラヘラしながら仕事している
  • 仕事が朝の10時くらいから

 

メチャクチャ気楽な働き方ですよね。日本の会社だったら考えられない働き方が、海外だとわりと当たり前だったりします。

 

理想の人生を実現している人を目指す

今はネット時代ですのでYouTubeや個人ブログを読み漁ると、様々な人生論を吸収することができます。

 

会社とかで身近に「理想の人生を実現している人」ってなかなかいないと思うんですよ。

 

仮に身近な人が副業をやってたとしても見えないじゃないですか。

 

でもYouTubeやブログだと、映像や文字として親近感が湧きやすくなります。

 

出世しない生き方もわりとオススメ

僕が目指している人生は、月5万円生活ができる暮らしです。

 

そして、東南アジアやジョージアという国では生活費5万で暮らせることが可能です。

 

20万円くらい稼いで、そんなに贅沢しない生活でも十分幸せだと思うのですが。

 

なので、バリバリ出世して稼ぐぞみたいな熱い気持ちは皆無です。

 

という訳で、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

出世しない生き方を目指すのもいいですね。