NFTでよく聞くMint(ミント)とは?【発行手順/注意点あり】

NFTでよく聞くMint(ミント)とは?【発行手順/注意点あり】

悩む人

NFTでよく聞くMint(ミント)ってどういう意味ですか?

NFTでよく聞くMint(ミント)ってどういう意味ですか?最近NFTに興味を持ち始め、僕も始めてみたいと思っています。どうやって作品を出すんだろう?作品をミントする方法や注意点を教えてください。

✔︎本記事の内容

  • NFTでよく聞くMint(ミント)とは?
  • NFTでMint(ミント)する方法と6つの手順
  • NFTでMint(ミント)する際の2つの注意点
この記事を書いている僕は、NFTの最前線で活動しています。実際に、NFTアートを毎日ミントしているので信頼の担保になるかと。

NFTでよく聞くMint(ミント)とは?

NFTでよく聞くMint(ミント)とは?

ミントとは、NFTを新しく「発行」することです。

Mint(ミント)とは、新しく作成・発行すること

NFTは、マーケットプレイスと呼ばれるNFT専用のプラットフォームで作ります。

NFTの元となるコンテンツをアップロードすると、ブロックチェーン上にノードが書き込まれ、「オンチェーン」という状態になる。これが「Mint(ミント)」です。

ミントされると「世界に一つだけのデジタル資産」であるNFTになります。

「NFTとかよくわかんねー」って方は、【保存版】NFTとは何か?【基礎・仕組み・活用事例】もどうぞ。

NFTでMint(ミント)する方法と6つの手順

NFTでMint(ミント)する方法と6つの手順

サクッと、「ミント」していきましょう。

ミントする方法

NFTは、専用のプラットフォームで作ります。
たとえば、下記のとおり。

  • その①:OpenSea
  • その②:Rarible
  • その③:LocksRare

特にオススメは、OpenSeaですね。
世界最大手ですので、ここから始めるのが無難。

具体的な始め方は、後ほど解説しますね。

NFTでオススメなマーケットプレイス3選

上記3つ以外にも、たくさんのNFTプラットフォームがあります。結論、OpenSea一択ですが、下記もセットでご覧ください。

【無料】NFTでオススメなマーケットプレイスは3つだけ【クリエイターの僕が保証】 【無料】NFTでオススメなマーケットプレイスは3つだけ【クリエイターの僕が保証】

NFTをMintする手順

手順は、下記のとおり。
完全初心者向けに解説します。

  • 手順①:仮想通貨取引所を開設
  • 手順②:メタマスクをインストール
  • 手順③:ETHを購入&送金
  • 手順④:NFTプラットフォームを開設
  • 手順⑤:NFTのコレクションを作成する
  • 手順⑥:NFTの素材をミントする

手順①:仮想通貨取引所を開設

仮想通貨取引所が必要です。

  • Coincheck
  • DMM Bitcoin
  • bitbank

国内ですと、上記が無難かと。
中でも一押しが「コインチェック」です。

10分もあれば終わりますね。
サクッと、口座を開設しちゃいましょう!

【無料】コインチェックで新規口座開設する方法【最短5分】 【無料】コインチェックで新規口座開設する方法【最短5分】

手順②:メタマスクをインストール

MetaMask(メタマスク)という、ブラウザ上で仮想通貨を管理する「ウォレット」も必要です。仮想通貨やNFTをやる上では必須ですので、ポチッとインストールしましょう。

こちらも、5分で終了。

【簡単】MetaMaskのインストール方法+初期設定【イーサリアム系のお財布】 【簡単】MetaMaskのインストール方法+初期設定【イーサリアム系のお財布】

手順③:ETHを購入&送金

  • 仮想通貨取引所でETHを購入する
  • 購入したETHをメタマスクに送金

やるべきことは、上記のとおり。
ガス代という「送金手数料」に注意です。

空飛ぶイーサリアム 【裏ワザあり】コインチェックでETHをお得に購入する方法【送金方法もセットで解説】

手順④:NFTプラットフォームを開設

NFTプラットフォームでできることは、下記のとおりです。

  • NFTの出品←ミント
  • NFTの購入

商店をイメーシすればOKかと。本記事のテーマは「NFTのミント」ですので、NFTの素材を専用プラットフォームで出品する具合です。

まずは、無難なOpenSeaで、アカウントを開設してみましょう。

潜水艦が魚雷を発射する画像 【NFT】たった10分でできるOpenSeaの始め方【3つの手順】

手順⑤:NFTのコレクションを作成

  • NFTのコレクションを作る
  • そのコレクションの中に、NFTを納品する

上記のイメージでOK。
OpenSeaで解説しますね。

1. OpenSeaにログイン

OpenSeaにログイン

OpenSeaにログイン

「My Collection」→「Create a collection」をクリック。

2.コレクション画像やバナーを配置

コレクション画像やバナーを用意

コレクション画像やバナーを用意

3.名前・URL・説明を入力

名前・URL・説明を入力

名前・URL・説明を入力

  • 名前:コレクションの名前(英語が無難)
  • URL:コレクションのURL(半角英数字)
  • 説明:コレクションの説明(英語が無難)

4.カテゴリ設定

カテゴリ設定

カテゴリ設定

5.外部リンク・ロイヤリティ・ブロックチェーン

外部リンク・ロイヤリティ・ブロックチェーン

外部リンク・ロイヤリティ・ブロックチェーン

  • 外部リンク:SNSやブログのURL
  • ロイヤリティ:NFTの二次販売でもらえる手数料←0.5〜10%
  • ブロックチェーン:イーサリアム or ポリゴン←イーサリアムでOK

6.ウォレットアドレス入力

ウォレットアドレス入力

ウォレットアドレス入力

メタマスクを起動し、ETHアドレスをマルっとコピペ。

7.支払いトークン

基本は、ETHとWETH(オークション専用)。
「add token」より、支払い通貨を追加できる。

支払いトークン

支払いトークン

あとは、コレクションの表示を選択し、「Create」からコレクションを作成しましょう。

手順⑥:NFTの素材をミントする

あとは、ミントするだけ。
素材をアップロードし「Create」しましょう。

1.「Create」から素材をアップロード

「Create」から素材をアップロード

「Create」から素材をアップロード

  • 名前:ミントする作品名
  • 外部リンク:ミントする作品の詳細リンク
  • 説明:ミントする作品の説明

2.コレクションの選択

コレクションの選択

コレクションの選択

先ほど、コレクションを作成したと思います。
コレクションの中に、ミントする作品を格納します。

なお、他の設定はスルーでOKです。

3.供給量・ブロックチェーン・メタデータ

供給量・ブロックチェーン・メタデータ

供給量・ブロックチェーン・メタデータ

  • 供給量:「1」でOK。ポリゴンを選択すると、供給量を増やせる。
  • ブロックチェーン:イーサリアム or ポリゴン
  • メタデータ:スルーでOK

とはいえ、そもそもミントする素材がないと意味ないので、下記を参考にアートを作ってみましょう。以上で、OpenSeaでミントする一連の流れは終わり。慣れれば、ミントは1分で終わります。

ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選【クリエイターの僕が保証】 ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選【クリエイターの僕が保証】

NFTをMint(ミント)する際の2つの注意点

NFTをMint(ミント)する際の2つの注意点

最後に、NFTでミントする際の注意点を解説します。

  • 注意点①:オリジナルアートをミントする
  • 注意点②:初回ミントでガス代が発生する

注意点①:オリジナルアートをミントする

ぶっちゃけ、デジタルデータなら何でもミントできます。

カンの良い方ならお分かりかと思いますが、これってヤバいですよね?

たとえば、ネットからダウンロードした「ドラえもん」の画像でも、ミントできてしまいます。特にOpenSeaでは、アップロードで事前審査も何もないので「無法地帯」です。

なので、アーティスト作品が勝手に盗用されてるのも問題視されてます。控えめに言って、違法行為です。今後の取り締まりが強化したら、バンか訴えられる可能性が大いにありますので、犯罪はやめましょうね。

注意点②:初回ミントでガス代が発生

OpenSeaでは、初回ミント時に「ガス代」がかかります。

目安は、1万円ほど。うわっ、高すぎ...しかし、ガス代は取引量に応じて変化するので、2022年はチャンスですよ。

なお、2回目以降の出品ではガス代が発生しませんので、自己投資と目を瞑れば問題なし。ガス代が発生する工程は他にもありますので、そこはNFTに触れつつ学んでいきましょう。

ポリゴンで手数料を無料にする裏ワザもありますが、初心者にはオススメしません。詳しいやり方は、自分でググってみてください。

今日から、ミントしてみよう

最後に記事をまとめます。

  • Mint(ミント)とは、NFTの素材を発行すること
  • NFTプラットフォームでMint(ミント)する
  • 注意点として、オリジナルアートをミントすること/OpenSeaでは、初回ミント時にガス代が発生する

デジタル作品を今すぐミントしてみましょう。
というわけで、今回は以上です。

さて、今日も僕はNFTウンコをミントしていきます。
よろしければ、僕の作品もご覧ください。

>> OpenSea | Unchiman