【無料】NFTでオススメなマーケットプレイスは3つだけ【クリエイターの僕が保証】

【無料】NFTでオススメなマーケットプレイスは3つだけ【クリエイターの僕が保証】

悩む人

無料で使えるオススメNFTマーケットプレイスを知りたいです。

オススメなNFTマーケットプレイスを知りたいです。最近、NFTに興味を持ちました。そこで僕もNFTを出品したり購入してみたいと思っています。無料で始められるNFTマーケットプレイスはないかな?

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • NFTマーケットプレイスを選ぶ前にやるべきこと
  • NFTでオススメなマーケットプレイスは3つだけ
  • NFTマーケットプレイスでよくあるQ&A
この記事を書いている僕は、NFTアートを作っています。ブログのアイコンもNFT化しておりまして、誰にも売りたくないので、100ETHに設定しています。

無料で始められるオススメなNFTマーケットプレイスを3つ紹介しますね。

※ NFTマーケットプレイスとは?
NFTコンテンツを売買できるプラットフォーム。クリエイターが作ったコンテンツをNFT化(ミント)して販売できたり、利用者が購入したNFTをさらに販売できたりします(二次販売)

NFTマーケットプレイスを選ぶ前にやるべき3つのこと

NFTマーケットプレイスを選ぶ前にやるべき3つのこと

下記のとおり。

  • その①:利用目的を明確にする
  • その②:手数料「ガス代」を考慮する
  • その③:NFTの作品を用意する←出品する方

その①:NFTの利用目的を明確にする

あなたは、NFTをどうしたいですか?

NFTを売りたいのか、買いたいのか?
NFTアートなのか、NFTゲームアイテムなのか?

こんな感じで、利用目的を明確にしてからNFTマーケットプレイスを選びましょう。なぜなら、利用目的が決まってないと、時間とお金を無駄にするからです。

  • NFTアート←NFTアートを売買できる「OpenSea」でOK
  • NFTゲーム←NFTゲームアイテムを売買できる「コインチェック」or「Axie Infinity」でOK

上記のとおり。

大切なのは、最大手から選ぶこと

NFTマーケットプレイスの市場規模

NFTマーケットプレイスの市場規模:出典(DappRadar)

上記のとおり、市場規模を判断軸にしましょう。

  • OpenSea
  • LoolsRare
  • CryptoPunks
  • NBA Top Shot
  • Axie Infinity

この辺りをチョイスしておけばOK。

利用者数や取引量が多いということは、それだけ市場が活発だということ。大手なら、対応してる支払い通貨・ガス代・NFTコンテンツなども充実しています。というと、シンプルに使いやすいかと。ニッチなNFTマーケットプレイスは、選ばなくてOKです。

その②:手数料『ガス代』を考慮する

NFTを出品・購入するには「ガス代」と呼ばれるETHの手数料がかかります。もちろん、無料〜高額なマーケットプレイスもあります。

NTFや仮想通貨の世界では、どこかで「ガス代」が発生しますよ。

下記より、メタマスク内にガス代を用意しておきましょう。NFTの売買がスムーズになります。

【簡単】MetaMaskのインストール方法+初期設定【イーサリアム系のお財布】 【簡単】MetaMaskのインストール方法+初期設定【イーサリアム系のお財布】

その③:NFTの作品を用意する←出品する方

まずは、出品するデジタル作品を用意すべき。なぜなら、NFTマーケットプレイスに「登録だけして、満足して終わる」可能性があるから。

そうなると、肝心な「売る」という行動に結びつきませんよね?

NFT本来の価値は「作品」にあるべきでして、作品がないとそもそもスタートラインに立てません。というわけで、NFTの作品から作ることをオススメします。データがあれば、あとはNFT化(ミント)するだけですので。

ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選【クリエイターの僕が保証】 ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選【クリエイターの僕が保証】

NFTでオススメなマーケットプレイスは3つだけ

NFTでオススメなマーケットプレイスは3つだけ

結論、下記のとおりです。
すべて無料で始められますよ。

  • その①:OpenSea←世界最大手(NFTアート)
  • その②:Coincheck NFT←国内最大手(NFTゲーム)
  • その③:Axie Infinity←世界最大のNFTゲームマーケットプレイス

その①:OpenSea←世界最大手

NFTを売買したい人向け。
アート・音楽・写真・ランドなど様々。

NFT=OpenSeaといっても過言ではないレベル。
無料なので、まずはOpenSeaでいいかと。

  • メリット①:NFT市場で世界トップ
  • メリット②:2回目以降の出品は無料
  • メリット③:サイトが見やすい

上記のとおり、素晴らしいですね!

あえて、デメリットをいうと、初回出品で「ガス代が発生する」ですかね?とはいえ、初期費用と割り切れば問題ないかと。

OpenSeaの始め方は、下記でわかりやすく解説しています。

潜水艦が魚雷を発射する画像 【NFT】たった10分でできるOpenSeaの始め方【3つの手順】

その②:Coincheck NFT←国内最大手

NFTゲームのアイテムを売買したい人向け。
個人的に、上記のOpenSea+コインチェックでOK。

なんと、コインチェックの口座をお持ちの方は、無料で売買ができ、ガス代もかかりません。

国内最大手のNFTマーケットプレイスですので
利用目的に合わせて始めるのがいいかと。

2022年現在、取り扱ってるNFTアイテム

下記のとおりです。

  • CryptoSpells
  • The Sandbox
  • NFT トレカ
  • Sorare
  • Meebits
  • TOMO COIZUMI

対応ゲームはまだ少ないですが、今後は随時、追加されてくとのこと。

※ Coincheck NFTを始めるには、口座開設が必要。無料で始められますので、サクッと5分で作ってしまいましょう。>> コインチェック

【無料】コインチェックで新規口座開設する方法【最短5分】 【無料】コインチェックで新規口座開設する方法【最短5分】

その③:Axie Infinity

世界で最も人気なNFTゲーム「Axie Infinity」のマーケットプレイス。こちらは、Axie Infinityのゲーム内アイテムやアクシーの売買がメインです。

予想通りですが、NFTアートなどの売買はできません。

僕もアクシーをプレイしてますが、ポケモンみたいで楽しいですよ。具体的な始め方は、下記をどうぞ。

AxieInfinity 【無料特典】初心者でもデキるAxie Infinityの始め方 【7ステップ / ゲームで稼げる】

NFTマーケットプレイスでよくあるQ&A

NFTマーケットプレイスでよくあるQ&A

さいごに、よくある質問をまとめます。

質問①:NFTを出品するときのガス代ってどれくらい?

マーケットプレイスによりけりです。
もっというと、時期や時間帯によっても変わります。

たとえば、OpenSeaで売買する場合。
厳密には、ガス代が発生する過程はもっとある。

  • 初回のみ:ガス代がかかる
  • 初回以降:ガス代は発生しない
  • 購入する:その都度、ガス代が発生

マーケットプレイスの利用規約を読み込みましょう。ルールが変更する場合もあるので、リサーチは大切です。

ガス代が安い時期・時間帯

ETHのガス代を確認する

ETHのガス代を確認する

結論、取引量が少ないときです。
ETH GAS STATIONより、確認できます。

  • Gas Price:20〜30←ガス代が安い
  • Gas Price:200〜300←ガス代が高い
豆知識ですが、ガス代は「FAST」を選ぶと、決済スピードが速くなる一方ガス代は高騰します。ガス代を節約したいなら「LOW」に設定しましょう。

2021年はNFTバブルでしたので
ガス代が、、、バカ高かった…

フツーに、「2万」とかしてましたね〜。
今では、良い思い出です。

質問②:NFTの偽物ってありますか?

過去には、下記のような事例もありました。


OpenSeaのいいところは、無料でミントできるところ。しかし、案の定、悪意のあるユーザーから偽物や詐欺の温床になるという結末を迎えました。

なんと、ミントで作られた80%が偽物だったと判明。

NFTの購入時には、特に注意すべきですね。
次世代のプラットフォームだから仕方なし。

偽物を見抜ける「鑑識眼」を養いましょう。

NFTマーケットプレイスは、無料で利用できる!

というわけで、本記事では、無料でオススメなNFTマーケットプレイスを3つ紹介しました。いうまでもなく、最大手をチョイスすべきでして、理由は初心者でも利用しやすいから。

ただ、NFTマーケットプレイスで売買するには「仮想通貨取引所」が必要です。コインチェックなら無料で口座開設できる上、NFTの売買手数料もタダ。どこのNFTマーケットプレイスでも使えるため、とりま口座開設して損はないかと。経験から保証します。

>> コインチェック