【初心者向け】失敗しないNFTアートの出品方法【OpenSea】

NFT化したモナリザ

NFTアートを出品したい人

NFTアート出品してみたいな。

NFTアートを出品してみたいな。仮想通貨とかの知識がないのですが、大丈夫かな?初心者でも失敗しない、具体的な出品方法を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • NFTアートを出品する前にやるべきこと
  • 失敗しないNFTアートの出品方法
  • NFTアートのよくある質問
この記事を書いている僕は、NFT歴1年ほど。
NFTアートという分散型の世界で生きています。

NFTアートを出品する前にやるべきこと

3つのドアの前で、悩むサラリーマン

やるべきことは、下記の5つです。

  • ①:出品する作品データを作る
  • ②:NFTアートの出品前に行う4つの手順

①:出品する作品データを作る

NFTアートの元データがないと意味がない。
画像やイラストなどを用意しましょう。

ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選【クリエイターの僕が保証】 ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選【クリエイターの僕が保証】

②:NFTアートの出品前に行う4つの手順

まだの方は、上記を済ませましょう。
上記5つが、出品前の前提条件です。

失敗しないNFTアートの出品方法

ブロックごとにリンクしたNFTアート

手順は、下記のとおり。

  • 手順①:OpenSeaにアクセス
  • 手順②:コレクションを作る
  • 手順③:コレクション情報を入力する
  • 手順④:作品を『Create』する
  • 手順⑤:作品を『Sell』する←注意点あり

手順①:OpenSeaにアクセス

まずは、OpenSeaにアクセスします。
>> OpenSea公式サイト

メタマスクの署名を求められたら
「署名」をクリックして、ログインします。

OpenSeaでは、メタマスクでログインします。Web3.0の世界なので、パスワードやIDがそもそもありません。
詐欺サイトに注意

正しいサイトは「https://opensea.io/」です。上記のリンクは正しいのでご安心を。

手順②:コレクションを作る

コレクションとは、作品集のことです。イメージとしては、コレクションの中にNFTアートをまとめる感じです。

画面右上のアイコンをクリックし
「My collections」からコレクションを作ります。

失敗しないNFTアートの出品方法1

コレクションの作成手順①

下記のとおり、「Create a collection」からコレクションを作ります。

失敗しないNFTアートの出品方法2

コレクションの作成手順②

手順③:コレクション情報を入力する

「コレクション」のデータを入力していきます。

画像データ

失敗しないNFTアートの出品方法3

コレクションの作成手順③-画像データ

  • Logo image:350×350px←アイコン画像
  • Featured image:600×400px←アイキャッチ画像
  • Banner image:1400×400px←ヘッダー

上記3つの画像を用意しましょう。
Canvaで作ることをオススメします。

>>【無料あり】Canvaを始める

基本情報

失敗しないNFTアートの出品方法4

コレクションの作成手順④-基本情報

  • Name:コレクション名
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの説明・概要

基本的に、英語・ローマ字で入力しましょう。
なぜなら、海外サイトだから。

あと、Description欄には
日本人向けに、日本語も表記しておきましょう。

翻訳できねー…って方は、「Deepl」が便利です。

カテゴリ

失敗しないNFTアートの出品方法5

コレクションの作成手順⑤-カテゴリ

「Add category」から
コレクションのカテゴリを決めます。

  • Art:アート作品
  • Collectibles:コレクション作品
  • Music:音楽作品
  • Photography:写真作品
  • Sports:スポーツ作品
  • Trading Cards:トレーディングカード作品
  • Utility:ユーティリティ作品

販売方法

失敗しないNFTアートの出品方法6

コレクションの作成手順⑥-販売方法

  • Links:SNSやウェブサイトのリンク
  • Royalties:販売手数料
  • Blockchain:イーサリアムかポリゴン
Links

SNSアカウントやWebサイトを持っている方は
OpenSeaと連携させましょう。

Webサイト/ディスコード/インスタ/ミディアム/テレグラム/ツイッター
Royalties
失敗しないNFTアートの出品方法7

コレクションの作成方法⑦-ロイヤリティ

販売手数料のこと。
0.05(5%)〜0.1(10%)くらいが目安です。

メタマスクのアドレスをコピペして
ウォレットアドレスを連携させます。

Blockchain
  • Ethereum:イーサリアムチェーン←Eth
  • Polygon:ポリゴンチェーン←Matic

上記の2つ。基本的にイーサリアムでOK。

失敗しないNFTアートの出品方法8

コレクションの作成手順⑧

  • Payment tokens:支払い方法とトークンの追加
  • Display theme:コレクションの表示スタイル
  • Explicit & sensitive content:センシティブな作品を作る場合にチェック
Payment tokens

基本的に、売上金は「ETH」か「WETH」です。
上記以外に追加したい場合は、「Add token」から支払い通貨を追加します。

Display theme

コレクションの表示方法ですね。
僕は、3番目の「Covered」に設定しています。

お好きなモノをどうぞ。

Explicit & sensitive content

過激なNFT作品を売りたい場合。

===

以上の設定が完了したら「Save」して
コレクションの作成は終わりです。

手順④:作品を『Create』する

無事、コレクションを作成できましたね?
そしたら、NFTアートを納品していきましょう。

Createする

「Create」をクリックします。
すると、下記の画像になります。

失敗しないNFTアートの出品方法9

Createの手順①

  • Image, Video, Audio, or 3D Model:NFTのファイル
  • Name:作品名
  • External link:作品の詳細ページリンク
  • Description:作品の説明・概要

上記を英語・ローマ字で入力します。
説明欄は、日本語も載せると親切かもです。

Collection

失敗しないNFTアートの出品方法10

Createの手順②-Collection

さっき作ったコレクションから選びます。このコレクションの中に、NFTアートをぶっ込んでいきます。

  • Properties
  • Levels
  • Starts
  • Unlockable Content
  • Explicit & Sensitive Content

上記の項目は、デフォルトでOK。

販売条件

失敗しないNFTアートの出品方法11

Createの手順③-販売条件

  • Supply:ミントできるコピーの数←「1」でOK
  • Blockchain:イーサリアムでOK
  • Freeze metadata:後から、NFTアートを凍結できる

以上が完了したら「Create」しましょう。
これで、NFTアートがコレクションの中に納品されました。

手順⑤:作品を『Sell』する

NFTアートをCreateしたら
販売するNFTアートに値段をつけましょう。

「Sell」の特徴は、下記のとおりです。

  • 初回の場合:手数料として、ガス代がかかる
  • 2回目以降:ガス代は、かからない
初めてOpenSeaでNFTアートを出品する場合は、「ガス代」がかかります。まぁ、「仕方なし...」ですね。初期投資として割り切りましょう。

まずは、『Create』したNFTアートを『Sell』します。

失敗しないNFTアートの出品方法12

Sellの手順①

OpenSeaでの販売方法は、下記のとおりです。

  • 固定価格で販売する
  • オークションで販売する

固定価格で販売する

失敗しないNFTアートの出品方法13

Sellの手順②-固定価格

  • Type:Fixed Priceを選択:固定価格
  • Price:ETH→販売したい価格
  • Duration:販売期間(最大6ヶ月)

上記を入力したら、「Compete listing」をクリック。

初回の場合は、「ガス代を払ってね」と指示されます。ガス代が少しでも足りないと、Sellできません。

オークションで販売する

失敗しないNFTアートの出品方法14

Sellの手順②-オークション

  • Type:Timed Auctionを選択
  • Method:一番高い値段に設定
  • Starting price:売り初めの値段を決めます
  • Duration:最長、7日間

上記を入力したら、「Complite listing」をクリック。

メタマスクに署名する

失敗しないNFTアートの出品方法15

Sellの手順③-署名

値段を決めてSellすると、メタマスクから署名を求められます。

失敗しないNFTアートの出品方法16

Sellの手順④

署名後、このように表示されれば完了です。お疲れ様でした〜。これで、NFTアートを販売できました。

NFTアートの出品で、よくある質問

クエスチョンマークと男性

OpenSeaで、NFTアートを出品する際のよくある質問に答えます。

質問①:ガス代って、いくらかかりますか?

OpenSeaで出品する場合は、初回のみ、ガス代がかかります。

ガス代は、そのときによって変わりますが
最低でも、0.05ETHくらいかかる印象です。

日本円にすると、、、1万5,000円〜3万...しぇしぇしぇー

しかし、2022年だとガス代は増加傾向。なぜなら、DeFiやOpenSeaなどのNFTプラットフォームの増加により、ネットワークの負荷も増大しているから。

ネットワーク取引量が増えると、データ処理するマイナーの負担も増えます。マイナーは高いガス代を支払った人を優先に処理します。

ガス代は「松竹梅」みたいに設定できて、ガス代を高くすると送金スピードは速くなります。逆も然り。

ガス代が、安くなりやすい時間帯

下記から、直近1週間のガス代の相場を調べられます。午前中は、わりと高めな傾向。土曜日の夜が比較的、安いようです。

>> 参考 | EthereumPrice

質問②:NFTアートって稼げますか?

結論から言うと、YES。
もちろん、売れればのお話ですが。

2022年だと、1ETH=30万〜50万くらい。販売価格も自由に設定できたり、オークション形式で青天井です。

たとえば、NFTで有名なCryptPunksだと、一個のNFTアートが数千万でゴロゴロ売れてたりします。

稼いでいるNFTアーティスト

OpenSeaで、眺めてみるのも面白いですよ。「えっ、こんなのが売れるのかよ…」といった世界です。正直、バグっていますね。

質問③:NFTアートの販売価格を、変更できますか?

結論を言うと、YES。
しかし、注意点があります。

  • 価格を下げたい場合:ガス代は、かからない
  • 価格を上げたい場合:できない←出品を取りやめる必要があるが、ガス代はかかる

上記のとおり。
NFTに相場はないので、バシッと値段を決めてしまいましょう。

売れたときの手数料は、いくら?

OpenSeaでは、売れた場合、販売価格の「2.5%」が手数料として引かれます。

質問④:チェーンは、EthereumとPolygonどっちがオススメ?

初心者は、イーサリアムにしましょう。
理由は、下記のツイートのとおり。

つまり、利益で獲得したポリゴン版ETHをそのまま送金すると、チェーンが違うので資金が消えます。

同じ携帯でも、ガラケーとスマホくらい違います。

換金方法

  • 手順①:ポリゴンETHからイーサリアムETHに変換
  • 手順②:イーサリアムETHをコインチェックなどに送金
  • 手順③:着金したら、換金

とりあえず、手順①が重要です。
下記のサイトから、変換できます。

>> Polygon Bridge

未来へ繋がる行動リンク

というわけで、今回は以上。
NFTの世界は、まだ日本人には早いです。

100人中3人しか行動できないと思いますが、NFTの世界に足を踏み入れると、見える世界が変わりますね。

下記で、OpenSeaを使ったNFTアートの作り方をまとめています。

PC画面の中に映るNFT 【簡単】サルでもできるNFTアートの始め方【OpenSea/5ステップ】