『NFTアートには手を出すな』という人は人生を損している

『NFTアートには手を出すな』という人は人生を損している

悩む人

NFTアートには手を出すな」って耳にしたけど、本当だろうか?

「NFTアートには手を出すな」って耳にしたけど、本当だろうか?これからNFTアートを始めてみようと思ってたのですが、急に不安になってきました。NFTアートを始めようか、迷うな…

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • 「NFTアートには手を出すな」という人は人生を損している
  • 「NFTアートには手を出すな」という3つの勘違い
  • 「NFTアートには手を出すな」というなら「コンビニスイーツにも手を出すな」って話
この記事を書いている僕は、NFTアートの最前線で活動しています。

本記事の元ネタは「NFTアートには手を出すな!」から参照しています。

たぶん、ご本人はNFTを買ったこともないし、販売したこともないハズ。そうでないなら、記載しているハズですので。YouTube評論家でさえもYouTubeしてないですし、そんなに偉そうに評論できるなら、ヒカキンと肩を並べられますよね?

『NFTアートには手を出すな』という人は、人生を損している

『NFTアートには手を出すな』という人は、人生を損している

結論として、NFTの世界に足を踏み入れてみましょう。

NFTアートなんかやめとけ!←機会損失ですよ

  • NFTテクノロジーに触れる機会損失
  • NFTでの情報発信に携わる機会損失
  • NFTマーケティングを学ぶ機会損失
  • NFTで新たな交流を深める機会損失
  • NFTビジネスで収入を得る機会損失

たとえば、上記のとおり。

それに、NFTマーケットの市場規模は、2025年までに「9兆円1,000億円以上」というデータも出ています。>> NFTの市場規模、2025年までに9兆1,000億円以上:ジェフリーズ

控えめに言って、変に飲食店で勝負するより賢いかと。

そもそもNFTに、足を踏み入れてない件

なんでもそうなのですが
“評論家ポジ”の人って、無駄に不安なんですよね?

  • 法整備が整ってないのでは?…
  • 詐欺られるのでは?…
  • 稼げないのでは?…

上記のとおり。
事実かもですが、無駄な不安ですね。

とりあえず、プラットフォームが整っているのは事実でして、試しに挑戦してみて「やっぱ、微妙かも…」と感じたら、撤退すればいいだけです。>>【無料】NFTでオススメなマーケットプレイスは3つだけ【クリエイターの僕が保証】

こんなのは、中学生くらいの頭があればデキますので、【無料】たった10分でできるOpenSeaの始め方をどうぞ。

子供の老後を気にさせる50代親

あなたは親に、こんなこと言われませんでした?
もしくは、子供に言ってませんか?

老後のことをしっかりと考えなさい!...

確かに重要かもですが、、、人生これからなのに、なにゆえ「死に際な未来」を計画せねばならないのでしょうか?こういうのを「奴隷」と言います。

この回答の行き着く果ては「安定した会社に勤めなさい」なのですが、こういう思考だと「手取り20万」が関の山。ぶっちゃけ、ビジネスを1ミリも知らないので「池の中」しか見えてません。ぶっちゃけ、無視でOK。

NFTアートに批判的な考えと似てませんか?

『NFTアートには手を出すな』という3つの勘違い

『NFTアートには手を出すな』という3つの勘違い

NFTアートには、いくつか問題あるのも事実。
しかし、わりと「勘違い」ですよ。

  • 勘違い①:アーティスト作品の盗用
  • 勘違い②:マネーロンダリング
  • 勘違い③:環境破壊への懸念

勘違い①:アーティスト作品の盗用

アーティスト作品を勝手にNFTにして販売する行為ですね。アーティストの利益が、無断盗作者によって奪われてるのは事実かもしれません。

しかし、だからと言って「NFTアートには手を出すな」という理由にはなりませんよね?なぜなら、その行為を行うのは盗作者本人の善悪の問題だから。オリジナルNFTアートの販売で、著作権違反にはなりません。

というわけで、問題なし。

勘違い②:マネーロンダリング

マネーロンダリングとは、犯罪行為で得たお金の出所を分からないようにする行為のこと。

仮想通貨やNFTは、マネーロンダリングの温床だ...

なんてよく聞きますけど、NFTに使われてる「ブロックチェーン」はトレーサビリティ(追跡可能性)が高いので、お金が誰から誰へ移動したのかサクッとわかります。

日本の政治で「金の問題」がなくならないのは、現金の方が都合いいため。仮想通貨などのデジタルマネーにすると不正ができなくなるので、政治家にとっては困るんです。

というわけで、これも問題なし。

勘違い③:環境破壊

NFTはイーサリアムで構築されており、マイニング処理による「膨大な電力消費」が環境負荷を与えるとして、問題になっているのは事実。

とはいえ、そこは技術的に解決されるかと。

というのも、「PoW→PoS」へ移行する予定だから(イーサリアム1.0→2.0)

  • PoW(プルーフ・オブ・ワーク):電力を使って「よーいドン」で一番早く承認した者がマイニング報酬としてマイナーにプレゼント。だから、莫大な電力でマイニングする者が勝つ。←環境に負荷
  • PoS(プルーフ・オブ・ステーク):仮想通貨保有量の割合で、取引の承認を決める。←マイニングに頼らないから環境に優しい

ザックリとこんな感じ。ここで仮想通貨の電力闘争すると「不毛な議論」になるので、スルーします。なお「コンセンサス・アルゴリズム」の概念は、ちょっと難しいので、本などで勉強しましょう。

【初心者向け】ビットコインの基礎を学ぶオススメ書籍7つ紹介【読書しつつ、高速アウトプットしよう】

リスクを受け入れつつ、リターンに投資

確かに、NFTという未知の領域に足を踏み入れると、失敗するかもです。人間は「失敗を避けたい生き物」ですので、未開の地を冒険するのは、怖くてできないのが本能です。

しかし、失敗するという理由で「やらない理由」にはならないかと...

NFTでもアフィリエイトでもYouTubeでもそうですが、ビジネスで1円を稼いだことのある人とない人では、その後の人生観に大きな差が生まれます。

僕も、仮想通貨やNFTのリスクを承知の上で、未開の地を歩んでます。それが「ビジネスという名の冒険」なんじゃないですかね?

『NFTアートには手を出すな』というなら『コンビニスイーツにも手を出すな』って話

『NFTアートには手を出すな』というなら『コンビニスイーツにも手を出すな』って話

コンビニスイーツも、やめときましょう。
環境やお財布、健康にも悪いので。

何が言いたいのかというと、なんでもメリットやデメリットがあるということ。ビジネスなら、なおさらです。

NFTアートに、リスクなんてありませんよ

あなたの考えるリスクを明確に言語化できますか?

ただなんとなく「詐欺られるんじゃないかな?...」と漠然とした不安だけなら、YouTubeでもアフィリエイトでも投資でも詐欺られますよ。

なぜなら、根拠を学ばないから。
テレビで毎日、誰かが詐欺られてますよね?

しかし、だからと言って、NFTに触れない理由とはならない。行動しないというだけで「学びからの逃走」に他なりませんので。

NFTアートに挑戦すると得られるメリット

  • 仮想通貨取引所の開設知識
  • 仮想通貨の売買・送金知識
  • メタマスクを導入する知識
  • マーケットプレイスの知識
  • NFTマーケティングの知識
  • NFTで情報発信する豆知識
  • NFTコンテンツの売買知識
  • NFTコミュニティ運営知識

まだまだあると思いますが、リスクを恐れて行動しないと、時代に取り残されるかと。むしろ、その方がリスクですので、行動しないデメリットの方が相対的に大きいですよ。

まずは、ググる→実際に、やってみる→わからないとこは、ググる→本も読んでみる

1日1時間、毎日コツコツやるだけ。仮想通貨とかNFTというワードをみると、吐き気がしてくるかもですが、それはあなたの「幻想」カモですよ。僕も最初は「怪しいな…」と思ってましたが、やってみたら「別に…」という感じでしたので。

さぁ、NFTアートに挑戦してみよう

たぶん、この記事を読んでも行動する人は1,000人中3人くらいかと。迷ってる時間がすでに無駄ですので、下記の行動リンクから手を動かしてみましょう。頭で考えると手が止まるります。そうなるとサボるだけかと。

僕は、今日もせっせとNFTアートを生産します。
さて、あなたはどうしますか?

いつやるの?

未来へつながる行動リンク

PC画面の中に映るNFT 【簡単】サルでもできるNFTアートの始め方【OpenSea/5ステップ】