ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選【クリエイターの僕が保証】

ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選【クリエイターの僕が保証】

悩む人

ドット絵NFTアートを作るアプリってないかな?

ドット絵でNFTアートを作るアプリってないかな?最近、NFTアートに興味を持ち、自分でも作ってみたいと思うようになりました。とはいえ、NFTや仮想通貨について知識もないし作れるか不安です。どうやってNFTアートを作ったり、販売すればよいか教えてください。

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選
  • ドット絵アプリでNFTアートをサクッと作る方法
  • ドット絵アプリとNFTアート出品のよくあるQ&A
この記事を書いている僕は、NFTアートのクリエイター。ブロックチェーンや仮想通貨などの分散型世界で暮らしてます。

本記事では、ドット絵でNFTアートを作るおすすめ無料アプリ5つを紹介します。

読み終えると、明日の今頃までには、NFTアートを出品できるようになりますよ。

※ NFTとは?
NFTの基礎理解がまだの方は、本記事を読む前に【保存版】NFTとは何か?【基礎・仕組み・活用事例】をどうぞ。

ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選

ドット絵で作るNFTアートおすすめ無料アプリ5選

すべて無料で使えます。
アプリダウンロードでどうぞ。

  • その①:dotpict
  • その②:アイビスペイントX
  • その③:8bit Painter
  • その④:ドット絵エディタ
  • その⑤:Pixelable

その①:dotpict

ドットピクト! かんたんドット絵アプリ

ドットピクト! かんたんドット絵アプリ

DOT PICTO LIMITED LIABILITY CO.無料posted withアプリーチ

上級者まで使える無料ドット絵アプリ。
機能はとっても充実、誰でもドット絵を作れます。

ただし、使い方に少しクセがあるかと。

とはいえ、おすすめ上位ですので、試しに使ってみてビミョーでしたら、他のアプリも試してみましょう。

その②:アイビスペイントX

アイビスペイントX

アイビスペイントX

ibis inc.無料posted withアプリーチ

ドット絵ではなく、イラスト向け。
イラスト絵が得意な方は、コチラをどうぞ。

基本的に、タブレット+タッチペンで作ることになるかと。

詳しい作り方は、下記が参考になります。

その③:8bit Painter

8bit Painter

8bit Painter

Takayuki Miyagawa無料posted withアプリーチ

8bit Painterは、誰でもカンタンにドット絵を作成できるアプリです。

ただし、レイヤーとバケツ機能とがないのが残念。

とはいえ、初心者向けに最適かと。とりあえず、ダウンロードしてみて、使いやすいか確認してみましょう。

その④:ドット絵エディタ

ドット絵エディタ - Dottable

ドット絵エディタ – Dottable

Yosuke Seki無料posted withアプリーチ

基本的な機能をすべて完備。
多機能ながら、無料で使えるのは神レベル。

操作性もシンプルなので、初心者にも扱いやすいかと。

その⑤:Pixelable

Pixelable - ドット絵エディター

Pixelable – ドット絵エディター

Yosuke Seki無料posted withアプリーチ

ノーマルなドット絵に加え、Gif形式なドット絵も作成できます。本記事の吹き出しアイコンもコチラで作りました。

個人的に、イチオシ。

ただし、広告がちょっとウザいのがデメリット。
しかし僕は、これに落ち着きました。

ミヤビ

こんな風に作れるよ!

ドット絵アプリでNFTアートをサクッと作る方法

ドット絵アプリでNFTアートをサクッと作る方法

手順は。下記のとおり。

  • 手順①:アプリをダウンロード
  • 手順②:ドット絵を描く
  • 手順③:出品する

手順①:アプリをダウンロード

上記で紹介したドット絵アプリをダウンロードしましょう。

  • オススメ①:8bit Painter
  • オススメ②:ドット絵エディタ
  • オススメ③:Pixelable

上記がドット絵にオススメ。
無料で使えますので、ダウンロードしましょう。

特に、Pixelableは一番使いやすかった。僕みたいに動くドット絵NFTアートも作ってみたい方は、ぜひコチラをオススメします。

Pixelable - ドット絵エディター

Pixelable – ドット絵エディター

Yosuke Seki無料posted withアプリーチ

手順②:ドット絵を描く←30分

ドット絵を書いていきましょう。
創作活動の「醍醐味」ですね。

とはいえ「画像読込」機能もありますので、画像からドット絵に変換させることもできます。


僕のようにイラストを描くのが苦手な方でも、ドット絵なら作成できるかと。完全素人でしたけど、上記のようにドット絵をNFT化させています。迷っているなら手を動かして、経験を積み上げましょう。

>> 僕がブログのアイコンをNFTにする3つの理由

あると便利なモノ

ドット絵を書くときに、あると便利なモノも紹介します。

上記があれば、創作活動にも精が出るかと。
僕も普段から愛用してるので、どうぞ。

保存は、PNGでOK

ドット絵が完成したら、PNG形式で保存します。macユーザーなら「写真アプリ」にでもまとめておくと管理もしやすいかと。続いては、ドット絵をNFT化していくステップです。

手順③:出品する

上記が完成したら、さっそくNFTプラットフォームに出品してみましょう。なお、僕も普段から使ってますが「OpenSea」が一択です。

  • その①:仮想通貨取引所を開設
  • その②:MetaMaskをインストール
  • その③:OpenSeaでアカウント作成
  • その④:ETHを購入&送金
  • その⑤:OpenSeaに出品

NFTアートの出品手順はちょっと多いかもですが、むずかしいことはありません。こんな僕でもできましたので、下記よりサクッとどうぞ。

>>【初心者向け】失敗しないNFTアートの出品方法【OpenSea】

ドット絵アプリとNFTアート出品のよくあるQ&A

ドット絵アプリとNFTアート出品のよくあるQ&A

ドット絵アプリとNFTアートの出品でよくある質問にお答えします。

質問①:初心者でも、ドット絵を作れますか?

結論、可能です。
僕も未経験から始めてるので。

大切なのは、まず挑戦してみることです。

NFTの世界では、たとえ絵の才能がなくともマーケティング次第でなんでも売れます。たとえば、Zonbie Zooは小学三年生の夏休み自由研究から生まれてますよ。マジで、神すぎる。

参考になる、ドット絵NFTアート

OpenSeaのトッププレイヤーもドット絵を採用してますね。ただし、AIで自動生成してるかもです。創作の参考程度にする価値はアリかと。

質問②:OpenSeaでは、手数料がかかりますか?

初回出品だけ「ガス代」がかかります。
2回目以降は発生しないので、お財布に優しい。

目安としては、5,000円〜20,000円とお考えください。

ガス代は、イーサリアムの需給で決まるので「OpenSea=悪」ではないので勘違いなさらず。たとえば、2021年はバブルだったので、ガス代がエグかった。しかし、2022年は落ち着いたので比較的安めかと。

その他にも、下記のとおりです。

  • 出品の取り消し←キャンセル料
  • NFTを購入する←購入手数料
  • NFTをtransferする←エアドロやGiveawayなど


細々とありますが
初回出品だけ、とりま「ネック」です。

質問③:税金って、かかりますかね?…

仮想通貨の売上は「雑所得」でして
20万以上の売上なら、確定申告の対象です。

税金なんて、気にしなくてOK

なぜなら、売れないから。
残酷ですが、これが事実です。

税金を気にするのは、作品が売れてからであって、始める段階から気にする必要は一切ない。

というわけで、売れてから考えればOK。
大切なのは、まず「出品する」ですので。

税金については、無料で使える会計freeeを使えばラクチンです。僕も使いましたが、指先一つで終わるので、税務署に行く必要がない。というと、創作に専念できますね!

さぁ、NFTアートを出品してみよう

というわけで、明日の今頃には、NFTアートを出品できてるかと。最後にまとめます。

NFTアート作成にオススメ無料アプリ

  • その①:dotpict
  • その②:アイビスペイントX
  • その③:8bit Painter
  • その④:ドット絵エディタ
  • その⑤:Pixelable←イチオシ

未来につながる行動リンク

NFT化したモナリザ 【初心者向け】失敗しないNFTアートの出品方法【OpenSea】