【SEO】読者の心をワシ掴むメタディスクリプションの書き方【クリック率を爆上げする型とは?】

メタディスクリプションの書き方に悩む人

メタディスクリプション書き方って何?

メタディスクリプションの書き方って何?

読者の心を掴む書き方を知りたいです。

とはいえ、いつも考えるのがめんどくさいな…

サラッと書ける「型」ってないかな?

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • メタディスクリプションとは?
  • メタディスクリプションを書くときのポイント3つ
  • メタディスクリプションの具体的な書き方【型を紹介】

いつも、メタディスクリプションを
なんとなく書いていませんか?

本記事を読めば、、、

読者の心を一瞬でワシ掴む
メタディスクリプションの書き方がわかります。

なぜなら、「型」があるからです。

僕はいつも、この「型」を使っていまして
メタディスクリプションをサラッと書いてます。

本記事の「型」をきっちりマスターすることで
記事のクリック率をUPさせましょう。

メタディスクリプションとは?

タイピングで悩む男性

メタディスクリプションとは、記事の説明です。
つまり、検索画面に表示される説明書きのこと。

メタディスクリプションの概要

メタディスクリプションとは
検索画面に表示される記事を要約したものです。

たとえば、こんな感じです。

メタディスクリプションの説明画像

赤枠の部分です。
検索タイトルの下に、概要欄として表示されます。

押さえるべき特徴は、、、

  • 検索キーワードが太字で表示される
  • 表示される文字数(溢れた文字は…で表示)
  • 検索順位には影響されない (クリック率に影響)

上記3点が
メタディスクリプションの特徴です。

メタディスクリプションの実装方法

ほとんどのブログテーマには
下記のような欄が設けられています。

メタディスクリプションの場所

ここに
メタディスクリプションを書くだけですね。

メタディスクリプションを書くときのポイント3つ

デバイスと男女

メタディスクリプションを書くときは
3つのポイントがあります。

  • ポイント①:記事ごとに、必ず書く
  • ポイント②:キーワードと文字数を意識する
  • ポイント③:読者目線で書く

上記のとおりです。
それでは、一つずつ見ていきます。

ポイント①:記事ごとに、必ず書く

メタディスクリプションは
記事ごとに、必ず記述しましょう。

なぜなら、
心理的なクリック率に影響を及ぼすからです。

たとえば、こんな感じ。

  • 手順①:読者が、キーワードで記事を検索する
  • 手順②:まず、タイトルを見る
  • 手順③:同時に、説明欄も見る→ココ
  • 手順④:読みたいと思った記事を、クリックする

SEO的にはあまり影響ないとされていますが
メタディスクリプション欄は、必ず目にする箇所。

つまり、読者は記事の説明欄を見てから、
その記事を読むか判断します。

メタディスクリプション次第で
サイト訪問するか決まるといっても過言ではない。

メタディスクリプションは、かなり重要なので
記事ごとに、必ず書きましょう。

メタディスクリプションを記述しない場合

メタディスクリプションを記述しない場合
自動的に言葉が切り抜かれます。

冒頭の言葉からですね。

すると、キーワードや説明が不十分となり
意図しない記事概要が抽出されてしまいます。

メタディスクリプションは
記事ごとに、必ず記述しましょう。

ポイント②:キーワードと文字数を意識する

続いてのポイントは
キーワードと文字数について。

メタディスクリプションには、、、

  • キーワードが太字で表示される→SEOを考える
  • デバイスで表示される文字数が異なる→スマホユーザーのことを考える

といった特徴があります。
それぞれ解説します。

SEOを意識したキーワード

本記事の場合は「メタディスクリプション、書き方」がキーワード。つまり、このキーワードが太字で強調表示されます。

さらに、読者が記事の説明欄をパッとを見たとき、興味をそそるように書かれている必要があります。

おっ、この記事なんか気になるな...ちょっと、見てみよう。ポチっ...

適切な文字数

そして、メタディスクリプションには
適切なキーワードを混ぜつつ、100字前後に要約しましょう。

  • PC:全角で120字くらい
  • スマホ:75文字〜100字くらい

とはいえ、今はスマホ検索が主流ですので
75~100字で、書くことをオススメします。

流石に75文字なんて無理でしょ?
→あとで「型」を紹介しますので、ご安心を。

ポイント③: 読者目線で書く

上記のポイントを踏まえ
読者目線に立つことが超重要です。

  • 適切なキーワードを選ぶ→読者の悩みこそ、キーワード
  • 適切な文字数で書く→PCより、スマホユーザのことを考える
  • 読者にクリックを促す文章術で書く→つまり、読者の悩みを解決する

再度いいますが、、、

読者は検索したら、まず最初にタイトルを見ます。
次ぎ見るのは、メタディスクリプションです。

クリック率を促すには
効果的な「型」を使いましょう。

詳しくは、下記で説明します。

メタディスクリプションの具体的な書き方【型を紹介】

タイプライターと男女

その型とは、、、「三段構成」です。

型を使う理由は、適切なSEOキーワードを使いつつ、最低限の文字数でクリック率を上げたいから。事実、Googleはモバイルファーストを意識しています。

三段構成で、記述しよう

字数制限がわりとキツイので
下記を守りましょう。

  • 読者への問いかけ←主張
  • 記事の内容←具体例
  • 読者の行動を促す←主張

具体例で解説します。

「理由」を入れるとより論理的になりますが、文字数の関係で省略します。

2つの具体例で解説

メタディスクリプションの書き方を
「型」を使って紹介します。

本記事の型を使えば
誰でもサラッと書くことができるので、ぜひ試してみて下さい。

それでは、解説します。

具体例1:本記事の場合(71字)

キーワードは「メタディスクリプション 書き方」
文字数は、75~100字を想定しています。

キーワードを複数使う場合は、似た言葉を使うか省略します。→キーワードの乱用は、スパム扱いです。
1. 読者への問いかけ←主張

メタディスクリプションの書き方を知りたいですか?(24文字)

→読者は、「メタディスクリプションの書き方」について悩んでいるハズ。ここで問いかけて、読者の心をワシ掴む。
2. 記事の内容←具体例

実は、誰でもサラッと書ける「型」があるんです。(23文字)

→次に、記事の説明を分かりやすく示す。
3. 読者の行動を促す←主張

クリック率を爆上げするコツをマスターしましょう!(24文字)

→心理的に、読者のクリック行動を促す。

以上をまとめると、こんな感じです。

メタディスクリプション(71字)
メタディスクリプションの書き方を知りたいですか?実は、誰でもサラッと書ける「型」があるんです。クリック率を爆上げする書き方をマスターしましょう!

具体例2:別記事の場合(74字)

たとえば、下記の場合も見てみます。

>>【無料】サルでもできる!?WordPressブログの始め方を解説【たった10分で人生が変わる】

1. 読者への問いかけ←主張

WordPressブログの始め方を知りたいですか?(25字)

→まず、問いかけで読者の心をワシ掴む。読者は、WordPressブログの始め方を知りたいハズ。
2. 記事の内容←具体例

本記事では、エックスサーバーを使った始め方を解説します。(28字)

→次に、記事の説明をわかりやすく示す。
3. 読者の行動を促す←主張

たった10分の作業で、人生を変えませんか?(21文字)

→最後に、読者のクリック行動を促す。
メタディスクリプション(74字)
WordPressブログの始め方を知りたいですか?本記事では、エックスサーバーを使った始め方を解説します。たった10分の作業で、人生を変えませんか?

まとめ:「型」を使ってクリック率をUPさせよう

いかがだったでしょうか?

クリック率が爆上げすること
間違いなし「かも」ですw

最後に、本記事をまとめます。

メタディスクリプションの3つのポイント

  • 記事ごとに、必ず書く
  • キーワードと文字数を意識する
  • 読者目線で書く

上記のポイント3つを理解し
メタディスクリプションを書きましょう。

メタディスクリプションの型

  • 読者への問いかけ←主張
  • 記事の内容←具体例
  • 読者の行動を促す←主張

上記の型を使って
メタディスクリプションを書きましょう。

===

というわけで、今回は以上。
読者の心をワシ掴むメタディスクリプションの書き方でした。

本記事の内容をマスターすれば
わりと、誰でもサラッと書けるハズです。

今日から実践できるので
必ず、手を動かしましょうね。

本記事が、少しでもお役に立てたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。