【簡単】MAMPのインストール方法を図解付きでわかりやすく解説【中学生でOK】

MAMPのインストール方法を知りたい人

MAMPのインストールってどうやるの?

MAMPのインストールってどうやるの?
あと、WordPressを使ったローカル環境をしたいんですが、チンプンカンプン。

そもそも、プログラミング初心者なので、英語とか苦手すぎる。あー、挫折しそう。絶望すぎる。人生オワタ。

中学生の僕にでもわかるように、環境設定も含めて教えてください。

こんなお悩みを解決します。
本記事を読むと、Mac環境でMAMPを使い、WordPressのローカル環境開発ができるようになります。

作成途中のコンテンツを途中で公開したくない場合は、まずローカル環境で開発を進めましょう。

✔︎本記事の内容

  • MAMPのインストール方法を図解付きでわかりやすく解説

図解入りで解説します。
手順は、下記の3ステップ。

  • MAMPをインストール
  • MAMPの初期設定
  • WordPressのインストールと紐付け

そもそもMAMPとは?という方は、下記をご覧ください。ザックリとした解説です。

MAMPとは
MAMP(マンプ)とは、MacにApache、MySQL、PHPの環境をインストールできるアプリ。Mac自体がWEBサーバーになって、ローカル環境でWordPressなどの開発ができるようになります。

WEB制作では、わりと重要なステップですので、ぜひマスターしておきましょう。

本記事では、無料版MAMPの環境設定方法の解説です。有料版MAMP Proの方は、削除しておいてください。なお、Mac向けです。Mac→MAMP(マンプ)、windows→XAMPP(ザンプ)という感じ...

MAMPのインストール方法を図解付きでわかりやすく解説

図解付きで、手順を解説します。
中学生でもわかるレベルですので、安心です。

手順①:MAMPをインストール

まずは、下記より公式サイトに飛んでください。
>> MAMP公式サイト

下記の赤枠をクリック。

すると、下記の画面になるので、
Mac版の方をダウンロードしてください。

MAMPのインストーラーファイル(.pkg)が、
ダウンロードされます。

クリックして中身を確認。
「はじめに」→「続ける」をクリック。

「大切な情報」→「続ける」をクリック。

「使用許諾契約」→「続ける」をクリック。

「同意」して、「インストール」を選択。

1分くらいで、インストール完了。
なお、Pro版も入っているので、削除でOK。

「インストールの種類」→「カスタマイズ」から、「MAMP Pro版」を排除して無料版だけをインストールできるかもです。僕のは、できなかったみたいです。

手順②:MAMPの初期設定

「Finder」→「アプリケーション」→「MAMPフォルダ」から「MAMP.app(グレーの象さんマーク)」を起動します。

すると、下記の画面になります。

WEBサーバーは「Apache」、PHPは最新バージョンを選択肢してください。

「Preferences」から各種設定に入ります。

スタート・ストップ設定

「General」を選択。

上記のように設定すると、MAMP起動時に自動でサーバー接続し、終了時にサーバー停止するようになります。

ポート設定

続いてポート設定。

基本的に、デフォルトでOK。
上記のように設定しましょう。

サーバー・クラウド設定

ここは、特にいじらなくてOK。
以上で、MAMPの初期設定は終了。

次は、WordPressをローカルで動かす設定です。

手順③:WordPressのインストールと紐付け

やることは下記のとおり。

  • データベースの作成
  • WordPressのインストールと紐付け

とはいえ、むずかしくありません。
中学生でも簡単に設定できますよ。

データベースの作成

まず、MAMPを起動します。
右上の「WebStart」から「MySQL」→「phpMyAdmin」をクリックしてください。

すると、下記の画面にいきます。
データベースを作成しましょう。

「Databases」を選択します。
データベース名は、適当でOK。

テスト環境なので、「wp-test」とかでいいかと。
作成すると、新しくデータベースが追加されているハズです。

WordPressのインストール

まずは、下記よりWordPressをインストール。
>> WordPressのインストール

インストール後、解凍し中身を確認しましょう。
中身をすべて、MAMPフォルダの「htdocs」に移します。

なお、最初からhtdocs内に入っている「index.php」は削除するかリプレイスしてください。

ここまで完了したら、下記にアクセスします。

http://localhost:8888/

なお当然ですが、サーバーを起動していないと、上記URLにアクセスしても繋がりません。サーバーをONにしてからアクセスしましょう。

WordPressの紐付け

アクセスすると、下記の画面にいきます。
「さあ、始めましょう!」をクリックします。

次に、データベース情報を入力します。

  • データベース名:任意(設定したもの)
  • ユーザー名:root
  • パスワード:root
  • データベースのホスト名:localhost
  • テーブル接頭辞:そのまま(変更なし)

もし、データベース情報がわからなくても安心です。
先ほど紹介した、画像を参考にしてください。

こちら。
MAMP起動→「WebStart」から「MySQL」で見れます。

入力したら、送信。
サイト情報の入力画面に進みます。

サイト情報の入力

サイトタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを設定します。

ユーザー名とパスワードは、WordPressログイン時に必要ですので、記録しておきましょう。

すべて入力したら、「WordPressをインストール」をクリック。

お疲れ様でした。
これにて終了です。

実際にWordPressにログインできるか、確認してみましょう。

というわけで、今回はここまで。

Macユーザーが、MAMPを使いWordPressでローカル環境を構築する方法でした。

本記事の手順とおりに進めれば、中学生でも簡単なハズです。頑張って構築してみてください。

アディオス。