HSPとしてのたった一つの生き方【自分を認め行動しよう】

おはこんばにちは、HSPのミヤビです。

生きづらい日々を徐々に乗り越えつつあります。

先日、下記のツイートをしました。

HSPには生き辛い世の中。

特に学校と職場では消耗しやすい…

なぜなら、人との関わり合いで成り立っているから。

そこには、気遣い、期待、責任、協調性など目に見えない色んな重りを背負わされているように感じる。

他人の道を歩く人生より我が道を行く人生のほうがこれからは気楽

HSPは特に消耗すると思います。

日本はぱっとみ平和ですが、よく見ると人生に違和感を感じる人は多いのではないでしょうか。

生きづらいと…

生きづらいと感じる人

・なんか生きづらいなー
・HSPはどうすれば気楽になるの
・生きづらさから抜け出したい

上記の悩みを解決します。

この記事を読めば、僕と同じ悩みを持ったあなたを少し気楽にできるかもしれません。

参考までに、


HSPとはHighly Sensitive Personの略であり、ざっくりと繊細で過敏な人です。

  • 五感に過敏
  • 物事を深く受け止めやすい
  • 共感しすぎる
  • 結果、心身が疲れやすい

下記でHSPをざっくり紹介しています。

【HSP】繊細でつらいと感じるあなたは「HSP」かもしれません

HSPを知り精神的に気楽になった

僕は「HSP」という言葉に出会い救われました。

目に見えない、言葉では言い表せない「何か」の正体がざっくりとわかったからです。

目に見えない、言葉では言い表せない「何か」

つまり、生きづらさです。

そこで、HSPだから生きづらいのだと思うようにしました。

とはいえ、他人や社会を変えるのは難しい

自分は生きづらい気質なんだとわかっても、他人に理解してもらうことや社会を変えようとするのはむずかしい。

たとえば、、、

  • HSPやアスペルガーへの認識→甘え
  • ブラック企業で疲弊→甘え
  • 会社の飲み会→参加が義務
  • 満員電車→嫌だと思いつつも我慢

上記のとおり、「なんか社会はおかしいな」と感じても、みんなが受け入れてるからあなたも同じようにしなさいというのが日本社会の暗黙のルールです。

さらに日本社会では、他人への気遣い、他人への期待、責任、周囲との協調性などが重視されています。

ここにHSPの過敏や考えすぎる傾向が、生きづらさになって現れます。

自分を認める勇気が大切

まずは自分を認める勇気を持ちましょう。

なぜなら、他人や社会に期待するよりかは楽だからです。

そして、自分を認められると他者を認めつつ、行動も起こせます。

たとえば、上記の例でいうと

  • アスペルガーへの認識→HSPだからこそ理解が可能
  • ブラック企業で疲弊→消耗するだけだから辞める
  • 会社の飲み会→消耗しやすいから控える
  • 満員電車→乗らない

自分をHSPだと認めることができれば、自分を変えることができやすくなります。

逆に他人や社会に我慢し続けると消耗した人生になります。

他人はあまり期待しないほうがいい

本当に心から信頼できる人や家族は除いて、他人には無理に期待しないほうが気楽です。

結局は他人は他人です。

  • 小中高の人間
  • 職場の人間

果たして、どれくらいがあなたの味方でしょうか。

どれだけ腹を割って話せる関係でしょうか。

どれだけ、あなたを理解してくれる人がいるでしょうか。

悩みや自責思考が尽きないHSPの方々へ

よくある誤解として、甘え=ダメなやつという思考です。

そういう考えは、自分を苦しめる以外何も生み出しません。

多少周りが気にしてくれるかもしれませんが、他人はあなたにそこまで期待はしていないです。

たとえば、会社がつらいから休職を選択する場合ですが、ぶっちゃけ辞めて問題ないです。

代わりはいくらでもいるので…

自分を無駄に責めて無駄に悩むより、新たな可能性を求めて行動するほうがよっぽど人生に意味があります。

悩んだらすぐ行動したらいい

HSPの僕もたくさん悩んで行動してきました。

  • 高校のクラスが嫌→勉強し進学クラスへ移行
  • 大学の学部選択をミスった→必死に勉強し転部
  • ホワイト就職先に飽きた→辞めて国家公務員

悩んだら必死に行動することが解決への糸口です。

そうすることで、HSPとしての人生の歩み方が変わってきます。

「つらいなー」という消極思考から自分の人生を自分で切り開く面白さへと変化します。

そして人生を自分で切り開いていくと、次の悩みが出てくると思いますが、それはいい悩みです。

最適解の人生【HSP向け】

HSPの僕が今打ち込んでいるのが、、、

  • ブログ
  • プログラミング
  • YouTube

になります。

これはHSPにとって最適な仕事であると思います。

なぜなら、

  • 刺激の少ない環境で作業ができる
  • 時間や場所を選ばない
  • ひとりで作業にコミットできる
  • 収入に繋がる

しかし、上記は一般的に「怪しい仕事」と思われたりします。

ブログやYouTubeで稼げるのは一部の人と疑問視する人ばかりで、当の本人は行動しませんよね。

また、プログラミングは理系の人だけがやるものと決めつけます。

よって、ほとんどの人は、周りに合わせた仕事を選びがちになります。

HSPならわりと消耗する人生になります。

我が道を行く人生の方が気楽になる

HSPには他人の歩む道より我が道を行く人生をオススメします。

人生の焦点ってメインは「お金を稼ぐ」ですよね。

それが、会社員なのか公務員なのか自営業なのか、それとも経営者、芸能人なのかは人それぞれです。

お金を稼ぐにあたって悩みのタネが、収入や労働環境であったりします。

たとえば、プログラミングでこれから稼ぎたいなら、未経験、独学でもできます。

スクールに通うのも一つの手段ですよね。

そして、未経験でも募集しているエンジニア企業に一旦就職してスキルを盗むのもありです。

そして、そこで培ったスキルでフリーランスとして独立すれば、わりと気楽な人生になると思います。

なぜなら、プログラミングのメリットが

  • 刺激が少ない環境で作業できる
  • 場所や時間を選ばない
  • 一人でコミットできる
  • スキルを積めば、収入をあげることができる

などHSPにとっての苦痛が少ないからです。

終わりに

最後に僕がオススメするプログラミングスクールを紹介します。

TechAcademyさんのコースです。

自宅にいながらオンライン受講ができ、必ずメンターがつくので安心です。

質問もオンラインなので、すぐ返信が来ます。

これらは、未経験の文系でも始めやすいWebデザイン系のプログラミングです。

生きづらさから抜け出すためには、他人や社会に期待しても難しいです。

自分で行動し変わることの方が手っ取り早いです。

生きづらい→悩む→すぐ行動→悩む→行動→気楽な人生

人生の生きづらさからひとりでも多く抜け出せることを願っています。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。