文章をスラスラ読める!?正しい「が」の使い方【だから、あなたの文章は読みにくい】

箱からペンを持つ人の左手

文章に違和感を感じる人

正しい「が」の使い方を教えてください。

正しい「が」の使い方を教えてください。僕はブログを書いているのですが、どこか文章に「違和感」があって読みにくいと感じているのですが、何かいい方法はありませんか?

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • 文章をスラスラ読める!?正しい「が」の使い方
  • ザクザク文章にハサミを入れて、読者を惹きつける方法
この記事を書いている僕は、ブログ歴2年ほど。ブログで10万ほど稼いでいるので、信頼の担保になるのかと。

断言します。
文章で「が」を多用している人は、無能です。

文章をスラスラ読める!?正しい「が」の使い方

リュックに詰まった紙とペン

あなたは思考停止で「が」を使っていませんか?

日本人は「が」という言葉が大好き

「が」の使い方は、下記のとおりです。

  • ①:主語としての「が」
  • ②:接続としての「が」
  • ③:逆説としての「が」

①:主語としての「が」

「僕が〜」「あなたが〜」といった感じ。
これは、問題ないですね。

とはいえ、注意点もあります。
たとえば、下記のとおり。

ブログを書いていることが、幸せだ

あれ?「ブログを書いていることが」主語になっていますよね?正確には、「(僕は)ブログを書いていることが、幸せだ」となります。

しかし、この文章もどこかスッキリしませんよね?

②:接続としての「が」

先ほどの文章を、見てみましょう。

(僕は)ブログを書いていることが、幸せだ

上記は、前後の文章を「が」で接続しているに過ぎません。

これは「ブログを書いていること=幸せ」という構図ですよね?そして主語が省略されているので、「誰が?筆者が?」と違和感を感じる文章となっています。

もしかしたら、下記で解説する「逆説」の意味も想定されます。

つまり「筆者は、ブログを書いていることが幸せなのかもしれないけど、何か幸せじゃない一面もあるのかな?」と読者は捉えるかもしれません。

「僕は、ブログを書いていて幸せです」とすれば、違和感なくスッキリした文章になります。

③:逆説としての「が」

文章における「逆説」とは
前の文章を否定するときに使います。

たとえば、こんな文章を見てみましょう。

(僕は)ブログを書いているが、幸せではない

前の文章を否定しているので、逆説として機能しています。百歩譲ってOK。しかし、こうなったらどうでしょうか?

(僕は)ブログを書いているが、幸せです

あたかも「ブログを書くことが幸せじゃない」みたいなニュアンスになっています。

つまり、文章で「が」を使うと高確率で混乱します。その解決方法を、下記で解説します。

解決法←「が」を使わないことです

上記でも、感じたハズです。文章で「が」をなんとなく使うと、「文章が、死ぬ」ことを…

たとえば、こんな文章を見てみましょう。

  • 僕はブログを書いているが、まったく読まれない
  • 僕はブログを書いているが、徐々に読まれるようになってきた

超絶、違和感ありますよね?
もちろん、すんなり読めてしまうのですが…

僕レベルになると、文章で「が」を見るたびに寒気がします。

解決法は、下記のとおりです。

  • 解決法①:接続詞を使う
  • 解決法②:接続詞を使わない

解決法①:接続詞を使う

  • 僕はブログを書いている。けれど、まったく読まれない。
  • 僕はブログを書いている。おかげで、徐々に読まれるようになってきた。

「が」の代わりに接続詞を使うと、文章はかなりスッキリしますね。とはいえ「接続詞」を多用すると、キモくなります。そんな場合は、接続詞を使わないことをオススメします。

解決法②:接続詞を使わない

  • 僕はブログを書いているのに、まったく読まれない。
  • 僕はブログを書いているので、徐々に読まれるようになってきた。

どうでしょうか?
違和感なく、文章をスラスラ読めましたね?

このとおり、「が」を使わない方が圧倒的に文章は読みやすくなります。

文章で「が」を使うのは、やめよう

今日から、文章で「が」を使うのはやめましょう。
なぜなら、文章が読みにくくなるからです。

あくまで、接続的な「が」を使うのはやめましょう...ということですよ。勘違いなさらずに。

ザクザク文章にハサミを入れて、読者を惹きつける方法

ハサミで赤い線を切る男性

長い文章には、ハサミを入れて短くしましょう。
理由は、下記のとおり。

  • 理由①:文章のリズムをよくするため
  • 理由②:意味を分かりやすくするため
  • 理由③:読者の不安を和らげるため

理由①:文章のリズムをよくするため

一文が長い文章だと、読みにくい。
なぜなら、リズムが悪くなるから。

たとえば「リズムが悪い文章」とは、こんな感じです。

僕はブログを書いているのですが、どこか文章に「違和感」があって読みにくいと感じているのですが、何かいい方法はありませんか?

上記は、冒頭の文章です。
わざと、歯切れを悪くして書いています。

リズムをよくする方法

  • 「が」を使わない
  • 一文を短くする
  • 句読点を少なくする
僕は、ブログの文章に「違和感」を感じています。文章を読みやすくする方法は、ありませんか?

こっちの方が、リズミカルですよね?

文章にハサミを入れ、一文を短くする。
「が」を使わず、句読点を少なくする。

これだけで、文章はスッキリします。

理由②:意味を分かりやすくするため

文章の意味が分かりにくいのは
文中に「が」が多用されているからです。

この解決方法は、前半の記事で解説しました。

  • 解決方①:接続詞を使う←「けれど」「おかげで」など
  • 解決方②:接続詞を使わない←「のに」「ので」など

僕はブログを書いているのですが、どこか文章に「違和感」があって読みにくいと感じているのですが、何かいい方法はありませんか?

上記には、「が」というワードが「3つ」も使われています。どーりで、読みにくいわけです。小骨がノドに詰まっている感覚です。

意味を分かりやすくする、文章

意味を分かりやすくするため
「が」の代わりに、接続詞を使います。

僕は、ブログを書いています。しかし、文章に「違和感」を感じています。何か、いい方法はありませんか?

どうでしょう?ハサミを入れることで、文章が短くなりました。さらに「が」を接続詞に変換することで、違和感も減りました。

細切れ感が気になるなら、もっと削りましょう。
すると、こんな感じになります。

僕は、ブログに「違和感」を感じています。文章を読みやすくする方法は、ありませんか?

理由③:読者の不安を和らげるため

読者を焦らす”テクニック”がない限り
文章を、短くしたほうがいいです。

なぜなら、文章が長いと読者は内容を理解できず、不安になるからです。

日本語と英語の違い

日本語と英語の文章を比較してみましょう。
違いは、下記のとおりです。

  • 日本語:結論は、文章の最後にくる
  • 英語:結論は、主語の近くにくる
僕はブログを書いていることが、幸せだ。
I'm happy to write blog.

このとおり。英語だと「あんたは幸せなのね→ブログを書くことが」という順番でして、結論ファースト。だから、「書き手がどういった状況なのか」をあらかじめ理解して読み進めることができます。

しかし日本語だと、「私は、〇〇で▲ちゃんが××してたので、萎えて帰りました」みたいな冗長な文章になりやすい。これだと、結論である「動詞」の部分は、最後まで読まないと分かりません。

つまり、文章が長くなると結論がわからない。
だから、読者は「モヤモヤ」した気持ちになる。

結果、文章を読むのをやめます。

まとめ

本記事で、一番伝えたいことは
「が」を多用するな…ということです。

  • 主語としての「が」:使ってOK ※主語の省略に注意
  • 接続としての「が」:NG
  • 逆説としての「が」:OKだけど、避ける

解決方法

  • 接続詞を使う:「けれど」「おかげで」などでつなげる
  • 接続詞を使わない:細切れ感が気になるなら、「のに」「ので」などで代用

長い文章には、ハサミを入れろ

  • 文章のリズムをよくするため
  • 意味を分かりやすくするため
  • 読者の不安を和らげるため

本記事で紹介した文章術は、仕事でも役立ちます。
読みやすい文章で、読者にストレスを与えないようにしましょう。

おわり。