【事実】日本は、生きにくいと思う【死ぬ前に、逃げよう】

ごきげんよう、ミヤビです。

 

今回は、少し暗い記事となってしまいます。
自殺、うつ、大麻…。

 

最近、悲しみの連鎖が続いているように思う。
これは、現代だからこその弊害ですよね。

 

この問題に対しては、根本的な解決はむずかしいと思う。
なぜなら、他人や社会を変えるのは無理ゲーだから。

 

「逃げる」、これに尽きる…。
そして、方向性が大事。

 

とはいえ、「逃げる→死」は意味不明。
思考と感情が飛躍しすぎです。

 

平和な世の中になるよう祈りつつ、記事を書いていきます。

 

なお、この記事は、noindexに指定しておりますので、Googleにヒットされることはありません。それに、コメントもできなくしております。

 

【事実】日本は、生きにくいと思う

 

「生きにくい」と感じる人はわりと多いハズ。
それは、「メンタルが弱いから」ではない。

 

僕的に、国民性と日本社会の問題。
なお、これらを変えるのはぶっちゃけ、無理ゲー。

 

なので、個人で変わっていかないと、キツイ。

 

そもそも、ウェルテル効果とは?

 

ところで、「ウェルテル効果」ってご存知ですか?
「若きウェルテルの悩み」の、ウェルテルです。

 

そして、ウェルテル効果は下記のとおり。

 

・自殺率は報道の後に上がり、その前には上がっていない。
・自殺が大きく報道されればされるほど自殺率が上がる。
・自殺の記事が手に入りやすい地域ほど自殺率が上がる。 wikipediaより

 

つまり、自殺報道があると、、、自殺する人が増える傾向にあるということ。

 

これは、歴史的にわりと事実。
特に、影響を受けやすいのが、若年層。

 

報道やSNSコメントが、悲しみの連鎖を引き起こす

 

今の時代は、情報の拡散がエグい。
SNSやニュースコメントは、うつや自殺への助長の塊ですね。

 

名の知れていない個人であろうと、インフルエンサーや有名人であろうと、批判コメントを見続けると、わりとメンタル崩壊すると思う。

 

そして、、、「マスゴミ」だと思う。
報道の仕方を見直していく必要があるハズ。

 

コメントは、できないようにすべき

 

結論、自殺記事に対するコメントやSNS発信は、AI判断で投稿できないようにするべき。

 

たとえ、「お悔やみ申し上げます」的なコメントでも、全面禁止にした方がいいハズ。

 

なぜなら、視覚に文字情報が入るから。
心理的に負の影響を与えかねない。

 

そんな思いは、心の中で納めておけばいいハズ。

 

一つのメッセージが世界中に拡散するわけなのだから、悲しみの海になる。
悲しみの海は、青の渦に沈みこむハメになる。

 

YouTubeやtwitterの炎上を見ても明らか。
実際に、匿名批判が原因で、自殺する人は少なくない。

 

国民性と日本社会の問題

 

結論、日本人の国民性と日本社会に問題がある。

 

日本人の国民性には、厄介なところがある。

 

たとえば、、、

 

  • 他人を、褒めない
  • 大人数で、陰口をたたく
  • マウントを、とる

 

義務教育からこんな感じだから、社会がおかしくなっていく。

 

あと、他人に期待しすぎること。
期待が裏切られると、みんなでたたく。

 

そして日本社会は、、、案の定ヤバイ…。
(直接的な繋がりはないかもですが…)

 

  • 満員電車で、通勤
  • 仕事終わりの、上司の誘い
  • 他人を蹴落としてまで、出世

 

上記は、ほんの一部ですが、今の日本社会に明るい未来は見えにくい。

 

すべて、ストレスの原因になる。
ひいては、うつや自殺につながってしまう。

 

どう、個人が変わっていくのか…

 

人生に絶望するのは、無理に一人で解決しようとしたり、その環境に留まってしまうから。

 

つまり、、、

 

「逃げ道」が見えない人が多いということ。
「逃げたら、負け」と思い込んでいるということ。

 

  • 子育てがつらい:夫は仕事を辞めてまで、妻をサポートすべき
  • 仕事がつらい:辞めても、死なない
  • 人生がつらい:海外に、逃げましょう

 

日本人は、「それは、甘えだ」「逃げだ」という。

 

「俺の時代なんか、ブン殴られながら仕事やっていたよ〜」「セクハラなんて当たり前だよ」「ここで逃げたら、一生逃げ続ける人間になるぞ」

 

今の時代、そこに耐えても、人生はゆたかにはならないことに気がつき始めている。

 

でも結局、社会は平気で裏切ることを薄々気づいているのにもかかわらず…。

 

人は、いづれ死ぬ

 

人は、いづれ死にます。
ここには原則、抵抗できない。

 

必死に生きるか、必死に死ぬか

 

「ショーシャンクの空に」という映画の名言です。
そして、僕が思うこと。

 

「必死に生きている人間だけ、必死に死ぬ決断ができる」です…。

 

自ら命を断つのは、人生を必死に生きた証拠。
逆にいうと、必死に生きていない人は、自分で死ぬことはできない。

 

苦しんで、悲しんで、もがきにもがいて、それでも未来に希望が見出せない、そんな心理状態になってしまうのが「今の日本」のような気がする。

 

とはいえ、いつの時代でも「死」からは目をそらすことはむずかしい。
感情がある以上、「死」は友達…

 

きっと、順番がある

 

「自殺」には、何か順番的なモノがあると思う。

 

自分の役目を果たし終えたら、それが「順番」ということ。

 

でも、選ぶのは誰でもなく、自分自身ですよね。

 

どっちが正しいかなんて、誰にもわからない。
選ぶのは、あなた。

 

死ぬ前に、逃げよう

 

「今がつらい→死ぬ」って、思考が飛躍しすぎな気がします。

 

まあ、それくらい追い込まれている気持ちはわかりますが。

 

ポケモンの戦闘シーンでも、「逃げる」という選択肢がありますよね。

 

成功者は、基本、逃げています。
僕も、わりと逃げています。

 

僕は国家公務員のとき、一時期仕事がつらすぎて「死にたい」と思っていました。

 

でも案の定、死ねなかったんですよね。
なぜなら、必死になれなかったから。

 

仕事が辛くても、クビにならないし、給料もわりともらえていましたし、なんだかんだいうと日本はイージーだなと思っていました。

 

別に、学校とか民間企業でも同じですよ。
つらいかもですが、ぶっちゃけイージーな世界です。

 

今はコロナで経営がキツイとか仕事がないとか思うかもですが、わりと「撤退」の判断って重要だと思います。

 

「巨人の世界」や紛争やテロ、飢餓や病気で苦しんでいる世界の方がよっぽど、残酷ですよ。

 

というわけで、日本は余裕です。
逃げても、死にません。

 

市役所に行って、ちょろっと手続きすればOK。
ニートになり、暇な時間で好きなことでもどうぞ。

 

はい、というわけは今回はここまで。

 

僕たちは、なぜを追求したくなりがち。
でも、辞めましょう。

 

どうせ、世の中では「なぜ記事」が量産されます。
無意味です。

 

その人は、記憶の中に残り続けます。
死者に意味を与えるのは、今を生きる僕たち。

 

アディオス。