【無料配布】WEB制作フリーランスで案件受注できる見積書の作り方【テンプレあり】

【無料配布】WEB制作フリーランスで案件受注できる見積書の作り方【テンプレあり】

悩む人

WEB制作フリーランスだけど、見積書の作り方がわかりません。

WEB制作のフリーランスだけど、見積書の作り方がわかりません。世の中にある「テンプレ」を信じても大丈夫かな?見積書を作成する時間を減らし、案件受注できる無料テンプレがあればいいのにな…

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • WEB制作フリーランスが案件受注できる見積書の作り方
  • WEB制作フリーランスが案件受注できる見積書無料テンプレ
この記事を書いている僕は、WEBフリーランス歴1年ほど。WEB制作で案件を受注しているのですが、見積書からの受注率は9割ほど。僕が解説する「見積書のテンプレート」を使えば、案件受注はカンタンですよ。

本記事では、WEB制作のフリーランス向けに、誰でもサクッと案件受注できてしまう「見積書の作り方」を解説します。

記事の後半では、無料テンプレートを配布しますので、ぜひ実践に役立ててくださいね。

WEB制作フリーランスが案件受注できる見積書の作り方

WEB制作フリーランスが案件受注できる見積書の作り方

ポイントは、下記のとおり。

  • ポイント①:費用項目を細分化する
  • ポイント②:価格設定を3つ用意
  • ポイント③:提案文を入れる

世の中には「見積書テンプレ」だけな場合が多い。しかし、それだと案件は受注できないかと。なぜなら、提案の意識が欠けてるから。さらに「心理テク」を使うことで、相手の心を操作できるって感じです。

ポイント①:費用項目を細分化する

費用項目は、細分化すべき。
なぜなら、相手に信頼感が生まれるから。

試しに、下記で比較してみましょう。

パターン①:細分化してない見積書

  • サイト制作費:20万
  • WordPress導入費:10万
  • 合計:30万円

これだけだと「ん?」ってなりませんか?

パターン②:細分化した見積書

  • サイト設計&デザイン:5万
  • トップページ制作費:5万
  • 下層ページ制作費:2万×5p
  • WordPressインストール費:5万
  • WordPress初期設定費:5万
  • 合計:30万円

誠意がUPしたかと。

あなたなら、どちらの見積もり提案を選びますか?

たぶん、パターン②かと。
これなら、サイト制作依頼に”信頼感”が生まれます。

できる限り、費用項目は細分化させましょう。

ポイント②:価格設定を3つ用意

価格は、必ず3つ用意してください。
売りたい商品価格を、真ん中に設定します。

松竹梅理論ってやつですね。
この心理テクを使うと、真ん中が選ばれます。

  • Aプラン:10万円
  • Bプラン:  5万円
  • Cプラン:  3万円

どうでしょうか?
真ん中を選びたくなりませんか?

人間の心理として、極端な選択を避ける傾向にあります。これを利用します。

あと余談ですが、高い順で「縦」に並べましょう。

選択肢が「2つ」はダメ

AとBで比較させる心理テクもありますが、これだと「重く」ないですか?

本件の目標は「案件受注」ですので、見積書+提案文+心理テクといった、さまざまな武器を使います。

つまり、相手の心理的な負担を減らしつつ、自然とコンバージョンに結びつける工夫が大切です。

選択肢が「4つ」以上もダメ

選択肢がありすぎると「買わない」思考が発生します。これだと、案件受注に結びつきにくいのでNGです。

ポイント③:提案文を入れる

提案文を入れると、返答率がUPします。
なぜなら、「返報性の原理」が働くから。

  • 提案①:テンプレートを使うと、価格を抑えられますよ
  • 提案②:テンプレートを使うと、短時間で納品できます

こんな感じ。

あなたもプレゼントをもらったら「お返しをしなきゃ」と考えますよね?

これが「返報性の原理」です。こういった心理テクを提案文に混ぜると「ちょっと話を聞いてみるか」とあなたに興味を持つようになります。

上記をミックスさせた提案文

サイト制作は、下記の料金で承っております。

Aプラン:30万円
Bプラン:20万円
Cプラン:7万円

詳しい見積りプランに関しては、下記からご覧ください。
>>見積書のプラン

なお、「テンプレート案件」もございまして、こちらをご利用いただくと、Bプランで10万円~で承ることも可能です。最大で10万円のお値引きとさせていただきます。工数の削減より、1週間ほどで納品が可能となっております。お急ぎの方にぜひオススメな料金プランとなっております。

ぜひご検討いただければと思います。なお、正式な見積書については、料金プランが決まり次第、お渡しします。

どうでしょうか?
ちょっと、話を聞いてみたくなるかと。

料金プランを3つ提示しつつ、相手のメリットになる「提案」を混ぜる。すると「返報性の原理」から、返信率がUPする…という一連の流れです。

ぜひ、応用させてみましょう。

WEB制作フリーランスの相場観とは?

フリーランスに相場はあってないようなもの。しかし、駆け出しフリーランスの単価は「3万〜5万」が目安かと。

中には、タダでいいからお仕事ください(実績のために)という人もいますが、あまりオススメしません。労働の対価として、報酬はもらうべきでして、タダ働きで仕事すると、モチベが未来に繋がりません。というと、その企業やクライアントに対しては、仕事をする長期メリットがない。

交渉次第で報酬単価の値上げもできます。最初の価格設定としては「5万」くらいでちょうどいいかと。

「いや、それだと安すぎでしょ」と思うなら、あなたの技術次第ですね。僕の知人は、1件100万で受注してましたので。その代わり、作業量が100ページ以上とかエグいですが。

WEB制作フリーランスが案件受注できる見積書無料テンプレ

WEB制作フリーランスが案件受注できる見積書無料テンプレ

見積書の無料テンプレです。
適宜、変更してお使いください。

無料テンプレを配布

見積書の無料テンプレ

見積書の無料テンプレ

赤文字を変えていただければと。
下記より、ダウンロード可能です。

>> 見積書の無料テンプレはこちら

見積書とセットで、下記のポイントを抑えるべし。

  • ポイント①:費用項目を細分化する
  • ポイント②:価格設定を3つ用意
  • ポイント③:提案文を入れる

というわけで、今回は以上です。
無料テンプレで、見積書の作成時間を減らしましょう。

WEB制作で納品後に行う請求書の作り方 【無料配布】WEB制作で納品後に行う請求書の作り方【テンプレあり】 WEB制作とプログラミング言語 【保存版】WEB制作の完全独学ロードマップ【未経験/月5万】

本記事で紹介した心理テクを学べる書籍