【裏技あり】退職前にクレジットカードって作るべき?【YES→作らないと損します】

退職する人

退職前クレジットカードを作っておいた方がいいですか?

退職前にクレジットカードを作っておいた方がいいですか?
退職後にまったりクレカを申し込んでもいいんじゃない?

ちなみに、退職後はニート予定っす。

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • 退職前にクレジットカードって作るべき?【YES→作らないと損します】
  • セルフバックでおすすめなクレカ3つ【便利な裏技も紹介】

本記事では
退職前にクレカを作るべきかを解説します。

結論、持っていないなら必ず作るべきです。

理由はかんたんで、、、
ニートになると審査に通りづらくなるからです。

クレカの審査基準は
「安定継続収入のある方」ですので。

支払い能力が高いサラリーマンのうちに
サクッとクレカを作っておきましょう。

なお本記事では
お特にクレカを作る「裏技」もご紹介します。

本記事を見ることで
学校では決して教えてくれない
お金と人生の立ち回りを勉強していきましょう。

退職前にクレジットカードを作るべき?【YES→作らないと損します】

クレカを持っていないなら作るべきです。
自己アフィリエイトで作っておきましょう。

ちなみに、裏技というのは「自己アフィリエイト」を使ったセルフバックです。こちらを使うとクレカを発行できるだけでなく、無料でお金も稼げてポイントもゲットできます。ふつうにクレカを申し込んでも、ポイントがもらえる程度です。

セルフバックを使ったクレカの魅力

セルフバックを使ってクレカを申し込むと
お金を稼ぎつつ、ポイントもゲットできますよ。

「アフィリエイトとかなんか怪しいゾ」と思っているあなたは、わりと損しています。デメリットは個人情報をASPに登録する手間くらい。いづれも大手ASPで名が知れているので安心ですよ。

楽天カードをセルフバックで申し込むと

たとえば
クレカで圧倒的人気な「楽天カード」

A8.netのセルフバックで申し込むと、今なら
カード成約953円+最大5,000ポイントをゲットです。

しかも、年間費も永年無料なので
かなりお得にクレカをゲットできちゃいますね。

エポスカードをセルフバックで申し込むと

こちらも大人気な「エポスカード」

A8.netのセルフバックで申し込むと、今なら
新規カード発行6,000円+2,000ポイントをゲットです。

年間費も永年無料です。

ふつうに申し込むより
セルフバックで申し込む方が超お得ですね。

各ASPやキャンペーン期間によって、上記の金額やポイントは変動します。

セルフバックの具体的な手順

ここまで読んだあなたは
きっと、このように感じると思います。

なんか俺もセルフバックしたくなってきたわー
セルフバックで稼げるとか最高じゃん!

というわけで
お得にクレカを申し込むセルフバックの手順を解説していきます。

お得にクレカを申し込む手順

STEP.1
ASP登録

まずASPに登録し、セルフバックを活用します。
詳しくは、下記の別記事で解説しています。

STEP.2
セルフバック経由で申し込む

欲しいクレカをセルフバック経由で申し込む。
条件を達成すると、ポイントや報酬をゲットできます。

STEP.3
報酬ゲット

クレカだけでなく他の商品も合わせると
10万くらいはゲットできるので、ぜひご活用を。

たったこれだけ。
かんたん3ステップです。

詳しくは下記を参考にしてみてください。
サクッと申し込めるので、誰でもかんたんです。

【秒速】アフィリエイトセルフバックで今すぐ5万を稼ぐ方法【注意点あり】

退職前にクレカを作るべき理由

クレカの発行には「審査」があります。
つまり、支払い能力の証明ですね。

コイツには支払い能力がねーな…
お金を貸すのに信用できねーな…

などと判断されたら、不合格通知が届きます。

クレカ会社は「この人って本当にお金返せるの?」っていうのを審査します。実際にクレカの利用額が引き落とされるのは、月末が多いですよね。というと、その人に信用を前貸ししているのと同じなんですよ。

サラリーマンは毎月給料をもらえるので
支払い能力の信頼性は、わりと高めです。

とはいえ、借金や奨学金がある方は
審査に通りづらくなるかもです。

ちなみに、以前の僕は国家公務員でしたが、審査で落ちたことは一度もありませんね。控えめにいって公務員は神でして、不動産の賃貸契約やカード審査でも、相手は「どうぞどうぞ」という感じになります。

しかし、退職後や転職前、休職期間中などは
収入が不安定になりやすく、審査に通りづらい。

また、個人事業主やフリーランスも
支払い能力の信頼性が低めで
クレカの審査も通りづらいです。

だから、サラリーマンのうちに申し込めば
ストレスなく発行できます。

退職前にサクッと
クレカを作っておきましょう。

注意点も解説

クレカを申し込むときは
いっぺんに申し込んではダメです。

月に1,2回までが限度。

短期間に何枚もクレカを申し込むと
多重申し込み」に該当し審査に通りません。

貸倒れのリスクが大きいと判断されるからです。

たぶん、ブラックリストに載るので
審査に通ることはないでしょう。

退職前から
計画的にクレカを申し込みましょうね。

セルフバックでおすすめなクレカ3つ【便利な裏技も紹介】

ここからはセルフバックで
おすすめなクレカを紹介します。

おすすめなASPはA8.netアクセストレードですね。ぶっちゃけそれ以外のASPだと、クレカはほとんどないです。とはいえ、ASPはすべて登録しておくべき。

セルフバックでおすすめなクレカ

クレカは海外でも使えるように
複数枚は持っていた方がいいです。

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • dカード/dカードゴールド

上記はすべて申し込みましょう。
セルフバックで申し込むと、5万近く稼げます。

上記以外にも
リクルートカード、JCBカード、JALカードなど
欲しいカードは全て申し込んでおきましょう。

サブでクレカを持っておけば、万が一に紛失や盗難、ATMから引き出せなくなった場合に、保険としてカバーできるので。あと、海外旅行保険を延長する裏技もあるので、複数枚持っておくことに損はないです。

楽天カード

楽天カードは
ぜひ申し込んでおきましょう。

セルフバックで申し込むと約6,000円もゲット。

A8.net:953円+最大5,000ポイント
アクセストレード:953円+最大5,000ポイント

さらに
楽天カードのいいところは

  • 年間費が永年無料
  • ご利用可能額が最高100万円
  • ポイント還元率は1%(100円につき1ポイント)
  • 楽天カードを使い楽天市場で買い物すると、ポイント3倍
  • VISA、Master、JCB、AmericanExpressから選べる
  • ETC、家族カード、カード盗難保険、海外旅行保険(利用付帯)

持っておいて損がないですし
海外保険も付いてくるので安心です。

エポスカード

エポスカードも大人気クレカです。
こちらも、申し込みましょう。

なんと、エポスカードは
A8.netで申し込むと、報酬が約2,000円も高いです。

A8.net:6,000円+2,000ポイント
アクセストレード:4,150円+2,000ポイント

お得な特典も盛りだくさんです。

  • 年間費が永年無料
  • 友達紹介でさらに4,000ポイント
  • 全国10,000店舗以上で優待価格
  • ポイントUPサイトで2~30倍
  • 200円ごとに1ポイント
  • ETC(無料)
  • 海外キャッシング
  • 盗難、紛失時の全額補償
  • 海外保険500万(自動付帯)
僕はエポスゴールドなのですが、年間ご利用額が一定額以上だと、年間費が永年無料のエポスゴールドに招待されます。海外保険も1,000万まで格上げです。

dカード/dカードゴールド

ドコモユーザーの方は
持っておきたいクレカです。

ドコモユーザーでなくとも
100円ごとに1ポイント貯まりますのでご安心を。

A8.net:3,000円/23,500円+最大8,000/20,000ポイント
アクセストレード:セルフバックなし

こちらもメッチャお得です。

  • 年間費が永年無料/11,000円
  • ETC(初年度無料)
  • 家族カード(無料)
  • VISA、Mastercard
  • 海外・国内旅行保険、海外緊急サービス、海外レンタカー優待サービス、VJデスク(29歳以下)
  • 海外旅行保険最大2,000万円、国内旅行保険最大1,000万円
  • 海外旅行保険最大1億円、国内旅行保険最大5,000万円(GOLD)
  • d払い(0.5%)+dポイント提示(1%)+dカード決済(1%)で2.5%の還元率
  • 携帯料金10%ポイント還元(GOLD)

個人的にはdカードゴールドがオススメ。

年間費は11,000円ですが
年間110万クレカ払いすれば回収できます。

さらに、家族カードも1枚無料ですので
2人で年間11,000円は安いです。

携帯料金や水道光熱費、買い物など
メインの支払いをdカードゴールドにしておけば

dポイントで年間費を余裕で回収できます。

しかも、海外旅行保険も1億ついてくるので
dカードゴールド1枚で事足りますね。

クレカを使った海外旅行の裏技

ここでクレカを使った裏技を紹介。

自動付帯と利用付帯、2つのクレカを使うと
海外旅行保険を2倍にできるんです。

クレカには海外保険がついていますが
「自動付帯」と「利用付帯」があります。

  • 自動付帯:所有しているだけで、保険が適用される
  • 利用付帯:クレカで旅行代金や交通機関の支払いをすると、保険が適用される

ざっくりとこんな感じ。

クレカ付帯の海外旅行保険の期間は最大90日までが多いですが、裏技を使うとなんと180日まで海外旅行保険を延長できます。

裏技:海外旅行保険を2倍にする方法

自動付帯と利用付帯がついているクレカを
それぞれ用意しましょう。

裏技を利用すれば
旅行会社の保険に入らなくても結構です。

STEP.1
自動付帯

自動付帯のクレカで航空券を買い
90日の海外旅行保険を適用させます。

STEP.2
利用付帯

90日の期限に近づいたら、利用付帯のクレカで
現地の交通費などを支払います。

上記を行えば
海外旅行保険を180日まで延長できます。

たとえば、、、

  • エポスカード:自動付帯→エポスカードで航空券を買う(出国してから90日が保険有効)
  • リクルートカード:利用付帯→90日目に、現地の交通機関をリクルートカードで精算(追加で90日延長)

はい、これで
無駄に旅行会社の保険に入らずに済みますね。

実をいうと、3回目以降も利用付帯クレカで延長できます。わーいヽ(・∀・)ノ

知る人ぞ知る裏技ですが
海外に長期滞在する人は、ぜひ利用すべきです。

ただし、残念なお知らせ
楽天カードは利用付帯なのですが、裏技を利用できません。出発前の決済が海外旅行保険の適用条件です。さらに改悪され、公共交通乗用具の支払いによる90日の延長もできなくなりました。

2020年10月1日より、ご利用条件が変更となりました。公共交通乗用具の利用ではご利用条件を満たさなくなります。| https://www.rakuten-card.co.jp/overseas/insurance/

退職前に、必ずクレカを作ろう

退職前には
必ずクレジットカードを作っておきましょう。

サラリーマンを辞めてから
クレカを発行するのは面倒なので。

普段の買い物からポイント還元
海外保険の延長やラウンジの無料利用など
お得な特典もたくさんついてきます。

会社を辞めようと思っていて
のほほんとしていると人生で損しますよ。

本記事が少しでも
あなたのお役にたったら幸いです。

===

というわけで今回はここまで。

本記事で紹介したセルフバックで申し込めば
クレカを発行しつつ誰でもかんたんに、お金を稼ぐこともできます。

決して怪しいサービスではないので
本記事をみたら、ぜひ挑戦してみましょう。

クレカであなたの人生に潤いを。