【書評】『読みたいことを、書けばいい』を読んだ感想・まとめ

【書評】『読みたいことを、書けばいい』を読んだ感想・まとめ

悩む人

読みたいことを、書けばいい」の感想を教えてください。

「読みたいことを、書けばいい」の感想を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • 「読みたいことを、書けばいい」を読んだ感想・まとめ
  • 「読みたいことを、書けばいい」の注意点
この記事を書いている僕は、ブログ歴2年ほど。本書籍を読了済みでして、ブログに活用しています。

本書は「読んで自分が楽しい」と感じる文章を書くことを学べる1冊です。なぜなら、一番最初に読むのは「自分」なのですから。自分が「面白い」と感じない文章など、他人が読んでもつまらないですので。

著者「ひろのぶ」のツッコミが散りばめられてて、読んでて「クスッ」と草です。

僭越ながら、パクらさせていただきますね。
あっでも、書籍を紹介してるので許してクレメンス。

読みたいことを、書けばいい

著者:田中泰延
出版:ダイヤモンド社
値段:本体価格1,500円+税
評価:★★★★☆

※ 本書は、文章のテクニック本ではないです。むしろ、テクニックなど必要ありません。文章を書くための思考論を学べる良書となっています。書くスキルを身につけるには、当たり前ですが「書き続ける」必要があります。そんな「書く」ための思考論を「楽しく」学べますので、ポチって損はしないかと。>> 読みたいことを、書けばいい

『読みたいことを、書けばいい』を読んだ感想・まとめ

『読みたいことを、書けばいい』を読んだ感想・まとめ

ブロガーへの「ヒント」です。

「ライターになりたい」「自分の思いを届けたい」「バズる記事を書く方法を知りたい」「上手な文章の作法を身につけたい」「書くことで生計を立てたい」だが、ほとんどの人はスタートのところで考え方がつまづいている。最初の放心が間違っている。その前にまず方針という漢字が間違っている。出発点からおかしいのだ。偉いと思われたい。おかねが欲しい。成功したい。目的意識があるのは結構だが、その考えで書くと、結局、人に読んでもらえない文章ができあがってしまう。

うっ、頭が...

では「読まれる文章ってなんだろう?」という疑問があると思います。個人的に「グサッ」と心に刺さった3つのポイントを解説しますね。

  • ポイント①:ターゲットなど想定しなくていい
  • ポイント②:物書きは「調べる」が9割9分5厘6毛
  • ポイント③:文字がそこへ連れていく

機械的にいえば、SEO対策の知識は必須。そもそも、Googleからインデックスされなければ、検索に載ることはないので。ただそれだと「モノ書きとして、面白くないよね?」ってのが感想かと。検索上位「アフィリエイトの稼ぎ方」に、正解などないですよ。

ポイント①:ターゲットなど想定しなくていい

誰に向けて書けばいいのか?
結論、自分でOK。

確かに、「ペルソナを明確にしなさい」という風潮もありますが、それってどうなんでしょう?本書でも述べてますが「20代の女性に響く書き方」をわかる50代男性がいるもんなら、とっくにモテてるハズですよね?

つまり、ターゲットを想定するのは不毛でして、「常に自分」に向けて書けばいいことを著者は述べています。というのも、その文章を最初に読むのは、間違いなく自分ですので。

まず、『鏡の中の自分』から変えよ

マイケルジャクソンの名曲「マン・イン・ザ・ミラー」にもあるように、「鏡に映る自分」から変えなきゃ世界なんて変えれないハズですよね?デートに行くときも、鏡で身だしなみを必ずチェックするように、文章も「鏡の中の自分」に向けて書けばいいのです。

不特定多数に向けて声を届けようとすると、逆に誰からも読まれなくなります。まず、「鏡の中の自分」から変えよ。

行列に並ぶ赤い男性 【本質】ブログでペルソナ設定する方法【マイケルジャクソンから教わった】

ポイント②:物書きは「調べる」が9割9分5厘6毛

つまり、書く前に「徹底的に調べろ」ってこと。

  • 徹底的に事実を調べ上げる
  • その調べた事実の9割をすてる
  • 残った1割の事実に「1割の感想」を書く

上記のとおり。

つまり、ライターの考えなど全体の1%以下でよいし、その1%以下を伝えるためにあとの99%以上が要る。「物書きは調べることが9割9分5厘6毛」なのである。

文章の主役は、常に「読者」です。
自分語りは、本でも雑誌でもブログでも不要。

読書感想文では、飯は食えん

日本の悪しき伝統教育…「読書感想文」…

この本を読んで、楽しかったです先生!...ってやつですね。

ぶっちゃけ、モノ書きの世界では生きていけません。というのも「アンタの感想など、誰も興味ない」からですね。

本記事のタイトルも「感想」と入れてますが、読書感想文ではないですよ。これは「僕の感想」を書いても、読む人の心を動かせないからです。意識すべきことは「読者の心を動かす」ことでして、具体的には「本をポチる」です。

そのためのセールスライティングを随所に散りばめています。

ポイント③:文字がそこへ連れていく

言葉を心のポケットに閉ざすなど、モッタイない。

言葉を文字に翻訳し、インターネットという大海原に放出すべきです。そうすることで、人との出会いやビジネスの基礎を学ぶことができ、人生に「潤い」が生まれます。

たとえば、下記のとおり。

  • ブログでお金を稼ぐ
  • 読者から「会いたい」と言われる
  • 企業からライティングオファーがくる

まさに「文字がそこへ連れていく」ですね。いうまでもなく、文字を書かなければ、こういった旅を経験できません。辛く長い道のりかもしれませんが、僕も「いつかの景色」を見れるよう、コツコツ記事を書いていこうと思います。

『読みたいことを、書けばいい』の注意点

『読みたいことを、書けばいい』の注意点

ズバリ、エッセイを書いても稼げません。

ブログでエッセイを書いても、稼げません

本書でも、エッセイのテーマが登場します。
エッセイというのは、随筆のことです。

事象と心象が交わるところに生まれる文章

筆者いわく、上記が「随筆の定義」ですが、ちょっと意味不明ですよね。

しかし、随筆の定義とかはどうでもよく、ネットで検索されるには、少なくともSEO対策が大切ですよという話。もしくは、SEOは無視しつつも、SNSなどで濃い読者を獲得していくとかですね。

どの道、「読者に役立つ記事」+「文体」+「SEO」がすべてなので、読みたいことだけを書いてたり、書きたいことを書いてるだけじゃ、それはゴミ記事になるかと。

なので、本書でも述べてるように「読む人が主役」になれる記事でないとNG。そのためには「文字が少ない」方が読みやすいですし、著者のような「ツッコミ」のある文体も読者を楽しませるサーヴィスなのかと。

ブログでエッセイを書いても稼げません【書きたいことを書くな】 ブログでエッセイを書いても稼げません【書きたいことを書くな】

読み終えた、感想

正直、「田中泰延の文体」が好きになりました。
顔は好きになれないけど…

まぁでも、SEOガチガチのメディアが書いた超絶つまんない記事より、著者のような人間味あふれる記事の方が評価されて欲しいですね。そういう意味で、SEOからの脱却を目指したいブロガーにぜひオススメな本となっております。

そして結末には、著者の「読みたいことを、書いた」言葉の象徴で幕を閉じます。

〇〇なものはない

続きが気になる方は、ポチりましょう。
林修も絶賛です。

読みたいことを、書けばいい

合わせて読みたい

【書評】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読んだ感想・まとめ【無料で読める】 【書評】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読んだ感想・まとめ【無料で読める】 【書評】『いますぐ書け、の文章法』を読んだ感想・まとめ【結論、いますぐ書け】 【書評】『いますぐ書け、の文章法』を読んだ感想・まとめ【結論、いますぐ書け】