【書評】『NFTの教科書』を読んだ感想・レビュー【無料で読める】

【書評】『NFTの教科書』を読んだ感想・レビュー【無料で読める】

悩む人

NFTの教科書」を読んだ感想やレビューを教えてください。

「NFTの教科書」を読んだ感想やレビューを教えてください。NFTに興味がありまして、初心者は「NFTの教科書」がオススメだと耳にしました。購入に迷ってるのですが、ポチる価値はありますか?

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • NFTの教科書を読んだ感想・レビュー
  • NFTの教科書を読んだ後にやるべきこと
この記事を書いている僕は、「NFTの教科書」を読了済み。NFTアートの最前線に触れている僕が、感想やレビューをまとめます。

結論、初心者ならポチりましょう。
というのも、NFTの知識を体系的に学べるから。

「NFTの教科書」を読むことで
NFTへの理解が深まること間違いななしです。

NFTの教科書

著者:天羽健介・増田雅史
出版:朝日新聞出版
値段:本体価格1,800円+税
評価:★★★★☆
>> NFTの教科書

※ 無料という裏ワザ
デキるなら「無料」で本を買いたくないですか?そんな方は「Amazon Audible」がオススメ。今なら30日間の無料体験で「聴き放題」がお得。読書がメンドくさいなら「聞き流し」だと無理なくできるかと。 >>【無料体験】Amazon Audible

『NFTの教科書』を読んだ感想・レビュー

『NFTの教科書』を読んだ感想・レビュー

まさに「NFTの教科書」でした。
本書の構成は、下記のとおり。

  • 第一章:NFTビジネスの全体像←NFT初心者でもOK
  • 第二章:NFTの法律と会計←NFTに触れてないと難しい
  • 第三章:NFTの未来

NFTの第一戦で活躍してる人物らによって書かれているので、信頼は担保されてるかと。

第一章:NFTビジネスの全体像

本章におけるポイントは、下記のとおり。

  • ポイント①:NFTとは?
  • ポイント②:NFTマーケットプレイス
  • ポイント③:NFTの課題

ポイント①:NFTとは?

NFTとは「 Non-Fungible-Token」の略。
つまり、「代替不可能なトークン」のこと。

ザックリいうと「世界に一つだけのデジタル資産」のことです。

NFTには「ブロックチェーン」と呼ばれる改ざん不可能な技術が使われています。そして、仮想通貨とは違い「固有の識別ID」がNFTに組み込まれることで「世界に一つだけのデジタル資産」を技術的に担保しているのです。

というと、「著作権」が発生するコンテンツマーケットの領域に、莫大な可能性を秘めてるのは想像にかたくないですよね?

つまり、既存のビジネスモデルをひっくり返す潜在能力があります。Amazonが小売業をブチ壊したように…

詳しくは、【保存版】NFTとは何か?【基礎・仕組み・活用事例】をどうぞ。

ポイント②:NFTマーケットプレイス

NFTマーケットプレイスとは、NFTのコンテンツを売買する仲介プラットフォームのこと。実際に僕も、NFTアートをマーケットプレイスで販売しています。>> OpenSea | Unchiman

  • その①:OpenSea←世界最大手(NFTアート)
  • その②:Coincheck NFT←国内最大手(NFTゲーム)
  • その③:Axie Infinity←世界最大のNFTゲームマーケットプレイス

たとえば、この辺りが有名かと。具体的には、アーティストが作成したコンテンツをNFT化して販売する、NFTコンテンツを購入する、といったNFTの売買プラットフォームのことです。

詳しくは、【無料】NFTでオススメなマーケットプレイスは3つだけ【クリエイターの僕が保証】をどうぞ。

ポイント③:NFTの課題

  • 課題①:NFT画像データの管理←NFT画像をブロックチェーン上or外で保管するか
  • 課題②:トランザクションのスケーリング←手数料のこと
  • 課題③:NFTマーケットプレイス間での互換性←NFT経済の流動性がむずかしい
  • 課題④:環境問題への配慮←多大な電力消費

2022年ですと、上記の技術的な課題が示唆されてます。詳しくは本書をポチってもらいたいのですが、登場して間もない最先端技術ですので、課題は山積みです。こういった「負の側面」もNFTに携わる者として知っておくべきですね。

===

その他にも、個別的なNFTの活用事例を10個も述べられているので、詳しくは「ポチっ」てあなたの血肉としてください。

第二章:NFTの法律と会計

第二章は、ぶっちゃけ「むずい」の一言。
僕は、法学部出身ですけど「サッパリ」でした。

どちらかというと、企業向けですので、NFT事業を推進していく人は必ず読んでおくべき。僕みたいに個人でNFTを販売する人なら、ぶっちゃけ「流し読み」でOKかと。

  • 税金
  • 賭博罪
  • 著作権

上記を押さえておけばOK。
あまりにも堅苦しいので割愛します。

第三章:NFTの未来

本書の締めとして、「NFTの未来」も触れられてます。

NFTをただ一過性の「ブーム」とするのか、それとも僕たちの日常をひっくり返すほどの技術革新なのか。

僕は、後者だと思います。

なぜならNFTは、まさに知的財産などのさまざまな無形資産をデジタル上で特定し、希少性を与え、誰にでもアクセス可能にし、金融価値をつけて流動化させることができるからです。これまで眠っていた資産を、価値のあるものとして流動させることができるのです。

まさに、無形資産のイノベーションですね。

新しいライフスタイルの爆誕

NFTゲームで圧倒的人気な「Axie Infinity」をご存知ですか?

実は、ゲームでお金を稼げます。フィリピンでは、Axie Infinity で生活費を稼ぐ「Play to Earn」という新しい文化が生まれました。控えめにいって、ゲームで生活できる未来なんて、素晴らしいと思いませんか?

NFTに触れると、今までの価値観もガラッと崩れるかと。実際に僕もNFTゲームやNFTアートという異世界に足を踏み入れることで、第2の人生を歩み始めていると実感しています。

WEB2.0→WEB3.0の世界は始まったばかりですが、SNS業界のNFT計画もチラホラ動きが見られます。あとは、時間の問題だけかと。

この続きは「NFTの教科書」をポチりましょう。
ポチる行動がNFTという次世代の世界へ誘います。

『NFTの教科書』を読んだ後にやるべきこと

『NFTの教科書』を読んだ後にやるべきこと

実際に、NFTの世界に触れてみることをオススメします。

本を読んでも、意味はない

僕が何度も訴えてること。

本を読んだら、手を動かしなさい!
  • NFTに興味がある
  • NFTの書籍を読んでみよう
  • NFTの知識が高まったゾ、充実した一日だったな〜…

これじゃ、意味ないですよ。
明日には、「NFTとは何か?」でさえ忘れてます。

大切なのは『本を読みつつ、行動する』です

というのも、本を読み終わったら「何のこと書いてあったっけ?」と忘れてしますからです。思い出せるなら問題ないですけど、それでも明日の今頃には忘れてしまいますよね?

知識を血肉にする「本を読みつつ行動」がベストかと。

というわけで、本記事を読み終えたら「NFTの教科書」をポチりつつ、NFTの世界に飛び込みましょう。じゃないと、1年後も行動してないので。その頃には、YouTubeみたいな未来になりますよ。

NFTの世界に触れる行動リンク

実際に手を動かし、NFTワールドを体験しましょう。

無料でポチりたい方(30日間の無料体験)

>>【無料体験】Amazon Audible

セットで、ワイヤレスイヤホンもどうぞ。

NFTの教科書