初心者でもサクサク書けるブログの書き方テンプレート

初心者でもサクサク書けるブログの書き方テンプレート

悩む人

ブログ書き方を教えてください。

ブログの書き方を教えてください。書き出しや本文、タイトルや見出しなど覚えることがありすぎて、頭がパンクしそう。初心者でもブログをサクサク書ける無料テンプレートがあれば便利なのに…それに、最後まで読まれやすい書き方のコツってありますか?

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • ブログを書く前にやるべき3つのこと
  • ブログの書き方テンプレート【導入パート】
  • ブログの書き方テンプレート【本文パート】
  • ブログの書き方テンプレート【締めパート】
  • ブログをスラスラ読めるライティングのコツ9つ
この記事を書いている僕は、ブログ歴2年ほど。毎日ブログを書いており、平均滞在時間は驚異の3分30秒。というと、わりと読まれるコツを抑えてるかと。

結論は、下記の画像のとおりです。

ブログの書き方テンプレート

ブログの書き方テンプレート

  • その①:導入
  • その②:本文
  • その③:締め

ザックリと、上記の3段構成です
まずは、ココをしっかり押さえましょう。

「導入→本文→まとめ」この流れで書きます。

頭に入りましたね?
あと、3回は唱えましょう。

本記事のテンプレートに沿って書けば、初心者の方でも論理的かつ読みやすいブログに仕上がりますよ。

実際に僕は、このテンプレを使ってます。ぜひ真似してもらっても構いません。

ブログを書く前にやるべき3つのこと

ブログを書く前にやるべき3つのこと

テンプレートがあるからといって、ブログをいきなり書き始めるのはNG。なぜなら、設計書がないと記事の方向性がブレるから。やるべきことは、下記の3つ。

  • その①:キーワードを考える
  • その②:読者の悩みを明確にする
  • その③:記事の骨組みを考える

その①:キーワードを考える

ブログは、キーワードから考えるのが基本です。なぜなら、キーワード設計しないと、そもそも検索から読まれないから。となると、テンプレも意味なくなりますよね?

  • キーワードを探す
  • 検索ボリュームを分析する
  • 実際に、キーワードでググる

上記のとおり。

キーワードの探し方と検索ボリュームの分析方法は、【無料】ブログのキーワード選定におすすめなツールは3つだけ【経験から保証】をどうぞ。

実際に、ググりましょう

さらに、そのキーワードで実際にググりましょう。というのも「なぜ、この記事は上位表示されてるのか」を分析できるからです。検索上位されるということは、Googleから高い評価を得ている証拠。ライバルサイトからヒントを盗むべきです。

その②:読者の悩みを明確にする

SEOキーワードを決めて競合分析もしたら
読者の悩みに迫ります。

本記事の場合は「ブログ 書き方 テンプレート」がキーワード。つまり、これが読者の悩みの根源です。

さらに上記のキーワードから、読者の悩みを細分化します。

  • 顕在ニーズ:ド直球なお悩み
  • 潜在ニーズ:隠されたお悩み

顕在ニーズ

潜在ニーズとは、読者のド直球なお悩みのこと。

たとえば、本記事の場合だと「ブログの書き方を知りたい。ブログの書き方テンプレートを知りたい。」などが該当しますね。

ここは簡単でして、キーワードから導けばOK。
まずは、「顕在ニーズ」を洗い出しましょう。

潜在ニーズ

潜在ニーズとは、読者の隠されたお悩みのこと。

たとえば、本記事の場合は「ブログの書き方テンプレートは理解できた。しかし、どうやったらブログを最後まで読んでもらえるのか?」などが該当しますね。

人によっては「稼げるブログ記事の書き方のコツを知りたい」とか「文章を読みやすくするテクを知りたい」など、そういった切り口でもOKかと。

上記のように、「顕在ニーズ」とセットで「潜在ニーズ」まで洗い出せると、ボリュームを出しつつ、読者に寄り添ったブログになること間違いない。というと、Googleからの評価も高まり検索順位UPに貢献できますね。

その③:記事の骨組みを考える

ここまで洗い出せたら、ゴールは近い。
あとは、記事の「骨組み」を考えましょう。

骨組みが完成したら
テンプレートに沿って「肉付け」するだけです。

キーワードから考える→すると、読者の悩みが明確になる→そして、骨組みが完成する→あとは、文章を書くだけ

まさに「点と点をつなぐ」ですね。
カッコよくいうと「コネクト・ザ・ドット」です。

というわけで、お待たせしました。ブログの書き方テンプレートを「導入・本文・締め」の3部構成で深掘りしていきます。

ブログの書き方テンプレート【導入パート】

ブログの書き方テンプレート【導入パート】

まずは、ブログの「導入」です。
大切ですので、ついてきてくださいね。

  • その①:タイトル
  • その②:アイキャッチ画像
  • その③:リード文

上記に共通する役割は、読者の心を惹きつけ、本文へ流すこと。つまり、ここで「ストレス」を感じると、そもそも記事は読まれない。というと、稼げないんです。

導入の大切さを、理解いただけたかと。

その①:タイトル

タイトルについては、先ほども解説済み。
スルーした人のために、コツ5つを紹介しますね。

  • コツ①:必ず、SEOキーワードを入れる
  • コツ②:読者の悩みに応える
  • コツ③:タイトルで煽らない
  • コツ④:文字数は、30文字くらい
  • コツ⑤:定番な心理テクを使う
本記事でも、上記のコツを心得てますよ。

具体的なブログタイトルの付け方を知りたいなら、【21選】クリック率が10倍UPするブログタイトルの決め方で、21個ものタイトル例を網羅しています。

その②:アイキャッチ画像

アイキャッチ画像とは、タイトルの下に表示される画像のこと。あとは、SNSで記事を拡散したときに表示される画像のことですね。

アイキャッチとは、「目を奪う」こと。

読んで字の如く、アイキャッチ画像で読者の心を掴みます。というと、ブログにリズムが生まれ、読者を本文へ流しやすくなるかと。

詳しくは、【PV+3%UP】ブログで必須なアイキャッチ画像の作り方【記事を拡散せよ】をどうぞ。画像高速の極意とセットで解説しています。

その③:リード文

リード文は、メッチャ大切。なぜなら、書き出し次第で「読むor読まない」を判断されるから。そして、長ったるい導入文を書いてはいけない。ポイントは、下記の5つです。

  • ポイント①:問題提起←読者の悩み(顕在+潜在ニーズ)
  • ポイント②:解決策の提示←目次
  • ポイント③:解決策の根拠←権威性
  • ポイント④:記事の概要←結論
  • ポイント⑤:未来の提示←記事を読み終えた未来
本記事でも、上記を心得ていますよ。

人の見た目は「3秒」で決まるように、ブログの印象も書き出しで決まります。サクッとビシッとリード文を書けば、読者を本文へスムーズに流すことができるので。

読者の心を一瞬でキャッチするする「リード文の書き方」は【無料配布】ブログリード文の書き方とコツ3つ【テンプレあり】をどうぞ。

ブログの書き方テンプレート【本文パート】

ブログの書き方テンプレート【本文パート】

続いては、ブログの「本文」です。
記事の「締め」に誘導する役割があります。

というと、最後まで読まれないと、、、稼げませんね...

というわけで、「本文パート」も大切です。
下記から構成されます。

  • その①:見出し←H2・H3・H4…
  • その②:本文←見出し内容をまとめた文章

その①:見出し

見出しは、記事の骨組み。
ルールを守って見出しを書きます。

  • ルール①:見出しは、「入れ子」を守る
  • ルール②:見出しは、キーワードを入れる
  • ルール③:見出しは、シンプルに書く
本記事でも、上記を心得ていますよ。

こちらは、先ほど解説していますので割愛します。

SEOに最適なブログ見出しの正しい書き方 【SEO】ブログ見出しの正しい書き方【Googleと読者から愛される秘訣7つ】

その②:本文

見出しという「骨組み」に、文章で「肉付け」していきます。

一つの見出し内の文章は、5パラほどが目安かと。

あまりにも見出し内の文章が長すぎると、読んでる側としてはストレスかと。もし長すぎるなら、見出しの階層を下げて細分化すべき。

見出し内容をサクッと伝える方法は、下記のとおりです。

PREP(プレップ)法をマスターしよう

PREP法をご存じですか?
論理的な文章を書くコツですよ。

  • Point:主張
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:主張
本記事も、上記を心得てますよ。

「主張→理由→具体例→主張」で書くと、誰でもカンタンに論理的な文章に仕上げられます。詳しくは、ブログの文章を書けない理由は『型』にある【PREP法でOK/無料テンプレ配布】をどうぞ。

ブログの書き方テンプレート【締めパート】

ブログの書き方テンプレート【締めパート】

最後に、ブログの「締め」ですね。
読者と同じ「旅」を歩むチャンスですよ。

最後まで記事を読んでくれた...つまりそれは、記事の満足度が高かったということ。

というと、他の記事にアクセスしてくれたり、商品を申し込んでくれる確率が高まりますよね?あと、平均滞在時間もUPするので、googleからの評価も高くなり上位表示を狙えるチャンスも増えます。

  • その①:記事の要点をまとめる
  • その②:関連記事へ読者を導く
  • その③:サービスや商品の宣伝

というわけで、「締め」も超大切。
ブログといえども、奥が深いですね〜。

その①:記事の要点をまとめる

まとめは、サクッと書きましょう。なぜなら、長すぎたり、まとまってなかったりすると、読者の行動モチベは「ガクッ」と下がることがわかってるから。

たとえば「夜の営み」を想像すると、わかりやすいかと。
  • フィニッシュ→完全放置→萎える
  • フィニッシュ→少し遊ぶ→喜ぶ

ブログも同じかと。
フィニッシュしたら、少し相手してあげましょう。

要点をまとめるコツ

  • 箇条書きでまとめる
  • PREP法でまとめる

上記がわかりやすい。
文章だけで書くと、長ったるくなる。

本記事の「まとめ」を参考にしてみてください。

その②:関連記事へ読者を誘導

読後の満足度が高い。
それは、読者を別記事へ誘導しやすいということ。

というと、狙った記事へ読者を流せますよね?もしくは、どんな行動を取るべきかを示すことで、読者を行動させやすくなりますよね?
  • 関連記事への行動リンク
  • 集客記事への行動リンク

上記を導けないか、考えてみましょう。
PVを雪だるま式に増やせるコツです。

その③:サービスや商品の宣伝(CTA)

上記の他、サービスや商品リンクも設置すべき。
なぜなら、読者は行動したいから。

  • 自社商品のリンク
  • アフィリエイトリンク
  • SNSの拡散&フォローボックス
ポイントは、行動「したい」です。読者は、悩みを解決「したい」から記事を最後まで読んでるワケですので。

というと、ソッと行動リンクを置けばいいだけ。

たとえば、リンクをカッコいいボタンにしたり、リンク改変して無理に読者を誘導する必要は「一切ない」ということ。逆にいえば、セールスライティングできてない証拠ですので、恥ずかしいですよ。

>>【本質】アフィリエイトリンクは、テキスト一択なワケ

ブログをスラスラ読めるライティングのコツ9つ

ブログをスラスラ読めるライティングのコツ9つ

むすびに、最後まで記事を読んでもらえる工夫を紹介します。

  • コツ①:改行する
  • コツ②:一文は短く
  • コツ③:結論から書く
  • コツ④:箇条書きを多用
  • コツ⑤:接続詞を意識する(解説記事
  • コツ⑥:「が」を多用しない(解説記事
  • コツ⑦:見出しは名詞で終わる
  • コツ⑧:同じ語尾を連続させない
  • コツ⑨:むずかしい漢字を使わない
なぜ、こんなにもこだわるのか?

ズバリ、読者は文章を読みたくない生き物だから。
だから、無料サーヴィスするのです。

紳士になりましょう。
読者愛です。

なお、上記のライティング術は【厳選】ブログの文章術を10倍UPさせるオススメ書籍は3冊から学びました。ぜひ、ポチりましょう。

テンプレで、サクサク記事を書こう!

さいごに、まとめますね。

  • 導入:タイトル・アイキャッチ画像・リード文
    →「本文」へ流す役割がある
  • 本文:H2,H3見出し・本文(PREP法が便利)
    →「締め」へ流す役割がある
  • 締め:まとめ・関連記事・CTA
    →読者の行動を促す役割がある

上記テンプレートを意識して書けば、最後まで読まれるブログになるかと。しかし、人はすぐ忘れる生き物。本記事を繰り返し読むことで、あなたの「武器」にしましょう。

今日はサボる日、無になる日...

というわけで、本記事のテンプレートを使って、渾身のブログを書きましょう。この記事を読み終えたら、すぐに手を動かしましょうね。

フー…4.5時間ほどで、5,000文字の執筆。
完全に、テンプレのおかげです。

【無料】サルでもできる!?WordPressブログの始め方【たった10分で人生が変わった】 【無料】サルでもできる!?WordPressブログの始め方【たった10分で人生が変わった】