【無料配布】ブログリード文の書き方とコツ3つ【テンプレあり】

紙飛行に乗る三人のサラリーマン

悩む人

ブログリード文書き方を知りたいな。

ブログでリード文の書き方を知りたいな。ブログの冒頭で読者の心をギュッと掴むコツってないかな?もし、「テンプレ」が合ったらすごく便利だろうに…

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • ブログリード文の書き方
  • ブログリード文を書く3つのコツとは?
  • ブログリード文のテンプレートを無料プレゼント
この記事を開いている僕は、ブログ歴2年ほど。コツコツ記事を書いている結果、ブログの平均滞在時間は「3分」を超えることができました。というと、わりと読者の心を掴めており、信頼の担保になるかと。

本記事では、ブログリード文の書き方と平均滞在時間をグイッとUPさせる3つのコツを紹介します。

記事の最後には、ブログリード文をスラスラ書ける無料テンプレもご用意いたしました。ぜひ有効活用してみてください。

ブログリード文の書き方

リード文のチェック項目と女性

リード文(書き出し)は、下記のとおり。

  • その①:問題提起←読者の悩み
  • その②:解決策の提示←目次
  • その③:解決策の根拠←権威性
  • その④:記事の概要←結論
  • その⑤:未来の提示←少しエサをまく
ブログリード文の書き方(例)

ブログリード文の書き方(例)

その①:問題提起←読者の悩みを明確にする

読者の悩みは、下記のとおりです。

  • 顕在ニーズ:ド直球な読者の悩み
  • 潜在ニーズ:隠された読者の悩み

上記を、記事の冒頭で明確にします。
なお、読者の隠れた心理に訴求することも大切。

読者の悩みに寄り添いつつも、記事の平均滞在時間をUPできますよ。Win-Winですね!

たとえば、本記事における想定読者のお悩みは、下記のとおり。

  • 顕在ニーズ:ブログリード文の書き方やコツを知りたい
  • 潜在ニーズ:テンプレがあれば、執筆がラクになるかも?

このとおり。

ちょっとメンドいかもですが、読者の隠れた悩みも一歩踏み入って考えると、より読者の心をキャッチできるかと。ちょっと頑張って読者に寄り添いましょう。

ペルソナ設定の方法

想定読者のことを「ペルソナ」と読んだりします。
ペルソナは、常に下記のとおりです。

  • 過去の自分
  • 身近な友人

ブログなら、特に細かい設定は不要。
過去の自分を救済しましょう。

それが、読者の悩みを解決する唯一の方法なので。

詳しくは、【本質】ブログでペルソナ設定する方法【マイケルジャクソンから教わった】をどうぞ。

その②:解決策の提示←目次でOK

次は、読者の悩みを解決できるよう、下記を書きましょう。

  • 悩みを解決できることを宣言する
  • 悩みの解決を「目次」で提示する

悩みを解決できることを宣言する

本記事だと「こんなお悩みを解決します」です。
ここは、シンプルにまとめましょう。

読者の悩みが明確になったところで、ちょっと安心感を与えると効果的です。

悩みの解決を『目次』で提示する

続いて、記事の目次を作ります。

目次があると、「おっ、この記事はこんな内容になってるんだな..ふむふむ、読んでみるか...」となるワケです。

もちろん、目次の内容=読者の悩み。
つまり、冒頭の「顕在ニーズ&潜在ニーズ」です。

その③:解決策の根拠←権威性

その記事を読むと「本当に読者の悩みを解決できるか?」という根拠を示しましょう。

本記事の場合ですと「ブログの経験年数」や「記事の滞在時間」を冒頭に示すことで、「ブログリード文の書き方」という悩みを解決できる根拠となってますよね?

つまり、ここが最重要でして
権威性から読者の信頼をキャッチします。

権威性3つのテクニック

  • 権威を利用(論文・書籍・有名人の言葉など)
  • 経験を利用(年数や実体験など)
  • 実績を利用(収入や成果など)

上記のとおり。
権威性を冒頭に書くことで、信頼感が生まれます。

なお、最大の権威性は「本人のブランド化」です。つまり、"西村博之"になれば最強ということ。有名人になれば、ほぼ有無を言わさず「この人のいうことは、正しい」と相手を洗脳できます。

だって、みなさん「ひろゆき」を信じますよね?
スパチャしてますよね?

そーいうことです。

その④:記事の概要←まとめ

記事の概要をサクッと伝えましょう。
つまり、メタディスクリプションですね。

ポイントは、下記のとおりです。

  • まず、読者の悩みを明確にする←問題提起
  • すると、自然と目次が完成する←解決策の提示
  • すると、メタディスクリプションも完成する←記事の概要

たとえば、本記事の概要は下記のとおりです。

メタディスクリプション
ブログリード文の書き方を知りたいですか?本記事では、ブログリード文の書き方とコツを3つ解説します。さらに、リード文の無料テンプレも用意しました。ぜひ、ご活用あれ。

上記のイメージで、アレンジしてみてください。
とはいえ、シンプルにですよ。

メタディスクリプションの書き方とは?

読者の心をワシ掴むメタディスクリプションの書き方【コツ3つ+クリック率3%UP】 読者の心をワシ掴むメタディスクリプションの書き方【コツ3つ+クリック率3%UP】

その⑤:未来の提示←少しエサをまく

人間の行動心理は、下記のとおり。

  • 手に入れたい欲求:この記事を読むと、おトクですよ
  • 失いたくない欲求:この記事を読まないと、損ですよ

こういった人間の行動心理にソッと訴えてあげると、非常にグッドです。「エサ」を自然にまくことで、記事を読んでもらえる確率がグーんとUPします。

読者が記事を読み終えた後の「未来」をイメージさせましょう。詳しくは、プロスペクト理論をブログに活用する方法をどうぞ。

ブログリード文で心をキャッチする3つのコツとは?

紙飛行機にしがみつく男女

ブログの書き出しは、メッチャ大切。

なぜなら、読者は記事の冒頭で
「読むor読まない」をジャッジするからです。

そもそも、リード文の役割とは?

ズバリ、この記事を読む価値はあるのか?…
つまり、読者を本文に流す役割があります。

なんかこの記事は読みづらそうだし、僕の悩みを解決してくれそうにないな...

こう感じてしまうと、読まれないでしょう。
離脱者が増え、Googleからの評価も悪くなります。

ユーザーを記事に引き込む、魅力的なリード文が大切になってくるワケです。

ブログのリード文を書くコツ3つ

リード文のコツは、下記のとおり。

  • コツ①:冒頭でグダグダ書かない
  • コツ②:権威性を「最初に」かく
  • コツ③:読後の未来を感じさせる

コツ①:冒頭でグダグダ書かない

リード文は、シンプルに書くべき。
読者は、忙しい生き物です。

もし、冒頭から長ったらしく、「俺の話」が書いてあったらどうですか?僕だったら、他の記事を見ますね。

YouTubeでもそうですが、OPは短めがベスト。
むしろ、いらなかったりします。

長ったるいと、離脱されるからです。
校長先生の話は、不要です。

コツ②:権威性を『最初に』書く

やはり、権威性は強い。
繰り返しですが、下記がポイントです。

  • 権威を利用(論文・書籍・有名人の言葉など)
  • 経験を利用(年数や実体験など)
  • 実績を利用(収入や成果など)

上記を、リード文に盛り込みます。
つまり、記事の冒頭で読者にマウントを取ります。

ニュースの解説キャスターとかでも同じですよ。本日は、〇〇大学名誉教授のインペリアル・ミヤビさんにお越しいただきました。よろしくお願いします。

みたいな感じですね。

日常を観察してみても
権威性は常に冒頭にありますよ。

コツ③:読後の未来を感じさせる

未来というと、なんか胡散臭く感じるので
シンプルに「記事を読むメリットがあるか」ですね。

本をなんとなく手に取ってみて、パラパラっと見るも気づいたら棚に戻してる...こういう経験ありませんか?

それほど、記事の冒頭は重要です。冒頭で心をクギ付けにできなければ、どんなに素晴らしい内容を書いても読まれません。

論理ではなく、感情で動く

大切なのは、下記の意識です。

人は論理ではなく、感情で動く

マンガを例に解説

たとえば、「マンガ」を例にしてみましょう。
ところで、質問です。

なぜ、あなたは「マンガ」を買いますか?

それは、マンガを「読みたい」からですよね?
もっというと、楽しくなりたいからですよね?

私は、マンガを購入する。なぜなら、雑誌を購入した時の快楽指数よりもマンガを購入した時の"それ"の方が高いからだ。

「油女シノ」かっつーの。
人間は、99.9%感情で行動します。

つまり、感情に訴えた方が人間は行動しやすくなります。

ブログリード文のテンプレートを無料プレゼント

9個の白い紙飛行機と赤い紙飛行機

無料テンプレをご用意しました。
記事のリード文は、これで決まりです。

  • その①:問題提起←読者の悩み
  • その②:解決策の提示←目次
  • その③:解決策の根拠←権威性
  • その④:記事の概要←結論
  • その⑤:未来の提示←エサを与える

ブログリード文のテンプレ

無料テンプレをどうぞ。

1. 問題解決←読者の悩み

顕在ニーズ:ド直球の悩み
潜在ニーズ:隠された悩み

こんなお悩みを解決します。

2.解決策の提示←目次

目次1:顕在ニーズ
目次2:潜在ニーズ

3.解決策の根拠←権威性

権威を利用(論文・書籍・発言)
年数を利用(キャリア歴)
実績を利用(収入・成果)

4.記事の概要←結論

本記事では、〇〇を解説します。

5.未来の提示

この記事を読むと(読まないと)、〇〇な結果になりますよ。

具体例:プログラミング学習の始め方

1. 問題解決←読者の悩み

顕在ニーズ:効率的な学習方法を知りたい
顕在ニーズ:とはいえ、挫折しないかな?
潜在ニーズ:物価の安い海外で、リモートで稼ぎたい

こんなお悩みを解決します。

2.解決策の提示←目次

目次1:プログラミング学習の効率的な始め方
目次2:プログラミングで挫折は当たり前です
目次3:プログラミングで人生をチート化する裏ワザ

3.解決策の根拠←権威性

この記事を書いている僕は、プログラミング歴3年ほど。月収50万円ほどを稼ぎつつ、ジョージアでノマドワーカーをしています。

4.記事の概要←結論

本記事では、プログラミング学習の効率的な始め方と人生をチート化する裏ワザをご紹介します。

5.未来の提示

プログラミングでリモートスキルを身につけ
通勤する人生から、サヨナラしましょう。

最後に:「お前ダレだよ!?」となってはダメ

繰り返しですが
リード文で最重要なのは、権威性です。

  • 白衣で登場したら、「医者」と思う←「医者」という権威性
  • ひろゆきが本を出版したら、買ってしまう←「ひろゆき」という権威性
  • APEXでプレデターバッジつけてたら、従う←「プレデター」という権威性

権威性は常に最初です。
つまり、リード文に入れましょう。

常に客観性を保ちつつも、「お前誰だってばよ」と突っ込まれないかチェックしましょう。

いうまでもなく、嘘はNG

世の中に、嘘つきが多いのも事実。よく権威を盛ってるブロガーもいますが、だいたい消え去ってます。【悲報】ブログは嘘だらけだから、最高な件【信用できるブログの見抜き方】もどうぞ。

権威がないなら、書かなくてもOK

嘘で盛るなら、素直に書かない方がオススメ。
信頼は、コンマ1秒で崩れ去ります。

というわけで、今回は以上です。
さいごに、まとめます

  • その①:問題提起←顕在ニーズと潜在ニーズの明確化
  • その②:解決策の提示←上記を目次にする
  • その③:解決策の根拠←権威性で示す
  • その④:記事の概要←記事の結論をシンプルに
  • その⑤:未来の提示←人は感情で動く

リード文をテンプレ化すれば
記事執筆が効率的になりますね。

それでは、素敵なブログ旅をお過ごしください。

PREP法もセットでどうぞ

ブログの文章をスラスラ書けない理由は『型』にある【PREP法でOK/無料テンプレ配布】 ブログの文章をスラスラ書けない理由は『型』にある【PREP法でOK/無料テンプレ配布】