ブログ画像をSEO対策する3つの手順【選定・高速化・最適化】

画像ファイルをアップロードする男性

ブロガー

ブログ画像SEO対策する方法や手順を知りたいな。

ブログ画像をSEO対策する方法や手順を知りたいな。なんか、記事の画像がメッチャ重いんだよなー…画像にもSEO対策した方がいいのかな?ブログ画像を最適化させて、読者の滞在時間をUPさせたいです。

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • ブログ画像をSEO対策する3つの手順
  • 読まれるブログ画像の使い方
この記事を書いている僕はブログ歴2年ほど。ブログで10万ほど稼いでいるので信頼の担保になるのかと。

ブログ画像をSEO対策する3つの手順

画像ファイルをクラウドにアップロードする男性

下記のとおり。

  • 手順①:ブログ画像を用意
  • 手順②:画像圧縮→高速化
  • 手順③:5つのSEO対策

手順①:ブログ画像を用意

ブログで使う画像を用意しましょう。
とりま、下記を使えばOK。

  • 無料:フリー画像サイトを5つ紹介
  • 有料:有料版画像サイトを2つ紹介
注意

画像を使う場合は、記事内容と一致するような画像を選びましょう。地味なSEO対策にもなります。

無料で使えるフリー画像サイト5選

上記のとおり。
僕が愛用しているフリー画像サイトです。

とはいえ、フリー画像のデメリットは、他のブロガーと被りやすいということ。あと、画像がちょっとショボいこと。イケイケな画像もありますが、有料サイトには勝てません。

あっ、この人の記事で使ってる画像、僕も使ってるなー...ODANから引っ張ってきたヤツでしょ?

こんな想いを抱くかもですが
欲しい画像が97%見つかること間違いなしです。

有料版おすすめ画像サイト2選

有料画像サイトで、おすすめは下記のとおり。

おっ、流石!画像が洗礼されてるな...といった感じです。

こんな感じ。
とはいえ、あまり気にしなくて良いかと。

ブログ画像の本質は、読者の羽休め。
画像で読者の「目」と「脳ミソ」を休ませてあげましょう。

手順②:画像圧縮し、高速化

  • 手順②-1:Canvaでサイズ調整
  • 手順②-2:WordPressで圧縮
  • その他:JPEGmini

画像圧縮は、必須です。なぜなら、重たい画像を使うと表示が遅くなり、読者に離脱されるからです。

そのままブログに貼り付けたら、どうなると思いますか?

SEO対策としても、ココは最重要です。
解決方法は、下記のとおり。

手順②-1:Canvaでサイズ調整

まず、Canvaに登録しましょう。

>> Canva Pro

===

ダウンロードした画像の大きさはバラバラ。
画像サイズの最適化は、下記を使うと便利です。

  • その①:「16:9」の大きさを作りたい場合←Uzura.netで解決
  • その②:「4:3」の大きさを作りたい場合←Uzura.netで解決

Canvaで、上記の大きさの画像を作ります。
あとは、最適化した画像をダウンロードするだけ。

サイズが統一されており
見た目も内面もGOODといった感じになりました。

Canvaはアフィリエイトもあります。ついでに、Canvaアフィリエイトの始め方をご覧いただけば、一石二鳥ですよ。

手順②-2:WordPressで圧縮

上記で、画像サイズを最適化させました。
次にやることは、圧縮です。

  • その①:標準機能で圧縮
  • その②:さらに、プラグインで圧縮
標準機能で圧縮する方法

WordPress上にアップロードした画像は
まだサイズが大きいです。

下記の画像をご覧ください。

WordPressで画像を圧縮する手順①

WordPressで画像を圧縮する手順①

  • おもさ:35KB
  • サイズ:1024×576ピクセル

アップロードしたい画像の詳細です。
なお、横幅1024pxも必要ないですよね?

検証画面から画像の横幅を確認できます。なので、それに合わせてリサイズすればOK。ちなみに僕の場合は、横幅を700pxで統一しています。高さは、自動調節されます。

なので、圧縮して画像の重さを減らしましょう。

WordPressで画像を圧縮する手順②

WordPressで画像を圧縮する手順②

  • 元サイズ:1024×576px
  • リサイズ:700×394px

こうすることで、画像が軽くなります。
つまり、SEO対策もできます。

リサイズする大きさは、PCに合わせましょう。なぜなら、スマホサイズに合わせるとPCで見たときに崩れるからです。700pxくらいがちょうどいいハズです。

プラグインでも圧縮する

おすすめは「IWWW Image Optimizer」です。
合わせて、下記もご覧ください。

歯車を合わせるロボットと人間の手 【無料】画像をWebP化するなら『EWWW Image Optimizer』が最適

『JPEG mini』もおすすめ

jpeg専用ですが、無料で使える圧縮ツールです。

>>【無料】JPEG miniをインストールする

手順③:5つのSEO対策

下記のとおり。

  • 記事の内容と一致した画像
  • テーマと一致した画像ファイル名
  • 画像タイトル
  • 画像キャプション
  • 代替テキスト

SEO対策①:記事の内容と一致した画像

タイトルや見出しで使う画像は
記事内容と一致させるべきです。

  • Google:画像識別機能で、判断している
  • 読者:シンプルに混乱する

上記のとおり。

本記事では「ブログ画像のSEO対策」に関する記事を書いてます。ちゃんと、「画像ファイルをアップロードしている男性」の画像を使っているので、記事内容をイメージしやすいですよね?

SEO対策②:テーマと一致した画像ファイル名

下記のとおり。

同様に、ファイル名も画像のテーマを判断する材料として使用されます。たとえば、IMG00023.JPG よりも、my-new-black-kitten.jpg の方がテーマを判断するために役立ちます。画像をローカライズする場合は、ファイル名も翻訳してください。引用元:Google検索セントラル

  • ファイル名を英語で入力
  • 画像テーマがわかる情報にする
  • ハイフンで区切る

たとえば、「リンゴ」の画像なのに「数字」や「みかん」のファイル名にしてたら「謎」ですよね?

SEO対策③:画像タイトル

画像をクリックして編集できます。
下記の画像をご覧ください。

画像タイトルの付け方

SEO対策:画像タイトルの付け方

画像タイトルをつけましょう。
ポイントは、見出しタイトルと同じにすること。

こうすることで、キーワードを含めつつ
画像をSEO対策できます。

SEO対策④:代替テキスト

さっきと同じ手順で、編集します。

代替テキストの付け方

SEO対策:代替テキストの付け方

代替テキスト=alt属性です。
下記の役割があります。

  • 視覚障害者へ「音声」として画像情報を伝える
  • 画像が表示されない場合、「代替テキスト」が表示される

代替テキストを設定するときは、キーワードを適切に使用して、ページのコンテンツのコンテキストに沿った、情報に富む、有用なコンテンツを作成するようにしてください。引用元:Google検索セントラル

SEO対策⑤:画像キャプション

画像キャプションとは
画像の下に表示される説明のことです。

Google は、画像のキャプションやタイトルなどのページのコンテンツから画像のテーマに関する情報を抽出します。可能な限り、画像のテーマに関連するページの、関連テキストの近くに画像を配置するようにしてください。引用元:Google検索セントラル

キーワードを含めるべきかは謎ですが
読者にわかりやすい情報を伝えることは大切。

下記の記事が参考になりました。

>>参考:画像キャプションのSEO対策|検索順位の上昇に効果はあるの?

===

以上で、画像のSEO対策はおわり。

読まれるブログ画像の3つの使い方

画像をアップロードする男性

画像は、ブログにリズムを与えます。
使うべき箇所は、下記のとおり。

  • その①:アイキャッチ画像
  • その②:H2見出し下
  • その③:必要な場合

その①:アイキャッチ画像

アイキャッチ画像は、必須ですね。
ポイントは、タイトルと一致させること。

タイトルを見る→アイキャッチ画像も見る→記事の内容をイメージする

このとおり。

本でいうと表紙です。
表紙のない本は、読まれません。

読者の気持ちを考えましょう。

【PV+3%】ブログで必須なアイキャッチ画像の作り方【記事を拡散せよ】 【PV+3%】ブログで必須なアイキャッチ画像の作り方【記事を拡散せよ】

その②:H2見出し下

H2見出し下でも必須ですね。
ポイントは、H2見出しと一致させること。

H2見出しを見る→画像も見る→記事の内容をイメージする

このとおり。

適度にブログで画像を使うと
リズムが生まれます。

あなたは、「黒の海」に染まった文章を読み続けたいですか?

新聞でさえ、たまに画像を使っています。
ブログで画像を使わないと、シンプルに読みにくい。

つまり、離脱されます。

その③:必要な場合

画像の貼りすぎに注意です。
なぜなら、使いすぎると記事が重くなるからです。

結果、読まれません。

  • アイキャッチ画像:1枚
  • H2見出し下:2枚
  • 必要な場合:2〜3枚

理想は、上記のとおり。なるべく、アイキャッチとH2見出し以外で、画像を使わないようにしましょう。

リズムのない文章は、読まれない

ブログは、リズムです。
故に、リズムのないブログは読まれません。

これは、僕が大切にしている考えです。なので、適度に画像や引用、箇条書きを入れる工夫をしています。こうすることで、記事にリズムが生まれ、ストレスなく読めます。

あなたは、「黒の海」に染まった文章を読みたいですか?

もう一度、いいました。
僕なら、一瞬で見るのをやめます。

読者のイスに座り、同じ景色を眺める。
想像とは、「像を想う」こと。

つまり、「あなたを想う」こと。
これからも「心は形なり」を大切にしていきます。

孤独な男性を照らす光 読みにくいブログの特徴とは?【ヒント:接続詞】