【PV+3%】ブログで必須なアイキャッチ画像の作り方【記事を拡散せよ】

【PV+3%】ブログで必須なアイキャッチ画像の作り方【記事を拡散せよ】

悩む人

ブログアイキャッチ画像って必要かな?

ブログにアイキャッチ画像って必要かな?記事を書くので精一杯だし、わざわざアイキャッチ画像を作るのってめんどくさいよな…カンタンにアイキャッチ画像を作れるコツがあればいいんだけど…

こんなお悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • ブログにアイキャッチ画像が大切な3つの理由
  • ブログのアイキャッチ画像にオススメなサイト7選
  • ブログのアイキャッチ画像のカンタンな作り方
この記事を書いている僕は、ブログ歴2年ほど。ブログを毎日継続しており、20万ほど稼ぎました。そんなアイキャッチマスターが解説します。

アイキャッチ画像は、ブログで必須。
なぜなら、クリック率に関係あるからです。

アクセス3%UPな、アイキャッチ画像の作り方を解説します。

カルく宣伝なのですが、Canva Proを使うと、イケイケなアイキャッチ画像をサクッと作れますよ。30日間の無料トライアルですので、解約すればそのままタダで利用できます。

ブログにアイキャッチ画像が大切な3つの理由

ブログにアイキャッチ画像が大切な3つの理由

理由は、下記のとおり。

  • 理由①:SNSで拡散される←アクセス数UP
  • 理由②:読者を惹きつける←クリック率UP
  • 理由③:統一感が生まれる←滞在維持率UP

※ アイキャッチ画像とサムネイルとは?
アイキャッチ画像とは「読者の目を惹きつける」画像のこと。YouTubeでお馴染みなサムネイルとは、「親指の爪」ほど小さく縮小された画像のこと。ほぼ同じ意味とお考えください。

理由①:SNSで拡散される←アクセス数UP

SNSで記事を拡散すると、下記のようにアイキャッチ画像もデカデカと表示されます。

メッチャ、目立ちますよね?

文字だけだったら、そのまま流れていってしまいやすい。しかし、このようにアイキャッチ画像を設定することで、読者を惹きつけることができます。

さらに、リツイートから拡散されると、アクセスUP間違いなしです。

理由②:読者を惹きつける←クリック率UP

アイキャッチ画像は「目をキャッチする」ということ。

誰の目???ズバリ、、、読者です。

人の印象は、一瞬の見た目で決まるように
ブログの印象も、アイキャッチ画像で判断されやすい。

YouTubeの場合、サムネがすべて

YouTubeを想像してみましょう。

YouTubeは明らかでして、サムネで再生回数が決まりますよね?

つまり、ブログでアイキャッチ画像を設定してなかったり、適当なダサい画像を使ってると、内容はともあれ、ファーストインプレッションで「つまんなそー…役に立たなさそう…」って思われます。

アイキャッチ画像は
出だしの印象操作で、かなり大切ですよ。

理由③:統一感が生まれる←滞在維持率UP

アイキャッチ画像が整理されてると、ブログに統一感が出ます。

統一感のあるアイキャッチ画像

統一感のあるアイキャッチ画像

「チリも積もれば山となる」のように
アイキャッチ画像で統一感を出しましょう。

お店に清潔感がないと、それだけで客は帰ってしまいますよね?

清潔感とは、画像の統一性だったり、画像のイケイケさだったりです。ちなみに、僕の場合はマテリアル調を意識してまして、「ベクター画像」を採用することで、サイトの統一性をはかってます。

このようにアイキャッチ画像は、アクセス数をUPさせ、クリック率を高め、滞在維持率を伸ばす役割があります。

控えめにいって
アイキャッチ画像は、大切ですよ。

とはいえ、アイキャッチ画像に凝る必要はない

「アイキャッチ画像は、大切ですよ」とお伝えしましたが、凝る必要はないです。なぜなら、検索画面でアイキャッチ画像は表示されないから(表示されるものもあります)

もっとも大切なのは「記事の中身」ですよね?あくまで、アイキャッチ画像は「テクニック」だったりします。

基本的に、読者がクリックする要因は、下記のとおり。

アイキャッチ画像にこだわったからといって、検索から記事が読まれるワケではないので「清潔感」を出せばOKかと。

アイキャッチ画像に凝るのは、時間の無駄です。
コンテンツ重視でいきましょう。

ブログのアイキャッチ画像選びにオススメなサイト7選

ブログのアイキャッチ画像選びにオススメなサイト7選

下記のとおりです。

  • その①:無料サイト5選:かぶりやすい
  • その②:有料サイト2選:差別化できる

その①:無料サイト5選

基本的に、無料サイトでOK。海外サイトですが、日本サイトよりイケイケなので、ぜひ上記をオススメします。

その②:有料サイト2選

有料の画像サイトを使うと
かなり洗礼されてるので、差別化できます。

初回限定ですが、無料で有料素材をゲットできるチャンスもありますよ。

予算に余裕がある方は、ぜひどうぞ。
アイキャッチ画像に最適です。

アイキャッチ画像選びの注意点

アイキャッチ画像選びの注意点は、下記のとおり。

  • 注意点①:まず、記事を書き上げる
  • 注意点②:タイトルと、一致させる

注意点①:まず、記事を書き上げる

大切なのは、読者の悩みに応える記事を書くこと。
画像選びは、後回しです。

あなたは、記事と画像のどっちが大切だと思いますか?

いうまでもなく、記事です。
画像は、「パセリ」のようなモノ。

それに、画像選びと挿入はわりと時間を食うので
最優先で記事を書き上げましょう。

注意点②:タイトルと、一致させる

ここも大切です。
アイキャッチ画像は、タイトルと一致させましょう。

たとえば、本記事のテーマは「ブログ アイキャッチ画像」です。しかし、「子犬」のアイキャッチ画像だったら、ちょっと意味不ですよね?

大切なのは、読者に寄り添うこと。
読者の目線に合わせること。

  • まず、タイトルを見る
  • アイキャッチ画像を見る

ここで、タイトルとアイキャッチ画像にギャップがあると、ちょっとモヤモヤしますよね。そういった、心理的ストレスをなくす工夫が大切かと。ブログは、サーヴィスですので。

詳しくは、【必見】失敗しないブログ画像の選び方【記事内容と一致させるべき理由】をどうぞ。

読者に対する「おもてなし」です。
紳士を目指しましょう。

いうまでもなく、SEO対策しましょう

画像にSEO対策は不要?
いやいや、画像検索の重要性を理解してませんね?

やるべきことは、下記の5つです。

  • その①:記事の内容と一致した画像←ここは、解説済み
  • その②:テーマと一致した画像ファイル名
  • その③:画像タイトル
  • その④:画像キャプション
  • その⑤:代替テキスト

めんどくさいかもですが、慣れると1分で終了。
時間をケチると、長期で差が開きます。

詳しくは、ブログ画像をSEO対策する3つの手順をどうぞ。

ブログのアイキャッチ画像のカンタンな作り方

ブログのアイキャッチ画像のカンタンな作り方

アイキャッチ画像は、Canvaでサクッと作れます。
今だけ30日間の無料トライヤル、ぜひどうぞ。

>> Canva Pro

アイキャッチ画像の作り方

僕がやってる方法を公開します。
手順は、下記のとおり。

  • 手順①:画像をダウンロード
  • 手順②:Canvaで編集
  • 手順③:WebPに変換して軽量化

手順①:画像をダウンロード

画像サイトから、ダウンロードしましょう。
基本、JPEGかPNG形式の画像ファイルかと。

ただし、大きさがバラバラですので、Canvaで整えてあげると最適化されたサイズになりますよ。

再度、ダウンロードする手間がかかりますが
この一手間が、わりと大切だったりします。

「.ai」の拡張子は、アドビ・イラストレーターの専用ファイルです。Adbe XDを使うと画像を切りとれますので、Canvaにコピペしてお使いください。

手順②:Canvaで編集

Canvaに登録したら「カスタムサイズ」から画像のカラ枠を作りましょう。そうすることで、画像を一定のサイズに固定できます。

Canvaでカスタムサイズの画像を作る

Canvaでカスタムサイズの画像を作る

ポイントは、横長な画像にすること。
黄金比は、下記のとおりです。

  • オススメ①:4:3← 704px × 528pxなど
  • オススメ②:16:9←768px × 432pxなど

uzurea.netが参考になります。
こちらの大きさで、ダウンロードしましょう。

補足

Canvaは、文字の挿入やレイアウトもできます。サムネイル作成でも役立ちますので、使い方をマスターしとくと、ブログ以外でも重宝しますね。

手順③:WebPに変換して軽量化

ダウンロードした画像ファイルをWebPに変換して、サイズを圧縮しましょう。

画像ファイルは、JPEGやPNG形式が多いですが、今後は「WebP」に対応しておくことをオススメします。圧倒的に軽いので、サイト高速でもSEOに恩恵があります。

なおWebPへの変換方法は、【無料】画像をWebP化するなら『EWWW Image Optimizer』が最適でまとめてます。

Canvaを使わないデメリット

ダウンロードした画像は、サイズがバラバラ。
そのまま使うと、画像ごとにバラつきが出る。

読者の立場になって、考えませんか?

画像の高さがビミョーに違ってたら、すごく違和感を感じるかと。つまり、読者にストレスです。

画像の体裁は整えるべきでして
Canvaを使えば、サクッと解決します。

まずは、無料トライヤル30日からどうぞ。
途中解約すれば、タダで利用できます。

>> Canva Pro

おまけ:Canvaでアフィリエイトしよう

【無料】Canvaアフィリエイトの始め方【口座登録方法】 【無料】Canvaアフィリエイトの始め方【口座登録方法】

アイキャッチ画像を制す者は、ブログを制す

さいごに、まとめます。
アイキャッチ画像の作り方をマスターしましょう。

アイキャッチ画像を作る理由

  • 理由①:SNSで拡散される←アクセス数UP
  • 理由②:読者を惹きつける←クリック率UP
  • 理由③:統一感が生まれる←滞在維持率UP

アイキャッチ画像におすすめな画像サイト

アイキャッチ画像の作り方

  • 手順①:画像をダウンロード
  • 手順②:Canvaで編集
  • 手順③:WebPに変換して軽量化

もはや、Canvaがないと困るレベル。

30日間の無料トライヤルもありますし
途中解約すればOKですので、ぜひどうぞ。

>> Canva Pro

あっ、記事を書いたらSNSで拡散ですよ。
アイキャッチ画像が役立ちます。

いうまでもなく、WordPressです

【無料】サルでもできる!?WordPressブログの始め方【たった10分で人生が変わった】 【無料】サルでもできる!?WordPressブログの始め方【たった10分で人生が変わった】